トレードじゃなくギャンブルだよね

前回のお話からの続き。

 

あなたは「トレードをしよう」と

思っているんだろうけど

それは本当にトレードになってる?

 

「トレードしています!」と言いながら

実際にはギャンブルになっちゃってない?

 

「あぁー今日も損失〇万円!」

「このトレードは利益になるかな?!ドキドキ」

「今のポジションはどこで利益確定しようかな?」

 

こういうことを考えていたら

これはトレードじゃなくてギャンブルなんだよね。

伸るか反るかのスリルを楽しんでいるだけってこと。

 

それで楽しいからいいや、と感じるなら

それはそれでいいと思うけど

本気で稼ぎたいと思ってるんなら

やり方を見つめなおしたほうがいいよね。

 

トレードは確かに稼げる。

お医者さんとか社長さんとかが稼いでいる

以上に稼げる可能性を秘めている職業だ。

 

だからといって「やれば誰もが稼げる」とは

あなたは思ってないと思うんだけど

 

めちゃくちゃ準備不足なのに

いきなり大金を狙ってトレードしてしまう

場合って結構あるんだよね。

 

例えばこういう人がいたらどう思う?

 

「お医者さんになっていっぱい手術して

 大金を稼ぎます!

 

 手術の練習はめんどうだからやりません。

 

 盲腸くらいならやってみれば

 成功するかもしれないから

 まずは盲腸の患者に手術を行って

 お金を稼ぎます!」

 

ヤバイ、この人絶対ヤバイ!と思うよね?

そんなお医者さんの手術は絶対受けたくないよね?

 

でもトレードはこういうことをやっちゃうわけだ。

トレードの練習はしてないけど、とか

二ヶ月分は過去検証してみたから、とか

そういうレベルで稼ごうとしちゃうんだよね。

 

それって、ヤバイんだよね。

さっきのお医者さんと同じレベルなんだよね。

 

「サインが出るトレード手法を手に入れたから

 この通りにトレードすれば

 私にだって大金を稼げる!ウハウハ!」

 

って、現実を無視して妄想で生きちゃうんだよね。

 

だから、そうじゃないよねっていうことを

しっかり認識しておいて欲しいってこと。

 

プロならプロらしく行動していく

必要があるってこと。

 

「私はプロというよりもお小遣い稼ぎなので~」

とか思っちゃうこともあるかもしれないけど

 

相場からお金を得ようと思っている時点で

「自分はプロのトレーダーになりたいと

思っているんだ」ってしっかり認識しておいて欲しい。

 

そこをクリアできたら次の準備に入る。

 

次の準備は「自分ができる範囲で自分に必要な

できることをやっていく」ってこと。

 

私たちは意外とやらなくていいこととか

やる必要がないことを一日の中で

たくさんやっちゃたりしているよね。

 

その結果、短時間に詰め込み過ぎたり

ムダなことをして大切な時間を過ごしたり

しちゃってるんだ。

 

これをやっちゃうとトレードの練習時間なんか

到底取れなくなって、ギャンブル的なトレードに

つながったりしちゃう。

 

「自分の人生で本当にやらなきゃならない

 必要なことって何だろう?」

って、まず考えてみることが大切なんだ。

 

そうすれば、欲しいことにだけ集中して

突き進めるから、今のあなたの力でも

十分達成できる可能性が高くなる。

 

そこまで考える過程が

トレードにもすごく大切だったりもする。

 

「なるほど。ムダを省いて

 必要なことだけに絞って集中してやる

 ってことですね。

 

 それができたらようやくトレードで

 稼げるようになるってことですね!」

 

いや、その前にまだやって欲しいことが

残ってるんだよね。

 

この状態ではまだトレードは

始められないんだ・・・

 

「えーっ まだできないんですか!?

 じゃぁ、次のステップを早く教えてください!」

 

では、次回の記事で詳しくお伝えしよう。

お楽しみに!

ラインを引いて反発したところでエントリー

前回までのお話

ラインを引いてパターンが見えたら

そのパターンが現れたときだけ取引する。

 

ラインを引いて

「ここで反転しそうだな」

と思ったところでエントリーして

 

うまくいけば目標ポイントで利益を確定して

反転したらラインを割り込んだところで決済する

 

わかるところだけ取引すれば

あなたが欲しいだけの利益は十分稼げる

という説明をしてきた。

 

「確かに説明を聞いたらカンタンそうだなと

 思うんだけどいざやってみると

 うまくいかなかったりするんです。」

 

それは感情が関わっているからだ。

冷静にチャート分析ができないとうまくはいかない。

 

例えば、全体で見ると上昇し続けているのに

小さな部分を見ると下がり続けてるように

見えたりすることがある。

 

小さな部分ばかりに気をとられて

売りばかりで入って損切が多発したりする。

 

全体の重要な動きを見落としているわけだ。

 

何で見落とすのかっていうと

感情で判断してしまってるから。

 

「感情に影響されて判断してしまう場合がある」

っていうのを知らずにトレードすると

なかなかうまくいかないわけだ。

 

じゃぁどうすればいいの?という話だが

 

大体が「ここから上がるかな?下がるかな?」

と思いながらチャートを見ていると思う。

 

これをやめる。

 

「上がるかな?下がるかな?」ではなく

「正しい行動は何かな?」と考える。

 

「ちゃんとラインを引いて分析したかな?」

「得意なパターンを見つけているかな?」

と考える。

 

「今日は〇回負けちゃったから」

「今まで〇万円負けてるから」

「さっきは勝ったから」

と考えながらチャートを見ると

 

「何とか取り返さないと」

「もっと稼げないかな?」

ってことで頭がいっぱいになって

 

目の前の確率の低い一回こっきりの刺激に

誘われておかしな行動をしてしまうんだ。

 

例えばチェック表を作って

チェックしながらトレードする。

 

・今どういう感情か?冷静な状態か?

・損切りをした後にスグトレードしようとしていないか?

・大勝ちした後にスグトレードしようとしていないか?

 

こういったことをチェックして

クリアしていたらトレードしていいとやっていく。

 

クリアしていなかったらトレードしないことが

一番大切だと知っておく。

 

普段からこういうステップを踏んで

行動することに慣れておくほうがいい。

 

チェックリストを作ってそれに沿って

行動するという習慣だ。

 

チャートにラインを引いて傾向を掴んで

パターン認識するっていうのは

そんなに難しいことではない。

 

毎日時間をとってチャートとにらめっこして

分析すればほとんどの人は利益が出るパターンを

発見することができる。

 

「なるほど!パターンがわかるまで練習して

 それをクリアできたら感情に気をつけて

 取引していけばいいってことだね」

 

でもその前に準備としてやって欲しいことがある。

この準備をおそろかにしてしまうと

トレードがギャンブルになってしまうから

十分に注意しておいて欲しいポイントだ。

 

そのポイントについては次回の記事でお伝えしよう。

お楽しみに!

売買ルール、売買手法を超カンタンに考える方法

前回までの記事でFX売買について

カンタンに説明してきたが

いよいよ具体的な方法について説明する。

 

いわゆる『売買ルール』と呼ばれるものだが

すでにあなたは知ってるだろう。

 

『売買手法』で検索すればやり方なんて

たくさん出てくるし、わざわざここで説明

する必要もないくらいだ。

 

あなたの目の前に勝てる売買ルールは

存在しているのに、あなたはそれを見てないってこと。

 

見てないというか、見たくないと思っちゃってるわけ。

 

「ダイエットをしよう!」って決断したとき

ダイエットをする方法はあなたを含めて

ほとんどの人が知ってるよね?

 

食べる量 < 運動する量

これを意識して実行するだけってわかってるよね?

 

なのにほとんどの人がダイエットに失敗する。

 

「食べる量を減らす・運動を増やすより

 もっとラクでカンタンな方法がないかな~?」

って思ったり

 

「やるのがめんどくさいからやらないー」

ってなって失敗するわけだ。

 

方法は知ってるけど

実際にやるひとが少ないってこと。

 

FXトレードもコレと同じで

やり方は調べればすぐにわかるし

時間をとって練習してスキルを身につければ

利益を出す方法はこうすればいいってわかるはずなんだ。

 

でも、実際にはそれをやってないってこと。

「たしかにそうだなー」って思う?

 

単に『やればいいだけの話』なのに

それをやってる人があまりいないっていうのが

利益が出せない理由の一つ。

 

ここまでは納得してもらえたかな?

 

利益を出す売買ルールはすでに

あなたの目の前にあるんだけど

それに気づいてないから

気づいてないことに気づく必要があるってこと。

 

例えば、具体的な売買ルール、取引の仕方は

チャートを使ってする。

 

チャートにローソク足だけを表示させて

好きな時間足を選ぶ。

 

それを見ながら高値安値にラインを真横に引いていく。

 

山になっているように見えるところに

ラインを引いていく。

 

そうすると、「ラインを引いた同じところで

なんとなく反発しているなぁー」って見える。

 

「なんとなくそう見える」っていうのでOK。

 

で、そのラインと次のラインまでいくときに

価格が波を打ちながら動いているのも

見て取れるはずだ。

 

こういうのをずーっとやっていくと

「このラインを超えたら次は

 このラインまでたどり着きそうだな」

 

「こういう波を打ちながらたどり着きそうだな」

ってのが見えてくる。

 

そうしたら、真横のラインに加えて

斜めのラインを引く感覚が身につくはずだ。

 

ラインを引くことで

次の価格がどういう風に動きやすいか?

ってことまで見て取れるから

 

そのラインで反発したときに売買すればいい

ってこともわかってくるはずだ。

 

これがトレード、売買の基本。

 

「ここで反発するだろうな」

と思ったところで反発せずに突き進む場合もある。

 

その時は損切をすればいい。

 

確率で考えて、それに対応した幅で損切して

それに対応した幅で利益を確定させればいい。

 

一日の中でここからここまで動くだろうな

ってのを見て、その動きの中で

わかりやすいところだけ取引する。

 

価格は上がったり下がったりしてるから

その流れの一部分だけ利益化すれば

常に取引しなきゃならないわけでもない。

 

毎日小さな幅を得るとか

月に数回大きな流れを得るとか

戦略は人によって違ってくるけど

基本的な考えは同じになるんだよね。

 

で、ここまでを聞くと

「そうなのか。このくらいカンタンに考えれば

 いいのか」って感じたかもしれない。

 

と同時に

「それは確かにそうなんだけど、でも

 実際にやるとうまくプラスにならないんだよね」

と思うかもしれない。

 

それには理由がある。

『感情』がポイントだ。

 

感情については次回の記事で詳しく説明していく。

お楽しみに!

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ