感情トレードじゃなくって感覚トレードと言った方がいいだろうか

「トレードには感覚が大事だな」

そう思うことがある。

 

「ラインがここに引けるからここでエントリーしよう」

「テクニカルがこう示唆しているから、ここは買いだ」

 

確かに、それは合ってるんだけど、目に見える数値

だけで判断するとダマシに合いやすく、損切が多く

なってトータルで負けやすくなる。

 

「チャートパターンでは買いなんだけど、雰囲気が

 おかしいから今回はエントリーやめとうこうかな」

 

「テクニカルでは買いなんだけど、ここは売りに

 変わりそうだな」

 

どうしてもそんな感覚に頼ることがある。

 

で、実際のところ記録を見なおしてみると

やっぱりその感覚の通りにトレードするほうが

成績がいい。

 

テクニカルそのままとか、チャートパターン

そのままでエントリーしてしまっていたら

損切が多くなっていてトータルマイナスに

なっていた、っていうのが多い。

 

「それって感情でトレードしてるんじゃないの?」

 

もしかするとあなたはそう思うかもしれないけれど

感情トレードではない。

 

感情では「うわー、ここで買いは入れないよな」

と感じているけど、別の意識が「ここで入らずに

どこで入るの?」と尋ねてくる感じだ。

 

「どれだけ真剣にチャートを見てきたか」というのと

「トレードの経験年数」に比例して磨かれていくんじゃ

ないかと思う。

 

経験があまりにも少ない時にこういう感覚に

頼ると、負けが多くなるから注意が必要。

 

「こういう感覚がないと利益を上げられない」

っていうわけじゃなくって

「こういう感覚が出てきたら強くなったんだよね」

っていうお話。

 


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

いつも応援ありがとうございます。

感謝します^^

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ