安易なエントリーをした時に限って損切がいっぱい出る。

安易なエントリー(ポジポジ病)について

読者様からご質問を頂いたので
私からのお返事とともにご紹介する。

 

==ご質問ここから==

安易なエントリーをする事があり
その時に限って損切がいっぱい出ます。

その時の損失を防ぐ方法もしくは
その後の対応方法があれば教えて下さい。

 

==あやなからのお返事ここから==

〇〇さん、こんにちは。
あやなです。
ご連絡ありがとうございます。

 

トレードはいつでも自由に売り買いができますよね。
〇〇さんが悩んでいらっしゃるのは
いわゆる「ポジポジ病」と言われていますね。

 

このポジポジ病はトレーダー達を非常に

困らせる行動ですが
人間としては当たり前の行動のようです。

 

そして
「意識しておかなければ安易にトレードしてしまう」し、
「意識しておいても安易にトレードしてしまう」

という、厄介なものです。

 

さらに、安易にトレードしてしまった自分を

認めることができず


『なんとか損を取り戻したい』
『今のトレードをなかったことにしたい』


そういった感情が湧いてきて、

相場を甘く見てしまいます。

 

こういった行動を防ぐには、まず相場というものを

理解する必要があります。

 

レートの動きには『ある法則』があります。


ある法則というのは「テクニカル分析に

基づいた考えでレートが動いている」
ということです。

 

トレードしているほぼ全ての人がチャートを見ています。
描いているチャートを元に売買の判断をしています。

 

ですから、チャートの動きを理解すれば
どこで売買すればいいのか、という

ポイントが見えてきます。

 

「ここはチャンスだ」
「ここはチャンスではない」

ということが分かるということです。

 

この相場の動きを理解した上でトレードすれば
「チャンスではない」ところでは手を出したくなくなります。

 

なぜなら、「チャンスではないポイントでトレードすれば

損になることが多い」ということを完全に理解するように

なるからです。

 

そうすると、「損になるポイントでは手を出したくない」
と考えることができるようになります。

 

手を出したくても、出せなくなるんですね。

 

もちろん、チャートの動きを理解した上で
ある程度の訓練をする必要はあります。

 

それから、相場には常に「行き過ぎ」が存在します。
法則が通用しない動きということです。

 

しかし相場の動きを理解すれば、どんな動きが

行き過ぎなのかということもわかってきますので
安易に手を出そうとは思わなくなります。

 

ですから、〇〇さんが「安易なエントリーを治したい」

と思われるならば


テクニカル分析に沿った相場分析を学んで
その通りにトレードし、


・『エントリーして利益になる確率が高いチャートの形』
・『エントリーして損失になる確率が高いチャートの形』


これらが判断できるように身につけていくといいです。

 

これを地道にやっていけば
かならず安易なエントリーはなくなります。

 

それから、『安易なエントリーをしてしまって
損失を出してしまった後の対応』
としては
〇〇さんの行動を制限するための規律

必要になってきます。


・安易なエントリーをしてしまった日は

もうトレードしないといった規律を作って、

いつも見える壁に貼り付けておくということです。

 

「そんなことをするの?」と思われたかもしれませんが
利益を上げているトレーダーはこういうことを地

道にやってきています。トレーダーは、意外と地味で

面倒な職業なんですね。

 

『損失を取り戻そう!』と思うよりも

『あ・・・やっちまった。しょうがないあきらめよう』
そう思った方が最終的に利益が残ります。

 

トレードで利益を出すというのはそういうことです。

 

参考になりましたら幸いです。

腑に落ちないこと、更なる相談などありましたら
またいつでもどうぞ。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

トレード回数を減らす方法はどんなことがあるだろうか

「トレード回数を減らせ!」

そんな助言をよく聞く。

 

 

トレード回数を減らすことはいいことだ。

 

 

私も以前は極端にトレード回数が多かった。LOWCOST

一日に20回、30回トレードしていたこともあった。

 

たくさんトレードしているのに

全然利益にならない・・・

そんな状態だった。

 

 

ところで

トレード回数を減らすということは

実は、手数料を減らすということにもなる。

 

最近ではスプレッドも狭くなっているから

そんなに手数料を払っている気はしないかもしれないが

やはり手数料は存在している。

 

※スプレッドとは買値と売値の差のことをいう。

 例えば、ドル円の買値が93.55で売値が93.50とする。

 差引0.05の手数料をトレードするたびに

 FX会社に支払っているということ。

 

 

取引回数が多いということは

それだけ手数料も多く支払っているということになり

その手数料分も含めて利益を取る必要がある。

 

だから、トレード回数を減らすということは

まずは手数料が減るということにもなる。

 

 

1回のトレードで1pipのスプレッド(手数料)がかかる時は

20回トレードすれば20pips分になる。

 

20pipsは大きい。

 

1回のトレードで2pipsのスプレッド(手数料)がかかるならば

20回のトレードで40pips分にもなる。

 

 

手数料だと言ってバカにはできない。

 

 

この話を聞くだけでも

トレード回数を減らしたくなる・・・はず。

 

 

ところで、トレード回数を減らす方法には

ほかにどんなことが考えられるだろう。

 

まぁ、いわゆるポジポジ病を治す方法

ということにもなるのだが。

 

 

トレード回数を減らす一つ目の方法として

売買記録を見直すという方法がある。

 

「え、俺ってこんなに取引してたのか!?」

と、改めて自分の取引結果を見ることで

あまりの取引数の多さにびっくりして

トレード回数を減らせるという方法。

 

『自分の取引結果を見直していない』

という時点で、どうなんだろう?という気はするが・・・

 

それはさておき、まずは

自分の取引結果を見直すことから全ては始まる

と思えばいい。

 

 

それから、トレード回数を減らす方法の二つ目として

『テクニカル分析をきちんと学ぶ』

ということが挙げられる。

 

「なぜここでエントリーするのか」ということを

チャートから読み取っていけば

「トレードするポイントはそれほど多くないんだな」

ということがわかる。

 

 

ここは抵抗線が強そうだから入れない

ここはもみ合いそうだから入れない

ここは抜けたら動きそうだから入れる

 

 

そんなふうに、一つ一つ丁寧にチャートを見ていけば

エントリーできないポイントと

エントリーできるポイントの区別が必ずわかるようになる。

 

なんとなく~

日足は上昇しているし~

多分このへんでエントリー・・・?

 

そんなあやふやな状態でトレードしていると

極端にトレード回数が多くなるということだ。

 

 

もし、あなたがトレード回数が多いのに

毎月利益にならないのであれば

オーバートレード状態だということになる。

 

私の感覚では一日中トレードするとしても

1日に5~10が限度だろう。

 

それよりも多い回数でトレードしていて

毎月利益にならないのであれば

トレード回数を半分に減らしてみるといい。

 

 

日に何十回もトレードして、毎月利益になる!

というのであれば、それを続ければいいと思う。

 

しかし、その場合でも

トレードし過ぎて疲れる・・・とか

利益にはなるけどほんのちょっぴりだけ・・・

という場合はトレードのやり方を考え直す必要があるだろう。

 

 

あなたは、トレード回数を減らす必要が

ありそうだろうか?なさそうだろうか?

 

あなた自身のトレード結果を振り返ってみて

ぜひ一度考えてみるといい。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

ポジポジ病を発狂するほど経験したあとに

連続して損切 ⇒ 値が大きく動く 

⇒ しまった!乗り遅れた!と思わずエントリー ⇒ そして損切

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

私はこんな状況を「もう、イヤだ!」というほど経験してきた。

発狂寸前までいったこともある。

 

トレードが崩れる原因としては

こんな気持ちになっている時が多かった

 

 

・勝とう勝とうという気持ち

 

・大きく動いているのに取れない!というくやしさ


・みんな利益を手にしているのに

自分だけが下手なトレードをしているのではないかという不安

 

・損切になって悔しいという気持ち などなど。
 
 
 
こういった色々な感情が
私の心の中でグルグルとまわっていた。
 
 

特に、どの通貨も大きく動いているのに

取れなかったり、損切になったりすると

普段の相場付よりも、より悔しかったり、
より焦ったりする気持ちが大きくなっていた。
 
なぜなら
後から見ると簡単そうな相場に見えるからだ。
 
 
でも、簡単な相場なんてないんだ。
はっきりとわかる上昇トレンドの状態であっても
実際には細かく上下しているものだから。

 

 

 

はっきりとわかる上昇トレンドの状態であっても

タイミングをとることは意外と難しい

 

 

 

「もうすぐ反転するのでは?

そろそろ動きが止まるのでは?

もうこれ以上は上昇しないだろう。」

 

そんな考えも頭をよぎる。

 

『トレードは常に非常に難しいものだ。

たとえはっきりとわかるトレンド状態の中であっても』

 

 

そんな考えを常に持っておく必要がある。
 
 
ポジポジ病をなくすために必要な考え方の一つとして

 

『トレードできるポイントは少ない』

という考えをしっかりと認識しておく必要がある。

 

そして、「トレードできるポイントは少ないんだ」と

はっきり認識するためには

チャートポイントをきちんと理解しておく必要がある。

 

あなたは、チャートポイントをきちんと理解しているだろうか。

 

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

3 / 512345
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ