FXは「儲かりそうではない」ポイントで儲ける。

「とても儲かりそうではない」と感じる

ポイントってどこ?

 

というご質問を頂いた。

 

前回記事

FXで「やってはいけない」をやるからお金を失う

 

「とても儲かりそうではない!」と

感じやすいポイント一覧

 

・上昇トレンド中の押し目で買うこと

・下降トレンド中の戻りで売ること

・レンジ上限で売ること

・レンジ下限で買うこと

・高値更新で買うこと

・安値更新で売ること

その他、トータルで利益が出るポイント全て

 

「とても儲かりそうではない」と感じる

ポイントは、「儲かる」ポイントと同じだ。

 

トレードを始めたばかりの頃は「儲かる

ポイント」を正しく感じられる。

 

しかし、ある経験をするにつれて

儲かるポイントを「とても儲かりそう

ではない」と感じるようになってしまう。

 

初心者トレーダーにブレイクトレード

手法を教えたとする。

 

※ブレイクトレード手法とは、高値を

 越えたら買い、安値を下げたら売る

 手法。大きな利幅を狙えるが、勝率が低い。

 

初心者トレーダーは知識ゼロで、

怖いもの知らずだから、高値を越えたら

スグに買い、安値を下げたらスグに売り

を入れることができる。

 

「やったー!高値更新で買いを

 入れたら利益になった!」

 

「やったー!安値更新で売りを

 入れたら利益になった!」

 

最初に良い経験ができたら、

それ以降も高値更新で買い、

安値更新で売りができる。

 

しかし、ブレイクトレードは勝率の低い

手法だから、初心者トレーダーはスグ

損切に遭遇することとなる。

 

1、2度の損切なら「まぁ、そんなことも

あるかもね」と、気にしないかもしれない。

 

しかし、3回、4回、あるいは10回連続

損切になってしまったらどうだろうか。

 

「そんなこともあるか」とは考えられなくなる。

 

「このトレード手法は使えない手法

 なのではないだろうか?」

 

「もう少しよく確認してから、エントリー

 したほうがいいかもしれないな」

 

確認に確認を重ねて、値がぶっ飛んで

いった後にようやく「よし、確認したから

エントリーしよう!」となる。

 

優位性のあったブレイクトレード手法が、

負けるトレード手法へ転落した瞬間だ。

 

「とても儲かりそうではない」ポイントで

エントリーできていたのに、それが

できなくなったということ。

 

「100%利益になる、儲かるポイントが

必ずあるはず!」と考えてしまう。

 

「儲かるポイント」というのは

「儲からないポイントと同じ」

というのが理解できない状態だ。

 

でも、経験を積むうちに「儲かるポイント」

を正しく認識できるようになる。

 

正しく認識できるようになるためには

最初は「儲からないだろうな」と感じる

ポイントで入るのが一番手っ取り早い。

 

「儲かる時もあるし、儲からない時も

 ある。でもトータルでは利益になるな」

 

トレード記録と、その時に感じていた

感情を照らし合わせれば、「とても儲かり

そうではないと感じてしまうけど、エントリー

すべきポイント」は、スグわかる。

 

感情だけを見てしまうと混乱するから

必ずトレード記録と一緒に確認することが

大切だ。

 

正しいトレード経験を積んでいけば、

「儲からないだろうな」というポイントが

「ここはエントリーすべき儲かるポイントだ」

と感じられるようになってくる。

 

***** ↓今日の説明、どうだった?↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ