トレードするタイミングがわかるようになるには

「トレードするタイミングが

 もっとわかるようになりたい」

って悩んだりすることがある。

 

トレードのタイミングを

どうすれば身につけられるのか?ってことだが・・・

 

毎月何百万円も利益を出すトレーダーが

まだ全く利益を出せない頃

あることを一生懸命やっていた、ってことがある。

 

それは何かって言うと

エントリーするタイミングを

必死で練習していたんだよね。

 

「今の私のタイミングでエントリーしたら

 ことごとく押し戻りで損切にかかるから

 もっと早いタイミングとか遅いタイミングに

 変えてみたらどうなるのかな?」

 

ってのをいちいちチェックしながら

過去のトレードを見たりしていたんだよね。

 

この時に、色々な物語を頭の中で

作り出して見ていると修正が難しくなったりする。

 

「ここは、エントリーするのには

 適していないところだから」

 

「こんなところでエントリーしちゃダメ、

 なぜならテクニカル分析では・・・」

 

「もっと、こう、エントリーするのに

 気持ちいい形にならないかなぁ」

 

とか、色々な物語を作り上げて

自分で自分の自由な発想を

止めちゃったりするわけだ。

 

だから、チャート上にはハッキリと

素晴らしいエントリーチャンスが現れているのに

それを見逃したり、見つけられなかったりする。

 

仮に「ここで入ればいいじゃない」と

アドバイスしたとしても

 

「いやぁ、こんなところで入るんですか?

 それは怖いし、私にはできません。

 それにここで入るのはテクニカル的に~~」

 

という反応になってしまって

聞き入れてくれないんだよね。

 

つまり、利益が出せるエントリータイミングを

身につけるには、まずは当たり前だけど

チャートを見て練習する。

 

その時に、思い込みが激しい状態で

チャートを見てしまってないか?

ってことに気をつけながら

やっていくのが大切。

 

この思い込みさえクリアしてしまえば

「なーんで今までこんなカンタンな

 ことにきづかなかったのかな?」

 

ってびっくりするほどカンタンに

トレードするのに良いタイミングが

丸見えになってくる。

損切が遅くコツコツドカンを繰り返すへの対処法

「損切が遅くコツコツドカンを繰り返してしまう」

という場合があるんだが

 

こういう時、トレード中に何を考えてるかというと

大体こういうことを考えていたりする。

 

「あー逆行してるー、ちょっと損になっちゃったなぁ

 でも少しガマンしたら反転してくるかも。

 プラマイゼロまで戻ってきたらそこで損切をしよっかなぁ

 

 あっ、ちょっと戻ってきた!

 いい感じに損が小さくなってきたからもう少し待とう。

 うん、もう少しでプラマイゼロだ。

 あー、損を回避できそうで一安心。

 

 うーん、プラマイゼロにはなったんだけど

 ここで損切するのはなんだかもったいない気がする。

 

 もしかするともう少し待ってたら利益に

 なるかもしれないからもうちょっと保有しとこう。

 

 あれっ?また反転して損が出始めたな。

 うーん、どうしようかな・・・

 

 あちゃー、このトレードは失敗かな。

 しょうがない、今度こそ戻ってきたところで

 プラマイゼロできちんと損切をしよう。

 

 ああーだんだん損が大きくなっていく

 早く戻ってプラマイゼロくらいにならないかな?

 

 あれれー?全然価格が戻ってこない!

 こりゃぁ結構な損切をしなきゃならないぞ?

 うーん、もうこれ以上の損は見ていられない!

 ガマンできないから損切をしよう。

 

 あーあ、結構大きな損を確定しちゃったな・・・

 よし、次はこんな風にならないようにがんばろう!」

 

こういうのをわずか数分のうちに考えていたり

数日かけて考えていたりする。

 

で、こういう風に考えた結果

コツコツドカンのトレードが出来上がって

トレードすればするほど利益が出ないってことになる。

 

つまり、トレード中にこういう風に考えていたら

利益が出ないってこと。

 

だから、こういう風に考えないようにすれば

利益が出せるということでもある

 

じゃぁどう考えればいいか?っていうと

「トレーダーとして正しい行動は何だったかな?」

って考えるようにすればいい。

 

これを意識するだけで成績はまちがいなく

良い方向に修正されていくはずだ。

レンジ相場をどうやって乗り切るか?

「レンジ相場」という相場の状態がある。

レンジ相場の乗り切り方についてなんだが・・・

 

その前に、レンジ相場とはどんな状態か?というと

一定の幅で上下動している状態。

 

レンジ下限で買っている場合、だいたいが

「価格が上昇したっ 前回高値を越えてくれっ

 あっ、価格が勢い強く上昇しそう! このままブレイクするかも!?」

と見えた途端に反転して下落していったりする。

 

レンジ上限で売っている場合は、

「価格が下落したゾ!前回安値を下げていくかな?

 おー、すごい勢いで下がってく!これはブレイクしそうだな!」

と感じた途端に反転して急上昇していったりする。

 

つまり、買っていても売っていても

「自分が有利な方向に(上限や下限を突っ切って)

 ドンドン進んでいきそうだ」

つい思ってしまうような動きが発生するってこと。

 

だから利益を伸ばそうと思って欲張って持ち続けると

いつの間にか利益が少なくなってしまう。

 

さらに「もう一回反転するだろう」という甘い考えで

保有し続けたら、マイナスの方向にブレイク(突破)

していって、損失をこうむってしまう。

 

こういうのを経験したら

「上限下限に到達したら、即、利益確定の

 決済したほうがいいな」と考え始める。

 

それで、上限下限に到達して即利益確定した途端に

【持っていれば利益になった方向】にスゴイ勢いで

進んで行ったりする。

 

その結果、

「ああー なんで即利益確定しちゃったんだろう!

 持ってりゃよかったのにぃぃぃ」と後悔する。

 

コレを経験すると上限下限で即決済するのが

イヤになって最初の状態

(ブレイクするかも?と期待する状態)に戻る。

 

で、結局うまくいかない、なんで~?って

いうのを繰り返すハメになる。

 

じゃあ、こういうレンジ状態の相場を

どう乗り切ればいいのか?という話だが

 

それほどムズカシイことではない。

 

・レンジ相場の可能性が高い状態かどうかをチェックする

 

・レンジ相場の可能性が高いときは

 上限、下限到達で即決済すると決める。

 

・ブレイクしていく可能性が高いときは

 損切り覚悟、あるいはプラマイゼロ覚悟で

 ブレイクするまで保有すると決める。

 

とやっていけばいい。

 

「なるほどー。そうすればいいんですね!

 でもレンジ相場の可能性が高い状態かどうか

 っていうのはどう判断すればいいんですか?」

 

それは、環境認識を見れるようにすればいい。

環境認識についてはまた別の機会にお伝えしよう。

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ