押し目買い、戻り売りのタイミングがわからない

FXで利益を出しやすい方法の一つとして

押し目買い、戻り売り」というのがある。

 

上昇相場で少し安くなってから買うのが押し目買い。

下落相場で少し高くなってから売るのが戻り売り。

 

この押し目買い、戻り売りだが

コトバで言うほどカンタンではない。

 

押し目と思って買ったらそのまま下落した

戻りと思って売ったら上昇していったってことは

よくある話だからね。

 

押し戻りの精度を上げるには方法があるんだが

その前に基礎的な部分について確認しておこう。

 

押し目買い戻り売りを判別するための一般的な方法は三つある。

 

その1

反発している主要ポイントに水平ラインを引いて

「サポート・レジスタンス転換」の時に買う(売る)

 

その2

トレンドラインを引いてラインにぶつかったら買う(売る)

 

その3

ボリンジャーバンド(設定はデフォルトでOK)を表示させて

±1σ(シグマ)あるいはミドルバンドから反発したら買う(売る)

 

さらに

この三つを組み合わせて条件が重なったところを狙えば

判断もしやすくなるだろうし勝率も高くなるはずだ。

 

で、この押し戻りの精度をどうすれば上げられるかというと

環境認識がたいせつになってくる。

 

エントリーする足より大きな足を見て判断するのが

環境認識だ。

 

例えば

「一時間足でエントリーする!」というときは

4時間足とか日足がどうなっているのか?見る。

 

日足も4時間足も上昇トレンドなら

1時間足では押し目を狙う。

 

日足も4時間足も上昇トレンドの時に1時間足で

「戻りかな?」と思えるようなところがあっても

そこは見過ごしてトレードしないようにする。

 

そうすれば精度が上がる。

 

「じゃぁ日足が上昇トレンドで4時間足が

 下降トレンドの時はどうしたらいいの?」

ってことだが、カンタンなのは4時間足が

上昇トレンドになるのを待つ。

 

デイトレードでは4時間足の下降トレンドに

乗れる場合もあるけど、少し難しい。

 

そのタイミングを計るには過去検証をやってみるのがいい。

うまく流れを利益化できるようであれば実践で使うようにする。

 

最初は日足の流れがどうなっているか?に一番注目する。

スキャルでも日足の流れは確認しておくほうがいい。

スイングなど長期なら週足や月足を見るといい。

 

で、この基本的な流れに沿って過去チャートで検証すれば

大体どこで入ればいいか?ってのがわかってくる。

 

だが人によっては検証してもよくわからない場合がある。

それには理由がある。

 

その理由についてはかなり長くなるから

こちらのメールマガジンに登録してじっくり読み進めてほしい。

↓ ↓ ↓

押し戻りに苦戦するあなたへお送りするメールマガジン

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ