うまくいきつつある時に襲われる恐怖と不安

トレードの勉強を一生懸命やっている、

トレーニングを続けている、

 

すると少しづつ良いトレードができるようになってくる。

 

すぐにポジションを持ちたくなる衝動も減ってきた、

損切りもできるようになった、

利益も取れるようになってきた、

プラスになる回数も増えてきた

 

 

 

こういう時に陥りやすい状態がある。

 

 

少し連敗すると

途端に不安になるということ

 

勝てる自信はあるのに

強烈な不安が押し寄せてくる。

 

このプラスはたまたまだったんじゃないだろうか、

このまま続けることができるだろうか、と。

 

特にそれまで間違ったトレードを

長く続けている人のほうが、

よりこういった不安に襲われがちだ。

 

過去に経験したことは

その人の脳に蓄積する。

 

人は過去から学ぶものだから、

以前にやってしまった

間違ったトレードを

思い出すような場面に出会うと

 

前にもこんなことがあったな、

ひどく負けてしまった、

連敗してしまった、

なかなか勝つことができなかった、

ということが

その時に感じた感情とともに

怒涛のように押し寄せてくる。

 

結果、私には無理かも 

うまくいくと思えない と

 

自分自身を自分で追い込んでしまう。

 

 

 

そしてうまくいかなければ 

ほら、やっぱりうまくいかないんだ。と思ってしまう。

 

しかし、こう考えることは

人間として当然の考え方である。

 

言い方を変えると、

今まで経験したことのない

『勝てるトレーダー』になりつつある、ということ

 

経験したことがないから

脳が処理できない、

 

しかし、脳は一生懸命に処理しようと

過去を探す、

 

でも勝てていたという過去のデータはない。

 

そうやって脳が探しているうちに

「少し連敗したことがある」

という経験にあてはまる事柄が起きる

 

すると脳は

「あっ これと同じようなデータがあるぞ、

今こそこの経験をつかう時だ!」と判断し

 

以前の

連敗し、なかなか勝てなかったという

データを持ってくる。

 

なので、

私には無理、できないかも、

と思う方が

人間にとってはストレスを伴わない

楽な考え方となる。

 

 

 

残念ながら、

これを受け入れてしまえば

先へ進むことが難しくなってしまう。

 

つまり、いつまでたっても

トレードで勝ち続けることは難しいこと、として

認識してしまうということ。

 

 

 

よく、イメージトレーニングが良いと言われているのは、

成功した経験を無理やりにでも脳にインプットさせて

脳に

成功した経験があるから、このデータを使ってね?と

騙してやるのが効果的だから。

 

 

だから、損切りがなかなかできない人は、

ルール通りにできた損切り後に

『いやぁ やっぱり私は凄いトレーダーだなぁ

 損切りがしっかりできる! 私は素晴らしい!』

と声に出せば、

より強力に脳に

損切りは悪いことではないとインプットできる。

 

 


 

 

 

 


応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ