ロスカットラインはエントリーラインになる?

ロスカットの位置を決定する際、

エントリーした根拠が崩れるポイントから

少し離れた位置に

ロスカットの設定をすることが多いと思う。

 

そうすると、こう考えるようになることがある。

「ロスカットになってしまったら

それまでのトレンドが崩れた証拠だから

そこからドテンしてエントリーすればいいじゃないか?」

 

※ドテンとは保有するポジションをひっくり返す(逆転させる)こと

買っていれば売り、売っていれば買いをスグに入れ

逆のポジションを持つこと

 

 

ロスカットラインがエントリーラインになるというのは

正しいだろうか?

 

トレンドに沿ったトレードなのか、

あるいは逆張りトレードなのか、

それともレンジ相場でのことなのか

パターンによって変わってくるはずだ。

 

トレンドに沿ったトレードをしていた場合、

『それまでのトレンドが崩れてしまうポイントに

ロスカットを置いていたからロスカットになったら

ドテンしてポジションを持つ』というのは

リスクが高い考え方だ。

 

トレンドというのはそんなに簡単に崩れるものではない。

 

一度崩れてしまっても、

少しもみ合った後にまた戻ってくる

という確率は高い。

 

 

 

トレンドに逆らった逆張りトレードの場合

ロスカットになったということが

また元のトレンドに戻ってきたという証拠になるので、

この場合はドテンエントリーでも

リスクは低い考え方だ。

 

また、この場合は

トレンドに沿った押し目買いや

戻り売りのポイントに来ている場面だった、

ということもよくある。nekochan

 

レンジ相場の場合は少しややこしい。

レンジだと思って反転確認後にエントリーし、

損切りとなったからブレイクか!と

ドテンエントリーした途端に

またレンジの中へ戻ってくる、というパターンは多い。

                                                           ↑ これはドデ~ン

 

この場面でドテンを繰り返していると

更なる損を大量発生させる確率は高いといえる。

 

 

 

ロスカットラインがエントリーラインになるというのは、

ある場面では正しいかもしれないが、

判断を間違えると大量の損を発生させる原因ともなり得る。

 

最初に決めた『買い』の決断、

あるいは『売り』の決断、

 

これをブレずに最後まで

貫き通すことの方が大事。

 

判断が間違っていたという結果が出たならば、

それはそこで簡潔させること。

 

焦ってドテンなどせずに

同じ方向でのエントリーチャンスを待つほうが賢明だと言える。

 

最終的にエントリーチャンスが来なかったとしても

次に同じような場面でどう判断すれば良いのかを考えるほうが

次に繋がる。

 

 

 

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

エントリータイミングを逃したらどうする?答え

前回記事エントリータイミングを逃したらどうする?

 

日々勉強しているあなたには簡単な問題だったと思う。

すぐに分からなかったあなたは今日勉強していって欲しい。

 

答えは、即乗りはNG。

見逃して次のチャンスを見つける・待つのが正解。

 

でもなぜだめなのか?

 

・エントリーが遅れてしまえばそれだけ損切り幅も大きくとるはめになる

・損切り幅を固定している場合は損切りする回数が増える確率が高くなる

・「遅れて入った」という精神的負担が

その後のホールド、利確、あるいは損切りにまで影響してしまう可能性がある

(びびってホールドできない、利確が早まる、しなくて良い損切りをしてしまう)

 

 

残念ながら、エントリーチャンスを少しでも見逃してしまったら

それはもう計画性のないトレードだということを

認識しておかなければならない

 

 

要するにそれを続けていれば

確実に負ける確率が高くなるということ

 

 

 

でも数pipsくらいまでならまだ許される範囲では?

という考えもあるかもしれないが

ここは厳密に決めておかなければならない。

 

エントリーポイントを決めたら、

『きたきたきたきた・・・今だっ』というポイントがある

『今だっ!からは少し離れているけどまだエントリーできそうだ』 ではダメ

 

今はまだあやふやでわからなくても

しっかり意識してチャートを見ていれば

『今だっ』の必ず感覚は必ずついてくる。

 

 

 

例えば、ボクシングでカウンターを狙ったときに

『相手のパンチの方が一瞬早く出たけど、どうしよ

ま いっかぁ自分もパンチだしちゃえ~

万が一でも自分の方が早く当たってくれるかもしんない~』

と思いながらカウンターを狙ったらどうなる?

 

完全に不利。

 

ガードを固めるか避けることを瞬時に判断しなければやられる。

 

 

なので、怖がったり、躊躇してしまったり焦ってエントリーするということは

エントリーした瞬間から既に負けてしまっているということだ

 

当然、満足いくエントリータイミングを計れたとしても損切りになることはある。

しかし、間違ったエントリーと比べてみれば

その損切りの価値は雲泥の差があるということはすぐに分かるだろう。

 

 

 

そこで必要なのが

この満足いくエントリーで損切りになった時に

『あ~ 素晴らしい損切りができた!

なんて私は素晴らしいトレーダーなんだろう!

こんな素晴らしい損切りができるのはもしかしたら私だけかもしれない!』と

自分で褒める、ということ(ちゃんと口に出して言ってね?)

 

 

 

あるいは、見逃した後にその日のチャンスが来なかった場合は

『なんて私は忍耐強いんだ!

チャンスが来なくてもじっと待ち続けることができた!

こんなことできるのはきっとこの町内で私一人だけだ!』と叫ぶ。

(※町は村や郡などでもokです自分でアレンジしてね☆)

 

 

見逃した後にどうしても次のチャンスを待つことができない?

 

 

とにかく1回、今回だけは我慢して次のチャンスを見つけてみよう、待ってみよう、

次からはめちゃくちゃしてもいいからとりあえず一回だけそれをやってみよう

と思ってやってみる

 

我慢して、待って次のチャンスが来たときに乗ったら

きちんと計画通りの利になった!という成功体験を

少しづつ積み重ねていくことが大事なのだから

 

 

 

あるいは、飛び乗ってしまったトレードを見返して

その結果がどうなったかを自分で確認する

 

あれ?自分ではそんなにやってないつもりでも

意外とやってるんだなぁとか

あ~あ やらないほうが成績がよかったのにとか

 

自分の目で確認して自分を分析すること

 

 

まさかとは思うがトレードを見返してみると

即乗りした方が利益がでている!ということもあり得るので

それはそれで自分なりに考えて

優位性があるならば逆にそのポイントを採用する手もありかもしれない。

 

 

※エントリーチャンスを逃しても実際にエントリーできる場合はある。

 しかしあなたがまだ稼げるトレーダーでないのならば

 エントリーしない方が成長は早くなる。

 ここで厳しく練習しなければ、飛び乗りエントリーは治らない。

 

 

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

エントリータイミングを逃したらどうする?

なかなかサインがでない時とか

あまりよくわからないけど多分こうだろうとか

急に勢いがついてぐんぐん動き出したからとか

そういえばあのブログでこの形は売りで入るといっていたのを突然思い出したからとか

エントリーを妥協してないだろうか?

 

エントリーポイントがくるのを待って待って待って

ちょっと用事をすまそうと思って席を離れて

ちょうど戻ってきた時にエントリーポイントを既に越えてしまっていて

しかも勢いが良かったとしたら

 

あなたはどんな行動を取るだろうか?

 

想像して考えてみて欲しい

すぐに答えられるだろうか?

 

大事なことなので答えは次回。⇒回答記事はコチラ

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5 / 512345
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する
ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございます

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!
最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ