トレンドライン、サポートレジスタンスラインは使ってますか?

読者さまからご質問を頂いたので

シェアします。

 

現在のあやなさんが行っている 

トレード方法について質問があります。

 

マエストロFXではADX、スローストキャスの

使用はされていないと思うのですが、

あやなさんは使用されているのでしょうか?

 

またビクトリーメソッドアドバンスの

トレード動画ではトレンドライン、

サポートレジスタンスラインは

描かれていないのですが

 

あやなさんはどのように使用していますか?

=====

 

>マエストロFXではADX、スローストキャスの

>使用はされていないと思うのですが、

>あやなさんは使用されているのでしょうか?

 

使用しています。

 

>トレンドライン、

>サポートレジスタンスラインは

>描かれていないのですが

 

古い動画ではラインを引いた説明等が

あったように記憶しています。

 

数年前の動画になるので

もう見れないのかもしれませんが

 

> あやなさんはどのように使用していますか?

必要なラインを引いて目安にしています。

 

・・ここからアドバイス・・

ADXやスローストキャスティクスといった

テクニカル分析は、

高値、安値、最高値、最安値を元に

計算して作られたものです。

 

水平ラインやトレンドラインも同じように

高値、安値、最高値、最安値を元に

引いていくものですね。

 

最初に水平ラインやトレンドラインが

発見(発明?) されて、

 

その後に色々なテクニカル分析、

(移動平均線やADXやストキャスティクス等)が

できていると思います。

 

なので、色々な分析方法がありますが

見方が違うだけでどれも同じものなのです。

 

水平ライン、トレンドラインというテクニカルは

古くからあるので、多くの人が使っているから

まずは水平ライン、トレンドラインをしっかり

使えるようにするのが一般的、王道だと思います。

 

ボリンジャーバンドやADX,ストキャスティクス

MACDなどといったテクニカルを使っている人が

ライン等を引かずにトレードしている場合

 

ラインを引かなくても頭の中でそのラインが

見えている、だから引かずに省略している

という場合もよくあると思います。

 

水平ライン、トレンドラインを引く代わりに

自動で引いてくれるテクニカル分析を

(たとえば、ボリンジャーバンドなど)

使っているということです。

 

しっかりしたテクニカル分析を

身につけたい場合は練習の段階で

 

まず水平ラインが引けるようになる、

それからトレンドライン(斜めのライン)

が引けるようになる

 

水平ラインとトレンドラインを使って

利益が出せるようになる

ということを目標にされるといいかなと思います。

 

その後に必要であれば

移動平均線やボリンジャーバンド

それからMACDやADX,ストキャスティクス

といったものを 使ってみるといいと思います。

 

テクニカル分析は色々あるので

何でもいいと思いますが

 

移動平均線、ボリンジャーバンドは

使っている人も多いので

最初のテクニカルとしては

選択する価値があると思います。

 

それ以外のテクニカルは好みかなと思います。

 

私はテクニカルを使って

分析するのが好きなので 使っていますが、

なくても利益は出せますし

使わなくてもまったく問題はありません。

 

以上、参考になりましたら幸いです。

いつもありがとうございます。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する
ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございます

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!
最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ