トレードで聖杯探しの迷路に入ってしまわないための考え方のコツ

「信じることができる勝ちパターンがあれば」

「損切できるルールがあれば」

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

この二つを駆使して

「淡々とトレードできれば」

勝てるようになれるのに・・・

 

しかし、自信を持てるトレード手法がない。

いくつか商材を買ってはみたものの

どんな商材のトレード手法も

信じることができない。

 

「トレード手法は

苦労して作り上げなければ

ダメなのだろうか?」

 

 

わたしはそうは思わない。

「苦労して手法を作り上げなければ

トレードで勝てない」とは思わない。

わざわざ苦労する必要はない。

 

さらに

「苦労して作ったトレード手法を使えば

勝てる」とも思わない。

 

苦労して作ったトレード手法か

苦労せずに手に入れたトレード手法かというのは

トレードで勝つためには関係ない。

 

ここで問題なのは、

「本当に勝てるパターンを知らないのだろうか」

「本当に損切できるルールを持っていないのだろうか」

ということだ。

 

 

たとえば、デモで一か月程度

手法の確認を実際にやってみるといい。

 

ルール通りにトレードした結果

「月トータルで利益を出すことができた」

 

きっとあなたはそれほど時間をかけず

「月トータルプラス」という結果を

手に入れることができるようになるだろう。

 

しかし、実際にお金を入れて

トレードするようになった途端

「逆噴射の嵐」で撃沈。

 

つまり、「月トータルマイナス」という結果。

しかも、考えられないほどのマイナスを

たたき出してしまう。

 

そして

「このトレード手法じゃだめだ」

「なにかもっと良いトレード手法を探さなければ」

「もっと簡単に損切できるルールを!」

「もっとはっきりとパターンがわかるトレード手法を!!」

 

「探さなければダメなんだ!!!」

 

と、聖杯探しの道へと進んでしまう。

 

 

聖杯探しへの道へ進まないようにするには?

 

まずは

「トレード手法が問題ではない」

ということに気づく必要がある。

 

問題なのはトレード手法ではなく

それを執行するあなたの

心の問題であるということに気づくこと。

 

たとえば

「ここでエントリーしなければならないんだろうけど

怖くてエントリーできない」

 

「ここで本当なら利益を確定させたらダメなんだろうけど

利益を確定させずにはいられない」

 

こんなふうに、

ルール自体はあるのに

ルールそのものを

捻じ曲げてしまってはいないだろうか。

 

あるいは、

 

そもそも「ルール通りにトレードしよう」

という考えそのものが

スッポ抜けてはいないだろうか。

 

「勝てるトレード手法」は確かに大切だ。

 

『切れるナイフ』と

『あまり切れないナイフ』では

切れるナイフのほうが重宝する。

 

しかし、『あまり切れないナイフ』であっても

ただ不便だというだけで、

ナイフという機能は最低限果たせる。

 

トレード手法も同じことだ。

 

最初からトータルプラスを

目指すようなトレードをするのではなく

 

トータルマイナスでもいいから

 

ルール通りにトレードすることを目標に

 

日々トレードの勉強をするべきである。

 

 

 

↓お猿さんが温泉に入っているバナーに変更してみました。

黒猫はカワイイのでそのままで(。´∀`)ノ

 


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ