初めは基礎的なテクニカル分析

最初は

 

サポートライン、

レジスタンスライン、

トレンドラインの引き方、

フラッグやペナントなどのパターン

 

こういった基礎的なテクニカル分析を

きちんと勉強するのがいい

 

 

チャートを見てすぐにパッと線が引けるようになるまで

何度も繰り返すこと

 

 

このテクニカル分析を勉強していくと

チャートの動きがあたかも予測できるような錯覚に陥ることがある

 

ここで間違った自信、(動きを予測することができると思い込む)をつけてしまうと

逆行した時に精神的ダメージが大きくなって

トレードが崩れてしまう可能性が高くなる

 

チャートパターンが現れたら躊躇せず、

それを信じてエントリーはするものの

100%は信用せずにいなければならない

 

 

逆行することももちろんあるということを

いついかなる時も忘れてはならない

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

簡単なダブルトップ?

アルファベットの「M」の字のような形の値動きをダブルトップと言う。

 

「A」で反転し、「B」で再反転。

「A」とほぼ水平ラインの「C」で反転し、「B」の水平ラインであるネックラインを割った時、

ダブルトップが形成されたことになる。

(A-B)の値幅分、Bから下がると言われ目標値が算出出来る。(D付近まで) 

chart.jpg

 

よく見ることのあるテクニカル分析の一つであると思う。

 

説明を聞くとふんふん、なるほど~これは簡単そうだな。と思うかもしれないが、

実際に刻々と動くチャートを目の前にして

簡単そうだと思えるだろうか。

 

 

Bのポイントでのヒゲの解釈をどうするのか、

ローソク足の実体を割り込んだ時点で抜けたとするのか、

ヒゲまできっちり確認するのか。

 

 

ネックラインとされる赤丸で囲んだ付近の

実際の値動きも単純ではない。

 

確実性を求めてBのヒゲを割りこんでからエントリーしたとしても

そのすぐ後にネックラインを上抜けたかのような動きをしている。

 

あるいはBのヒゲを気にせず実態を下抜けた時点で

早めにエントリーしたとしても

何度も買いが入っており、

下値が硬そうに見える動きをしている。

 

 

こういった動きを目の前でされて、

自分のお金がマイナス表示になることにきちんと耐えられるだろうか?

 

マイナスになってからさらにマイナス、

決めておいた損切りの地点まできっちり保有しておけるだろうか?

 

一度プラス表示になったとしても少しのブレでその利益が少なくなったり、

あるいはマイナス表示になってしまうことに冷静でいられるだろうか?

 

 

途中で決済してしまいたくなる欲求に耐えられるだろうか?

 

 

相場がなぜ難しいと言われているのか、

原因は気持ちの持ち方、自分の心理にある。

 

 

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

3 / 3123
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ