トレードで利益を出している人がどんなトレードをしているのか気になる

トレードで利益を出し続けるという状態は

一体どんな状態なのかを考えたことがあるだろうか。

 

トレードで利益を上げ続けるトレーダーとは

どんなトレードをしているのだろう。

 

 

あなたはこんなことに疑問を感じないだろうか。

 

順張りだけでトレードしているのだろうか。

逆張りでもトレードするのだろうか。

 

一日にトレードに割く時間は多いのだろうか、

一日中トレードしているのだろうか。

 

枚数はどのくらい張っているのだろうか。

 

トレードする通貨は絞っているのだろうか。

色々な通貨を見て回るのだろうか。

 

どんなテクニカルを使っているのだろうか。

 

などなど。

 

 

きっとあなたは、こういったことに疑問を持っているだろうから

この機会にその疑問を解消しておこう。

 

 

では、早速それぞれへの答えを挙げていこう。

 

順張りだけでトレードしているのだろうか。

逆張りでもトレードするのだろうか。

答え

順張りでも逆張りでも性格に合ったものを選んでいる。

つまり、順張りでも逆張りでもどちらでもいい。

 

 

一日にトレードに割く時間は多いのだろうか、

一日中トレードしているのだろうか。

答え

一日にトレードに割く時間はその人の環境による。

一日中トレードして利益を上げる人もいるし

一日に5分、10分でトレードを終わらせる人もいる。

つまり、トレード時間は長くても短くてもいい。

 

 

枚数はどのくらい張っているのだろうか。

答え

枚数をどのくらい張るのかはその人の資産による。

ポジションサイジングをしっかりしていれば

トレード業者の上限値まで枚数を貼ることができる。

 

 

トレードする通貨は絞っているのだろうか。

色々な通貨を見て回るのだろうか。

答え

一つの通貨だけトレードする人もいるし

色々な通貨を見て回って良い通貨を選んだり

あるいは複数の通貨を同時にトレードする人もいる。

つまり、通貨を一つに絞ってもいいし

色々な通貨をトレードしてもいい。

 

 

どんなテクニカルを使っているのだろうか。

答え

テクニカルの選択は、相性が良ければ何でもいい。

どれが優っているとか劣っているとかいうことはない。

 

 

あなたの疑問はいくらか解消できただろうか。

 

 

ところで、こういったことから分かることは

トレードで利益を上げるためには

数多い選択肢の中から何を選んでもいい

ということになる。

 

逆に言えば

選択肢が多いから何かを選ばなければならない

ということにもなる。

 

 

つまり、利益を上げ続けるトレーダーというのは

たくさんの選択肢の中から一つ、あるいはいくつかを選んで

ただそれだけに集中しているということになる。

 

ところで

一つのことを選択してしまうと

その選択したものではカバーできなくなることがある。

 

例えば、トレード時間を『何時から何時まで』と決めてしまえば

その時間以外に大きく動いてもトレードできない、というように。

 

しかし、決めた時間以外でトレードをしないのであれば

決めた時間以外での損失も回避できる。

 

『トレード時間を決める』ということは

『トレード機会が減る』ということにもつながるが

 

 

・オーバートレードを避ける

 

・精神的に準備ができていない状態で

 トレードすることがなくなる

 

・トレードが崩れにくくなる など

 

 

といった良い効果もある。

 

 

つまり、決めた時間以外で大きく動くことがあっても

見逃した方が結果的には良いこともあるというわけだ。

 

この例では、いつでもトレードできるという状態から

トレードする時間を決める

という選択をしたことになる。

 

 

トレードで利益を出し続けるというのは

たくさんある選択肢の中から一つを選んで

ただそれだけを黙々と行動すればいいということだ。

 

選択するものは、より詳細で

より具体的であればあるほどいい。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

トレードで利益を出すということはどういうことか。利益が出せないのはあなたが利益を望んでいないから。

トレードで利益を出すということはどういうことなのか

あなたは知っているだろうか。

 

トレードで利益を出すということは

あなたがトレードで利益を出せる行動をした結果

トレードで利益が出るということだ。

 

つまり、トレードで利益を出したいのならば

あなたの行動が

トレードで利益を出せる行動をしているかどうか

ということに目を向ければいい。

 

 

あなたの行動をあなた自身が把握するためには

まず

何をチェックすればいいのかを知っておく必要がある。

 

例えばこういったことだ。

 

・トレードをする目的

・トレードルールを確立させているかどうか

・相場がどんな状態なのか把握する方法を持っているか

・自己改善しようとしているかどうか etc.

 

 

あなたが今どんな状態なのかを具体的に書き出して

あなた自身を徹底的にわかっておく必要がある。

 

 

項目ごとに詳しくかければかけるほど

あなた自身のことをわかっているということになる。

 

逆にあいまいだったり、詳しくかけないのであれば

あなたはあなた自身をそれだけわかっていないということになる。

 

つまり、トレードの何を修正しなければいけないのかが

はっきりとわかっていない状態だということになる。

 

 

例えば、トレード目的がはっきりしていないのであれば

いつまでにいくら稼げばいいのかわからない。

 

いくら稼げばいいのかわからないということは

欲望を制限していないのと同じことになる。

 

欲望を制限していないのであれば

トレードでいくら利益を上げても

目標がないから満足できない。

 

満足できないからさらにトレードに依存するようになる。

ポジポジ病を誘発させてしまい

オーバートレード状態になってしまう。

 

利益を確定させられずに損失にさせてしまう。

 

少しでも損失になればそれを受け入れられずに

損切することができなくなる。

 

といった結果になる行動をしてしまうのだ。

 

 

以前、潜在意識に関する記事を書いた。

 

今現在、あなたがトレードに対して

「利益が出せない」

「もっといいトレードがしたい」

などといった不満を持っているとしよう。

 

その不満は、実は

全てあなたが望んで行動した結果になっているのだ。

 

「利益が出せないトレード」を

望んでいるはずがないと思っただろうか?

 

最初の方に書いた項目

 

・トレードをする目的

・トレードルールを確立させているかどうか

・相場がどんな状態なのか把握する方法を持っているか

・自己改善しようとしているかどうか etc.

 

このそれぞれについて詳しく

あなたの考えていることを書き出してみると

あいまいだったり、よくわかっていないことがあるはずだ。

 

あいまいだったり、よくわかっていないことがあるということは

その部分に対して

 

・何を改善していいのかわからない状態

 

・トレードを成功させる具体的な方法がわからない状態

 

だということになる。

 

トレードを改善しようにも改善できないから

改善していないダメなトレード

永遠と繰り返すしかなくなるのだ。

 

これはつまり

あなた自身がトレードで利益を上げようとしていない

言い換えると

「利益が出せないトレードをあなた自身が望んでいる」

ということになるのだ。

 

だから、今現在あなたが

「トレードで利益を上げたい」

「もっといいトレードができるようになりたい」

と思っているのならば

 

まずは、今現在

あなたがどんな状態なのかを

徹底的に把握する

ことから始めればよい。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

5 / 512345
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する
ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございます

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!
最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ