エントリーチャンスを逃してしまう。様子見をしてしまう。怖くてエントリーできない。

「いい形になってきたけれど

 ちょっと様子を見てしまいエントリータイミングを逃した」

 

「レートがぐんぐん動いて

 怖くなってエントリーすることができなかった」

 

 

トレードに慣れてきたり

トレードに対する知識が多くなってくると

「ここがチャンスだ!」

というポイントでなかなかエントリーできなくなったりする。

 

それは、過去に「エントリーチャンスだ」と感じたポイントで

損切になったことがあるからだ。

 

「エントリーチャンスだ」と感じたポイントで損切になってしまうと

同じようなチャンスが現れてもチャンスだと思えなくなってしまう。

 

「また損切になるんじゃないだろうか?」

「このエントリーチャンスは本物だろうか?」と

不安な気持ちになったり、疑心暗鬼になってしまうのだ。

 

 

だから、

本物のエントリーチャンスかどうか

確認に確認を重ねてしまうことで

エントリーチャンスを逃してしまう。

 

 

本物のエントリーチャンスかどうか疑心暗鬼になることで

エントリーを躊躇(ちゅうちょ)してしまい

伸びていくレートをただじっと見つめるだけになってしまう。

 

 

これを解消するにはどうしたらいいだろうか?

 

 

「チャンスだ」と思えないところで

エントリーしなければならないわけだから

エントリーする時に「チャンスだ」と思ってはいけない

 

 

「エントリーチャンスだ」と思った瞬間に

 

・損切になったらどうしよう

・本物のエントリーチャンスだろうか

 

という確実性を求め始めてしまうからだ。

 

 

だから、「エントリーチャンスだ」と思うのではなく

 

『テクニカル分析によると

 今のチャートはこういう状態でレートがここに来ているから

 こちらの方向に動くとすればここでエントリーすべきなんだろう。』

 

『このエントリーが本物かどうかは動いてみなければわからない。

 反対方向に動いてしまっても、損切で損を限定させているから大丈夫だ。

 テクニカル分析を半分信じてエントリーしてみようではないか』

 

こんなふうに考えたほうがいい。

 

 

トレードでは、

「怖い」

「安心」

こういった感情をなるべく排除したほうがいい。

 

 

感情に目を向けるのではなく

・テクニカル分析通りにトレードしているか

・ルール通りにトレードしているか

ということに目を向けられるように工夫していくと

トレードしやすくなる。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

根拠のあるエントリーポイントって一体どこ?

「根拠のあるポイントでエントリーしろ!」

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

そんな言葉をよく聞く。WHY?

そもそも、根拠のあるポイントって一体どんなポイントだろうか。

 

たとえば、押し目買いなら

上昇するMA(移動平均線)にレートが近づいた時。

 

レンジなら

レンジ上限・下限に引いた

高値・安値抵抗線にレートが到達したとき

 

ブレイクなら

保ち合いからブレイクした時

 

他にも

見ているインジケーターがサインを出した時

ローソク足に長いヒゲがついた時

ダブルトップができた時、などなど。

 

根拠のあるポイントは数えきれないほどある。

 

 

最近のドル円(2013年1月現在)ならば

MAを見て押し目買いやってれば利益になる相場だった。

 

だからこの場合、根拠あるエントリーの一つとして

『上昇しているMAにレートが近づいた時』

『上昇しているMAを下抜けた後に再度上抜けてきた時』

ということが挙げられる。

 

ところで

「根拠あるポイントでエントリーしろ!」

というのは

『そこでポジションを持って、

あなたは果たして最後まで保有しておけるのか?』

という意味が含まれている。

 

『上昇しているMAにレートが近づいた時』にエントリーしても

値動きにビビッてスグに利益確定したり

ちょっとの損で慌てて決済したり。

そんな感情に振り回されたトレードをしないために

根拠が必要になってくる、ということだ。

 

その根拠が果たして本当に機能するのか?

という感情的な問題が出てくるということ。

 

だから、それを確認するために、デモ口座などで実際にトレードしてみて

『あぁ、本当にこうやればトータルで利益が出るんだなぁ』

ということを実感する必要がある。

 

デモ口座で実際にトレードして、最低でも20回ほどトレードしてみて

本当にトータルで利益になった時に、ようやく

『根拠のあるポイントでエントリーする』ということが生きてくる。

自信をもって最後までポジションを保有しておくことができるようになる。

 

そういう意味で言うならば、エントリーポイントというものは

自信が持てるならば何でもいいんじゃないかということにもなるかもしれないね。

 

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

トレードが怖い!エントリーが怖い!損切りが怖い!全部怖い!!!

「トレードが怖い!エントリーが怖い!損切りが怖い!!」

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

 

エントリー、損切りに恐怖を感じることがあるはずだ。

 

トレードを怖がっている画像

「エントリーして、損切りになってしまったらどうしよう」

 

「また損切りになってしまった。

きっと自分の全ての資金を取られてしまうんだ!!」

 

 

こんな感情が

あなたを襲っているのではないだろうか。

 

人間は極端な思考をする傾向がある。

 

経済でバブルが起きたり

世界恐慌が起きたりするのも

世界中の人々が極端な考えになってしまうのが原因だ。

 

※バブルとは、ものすごく景気がよくなること

世界恐慌とは世界的規模で起きる大不況のことである。

 

 

エントリー、損切りに恐怖を感じてしまう原因は

 

極端に考えすぎ。

 

これだ。

 

 

エントリーや損切りが怖い原因は

あなたが極端に考えすぎているから。

 

 

「そんなこと言われても怖いものは怖いんです!!」

 

確かにそうかもしれない。

私も長い間トレードが怖かった。

 

トレードの怖さを克服するために

どんな考え方、工夫をすれば良いだろう。

 

 

私がやったことは

 

・トレード枚数を少なくした

 

・自分のトレードを何度も見直し

冷静に分析してトレードすれば怖くないと言い聞かせた

 

・何度も損切りになったとしても

きっちり決めた位置で切っていれば、たいした被害はないと

何度も何度も確認した

 

こういったことだ。

 

 

そして、さらに工夫したことといえば、

小さな枚数でトレード回数を増やしてみたということだ。

 

スキャルピングはトレード手法として持っていなかったが

自分のトレードスタイルをスキャルピングに反映させ

なるべくルールに外れないようなトレードをしてみた。

 

※スキャルピングとは、エントリーして数秒、あるいは数分後には

決済するという超短期トレードのことだ

 

 

つまり、

 

トレードに慣れることを目標にして

トレードに慣れる練習をした

 

ということだ

 

 

トレードには「慣れ」もある程度必要になってくる。

 

何をするにしても「慣れ」というものは必要だよね。

 

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する
ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございます

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!
最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ