損切りさえできれば勝てるのに。たった一つの油断

損切りさえできれば勝てるのに

にほんブログ村

ブログランキング

 

 

あの時に損切りをしていれば負けなかったのに、

プラスになっていたのに。

なぜあそこで損切りができなかったのだろう。

 

そう感じることは多いだろうか

 

 

損切りを確実に執行するために

やるべきことは何か

 

まずはなぜ損切りができない状態になってしまったのかを

把握しておく必要がある

 

損切りができない原因としての

パターンがあるはずだ

 

(A)そもそも損切り自体、ほとんどといっていいほど

   全くすることができない状態にある

 

(B)損切りはできるけれども位置をずらしてしまったり、

   びびって早めに切ったりしてしまう状態にある

 

(C)ほとんどの損切りは確実に執行できるのに、たまにできないことがあり

   その一つのトレードだけで大きな損失を出してしまう状態にある

   (あるいは短期間で小さな損切りの大量生産)

 

 

損切りが執行できるようになる成長段階での

基本的なパターンとして

 

(A)の状態⇒(B)の状態⇒(C)の状態

というのが

損切りを学習していく上での

成長パターンになっているはずだ。

 

 

 

損切りさえできれば勝てるのに

と思ってしまう背景には

 

なぜ損切りができない状態になってしまったのか

というよりも

 

『まだ損切りを確実に執行するための成長段階にいる』

という認識が足りないのかもしれない。

 

 

『損切りを躊躇せずに執行することができるようになった!ヤッター!』

そう思った時点で

成長がピタッと止まってしまうのである。

 

『損切りのほぼ全てを

躊躇せず執行することができるようになった!

(でもたま~~~~に損切りできない時があるけどね)

 

 

 

この油断が全ての利益を

吹っ飛ばしてしまうのである。

 keizoku.jpg

成長段階のパターンとして追加されるべきもの

 

(D)全ての損切りを確実に躊躇せず執行でき、

   更にそれを維持することができる状態

 

(A)の状態⇒(B)の状態⇒(C)の状態⇒(D)の状態

※(D)の状態は継続させなければならない

 

 

 

自分はまだ成長段階である。

トータルプラスが実現できるようになったけれども

更なる成長を貪欲に追及しなければならない。

と再確認する。

 

損切りは一度たりとも怠ることがあってはならない。

 

損切りを躊躇せず執行できたという連続記録を

常に更新し続けていかなければならない

 

 

トレードを続けていく限り、その成長を止めてはならないのだ

 

 

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

 

 

トレードの恐怖、損切りの恐怖

デモで成績が良いからとリアルで参戦する

自信を持ってトレードするが結果は惨敗。

 

さらに過去に経験した連敗や大負けの記憶がよみがえり、

自信を失う襲ってくるのは大きな恐怖。

怖くて怖くてたまらない。

 

エントリーすらできずにチャートの前でうずくまってしまう。

そして自分を責める。

もうこのまま一生勝つことはできないんじゃないかと

損することばかり心配してしまう

 

 

 

トレードをしているとこんな経験をすることがある。

私も経験した。

 

パソコンの前で、恐怖のあまり体が震え、部屋の窓が開いているにも関わらず

子供のように泣きじゃくったこともある。

 

 

デモではあまり感じなかった恐怖がリアルトレードになった途端に増幅するのはなぜか

損切りがあって当然ということを完全に受け入れることができていないから

 

損切りを完全に受け入れることができているならば、

エントリーを極度に怖がったり

損切られた後にカッとなってドテンしたり、

悔しいのを根拠に無理なエントリーをしたり、

損切り位置を深くずらしたり、

根拠なく損切り位置を狭めたり、などということは起こりえない。

 

それでは どうすれば損切りを完全に受け入れることができるのか

 

一回のトレードに固執しすぎない

ある程度の回数のトレードをこなした結果、トータルでプラスにするという目標を持つ

枚数を減らす。

最小単位から始めて自分のビビリ度合いと見比べながら枚数を増やしていく

 

最初から完璧にやろう、などと意気込まない

 

自分のトレードをやっていれば何回か損切りにあったとしても

結果がトータルでプラスになるということを何度も確認する

 

こういったことを地道にやっていくしかない。

「これをやればすぐにでも損を受け入れることができる!」というものがあるだろうか?

私はないと思う。

 

そんなものがあるならば今すぐに、私だけにコッソリと教えて欲しい。

 

こんなところで絶対に、絶対に挫折するもんか!!というガッツ

 

「もう、しょうがない、損切りなったんだもん。これは、もう諦めるしかないんだよ。。

今までさんざん損切りに悩まされて、嫌だ嫌だと思ってやってきたのに、

どうあがいても損切られるもんは損切られるんだ。。」

というところまで追い込まれてからわかる、ということもあるかもしれない。

 

恐怖が増大してたまらないときは、自己啓発系の本でも読んでみるといい。

 

 


 

 

 

 


応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

FXにおけるロスカットをする理由と陥りやすい状態

「損切り(ロスカット)なんてする必要あるの?」

そう感じることは多いだろう。

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

 

なぜ、ロスカット(損切り)をする必要があるのだろうか。

 

それは

損切りをせずに放置していると資金が足りなくなり、

強制ロスカットになってしまう。

たった一度のトレードで使えるお金がなくなってしまうから。

 

当然の答え。

 

簡単に答えられないのならばヤバイ。

 

 

しかし、簡単に答えられるのに胸をはって「損切りのプロだ!」と言えるまで執行できているか?

頭ではわかっていて、損切りをやっているつもりでも

完全に身に付いているわけではなく

自分の都合のいい時にだけ損切りを行い、

私は損切りを行っている!になっていないだろうか?

 

 

例えば

損切りの位置を前もって決めていたのに、

エントリーした後にレートの勢いが思ったより強く

このままでは損切りに引っかかってしまうから

引っかからないようにもう一段深めのポイントにずらす

 

「変更した損切りポイントで逆指値が執行された!私はきちんと損切りを行っています!」

 

これは間違い

 

 

 

損切りの位置を前もって決めていたのに、

なんとなくもう反転して損切りになる気がするからという理由だけで

損切り位置にたどり着く前に損切りをさっさと執行してしまう

 

「早めの損切りを執行することができた!」

 

これも間違い

 

 

 

トレードを執行する前(エントリー前)に決めておいた損切り位置にきた時だけ損切りを執行する

 

これが正しい。

 

 

 

勝てるようになってから、エントリー後に相場の状況を読んで

損切りの位置を変更することはあるかもしれないし、否定はしない

でもそれは熟練した者だけができる技術というもの

 

トータルプラスにもなっていない、

更には損切りもまともにできないような状態で

あれやこれや自分勝手に解釈してエントリー後に損切りの位置をずらす、

などということは

自分で負ける要素を増やしているだけということに気づくべき

 

 

 

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

 

 

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ