ラインを引いて反発したところでエントリー

前回までのお話

ラインを引いてパターンが見えたら

そのパターンが現れたときだけ取引する。

 

ラインを引いて

「ここで反転しそうだな」

と思ったところでエントリーして

 

うまくいけば目標ポイントで利益を確定して

反転したらラインを割り込んだところで決済する

 

わかるところだけ取引すれば

あなたが欲しいだけの利益は十分稼げる

という説明をしてきた。

 

「確かに説明を聞いたらカンタンそうだなと

 思うんだけどいざやってみると

 うまくいかなかったりするんです。」

 

それは感情が関わっているからだ。

冷静にチャート分析ができないとうまくはいかない。

 

例えば、全体で見ると上昇し続けているのに

小さな部分を見ると下がり続けてるように

見えたりすることがある。

 

小さな部分ばかりに気をとられて

売りばかりで入って損切が多発したりする。

 

全体の重要な動きを見落としているわけだ。

 

何で見落とすのかっていうと

感情で判断してしまってるから。

 

「感情に影響されて判断してしまう場合がある」

っていうのを知らずにトレードすると

なかなかうまくいかないわけだ。

 

じゃぁどうすればいいの?という話だが

 

大体が「ここから上がるかな?下がるかな?」

と思いながらチャートを見ていると思う。

 

これをやめる。

 

「上がるかな?下がるかな?」ではなく

「正しい行動は何かな?」と考える。

 

「ちゃんとラインを引いて分析したかな?」

「得意なパターンを見つけているかな?」

と考える。

 

「今日は〇回負けちゃったから」

「今まで〇万円負けてるから」

「さっきは勝ったから」

と考えながらチャートを見ると

 

「何とか取り返さないと」

「もっと稼げないかな?」

ってことで頭がいっぱいになって

 

目の前の確率の低い一回こっきりの刺激に

誘われておかしな行動をしてしまうんだ。

 

例えばチェック表を作って

チェックしながらトレードする。

 

・今どういう感情か?冷静な状態か?

・損切りをした後にスグトレードしようとしていないか?

・大勝ちした後にスグトレードしようとしていないか?

 

こういったことをチェックして

クリアしていたらトレードしていいとやっていく。

 

クリアしていなかったらトレードしないことが

一番大切だと知っておく。

 

普段からこういうステップを踏んで

行動することに慣れておくほうがいい。

 

チェックリストを作ってそれに沿って

行動するという習慣だ。

 

チャートにラインを引いて傾向を掴んで

パターン認識するっていうのは

そんなに難しいことではない。

 

毎日時間をとってチャートとにらめっこして

分析すればほとんどの人は利益が出るパターンを

発見することができる。

 

「なるほど!パターンがわかるまで練習して

 それをクリアできたら感情に気をつけて

 取引していけばいいってことだね」

 

でもその前に準備としてやって欲しいことがある。

この準備をおそろかにしてしまうと

トレードがギャンブルになってしまうから

十分に注意しておいて欲しいポイントだ。

 

そのポイントについては次回の記事でお伝えしよう。

お楽しみに!

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ