FXデイトレード手法の組み立て方~作り方の基本~

FX入門書を読んだ!デモ口座も開設した!

さぁ、トレードを始めよう!

 

とは思ったものの・・・

 

「あれ?何からしたらいいの?

 さっぱりわからない」

 

「時間足って日足とか1時間足とか

 5分足とかたくさんあるけどどれを

 見たらいいんだろう?」

 

「エントリーする時はどの足を見たらいいの?」

 

「日足は上昇してるけど1時間足は下がってる。

 買ったらいいの?売ったらいいの?」

 

「ラインを引けっていうけどどれに対して

 引いたらいいの?前回高値てたくさんある・・・」

 

頭の中は真っ白。

 

FX入門書は読んだし、言ってる意味もわかる。

 

でも具体的にどうしたらいいのか

全然わからない。

 

一応エントリーして、決済もしてみた。

 

でも・・・

 

「このやり方で合ってるんだろうか?

 というか、間違っててもわからないよね」

 

最初の一歩

 

FX初心者が最初に必要なのは

トレードルール、トレード取引手法だ。

 

一番手っ取り早いのは勝ち続けている人の

やり方をお金と引き換えに手に入れること。

 

「うーん、それもいいけど自分で

 手法を確立させたいな」

 

では手法を確立させる方法を公開しよう。

 

『足』を決める

 

分足、時間足の中から一つだけ選ぶ。

1分足でも15分足でも1時間足でも

気に入った足を選べばいい。

 

1分が早すぎると思えば10分、15分。

30分や1時間足を選んでもいい。

 

後で変えても構わない。

 

デイトレードかスイングトレードか決める

 

デイトレードとは一日で完結

スイングトレードとは数日で完結。

 

テクニカルを2つ選ぶ

 

テクニカルはいろいろある

 

 

移動平均線

MACD

ボリンジャーバンド

RCI

ストキャスティクス などなど。

 

相性の良さそうなテクニカルを2つ選ぶ。

 

テクニカルの使い方や概念は

専門書で調べて頭の中に叩き込む。

 

チャートを準備する

 

過去のチャートを準備し、テクニカルを

表示させる。

 

テクニカルには「設定値」というものが

あるが、最初の設定でも構わない。

 

数値を設定したら過去のチャートを

テクニカルを絡めながらチェックする。

 

例)移動平均線を2本使った場合

 

トレードルール:

2つの移動平均線がクロスして

足が確定した後、次の足が

始まったらエントリーする。

 

次のクロスが発生したら決済し

同時に反対売買する。

 

これを続けた結果どうなるか1か月分の

チャートでチェックする。

 

1か月分をチェックした後、利益が

出ていなければやり方を変えて

また一か月分チェックする。

 

例)

・買いだけのルールを取り入れてみる

・設定値を変えてみる

・テクニカルの組み合わせを変えてみる

 

うまく利益が出せるものを作れたら

過去2~3年分をチェックしてみる。

 

10年分チェックできればより安心だ。

 

トータルで利益がでそうなものが

出来上がったら実際にトレードしてみる。

 

※手数料(スプレッド分)を忘れずに組み込む

 

トレード手法の組み立て方は基本的に

こんな感じになる。

 

私がFXを始めた最初の頃、2~3か月毎日

チャートと格闘したが最終的に利益の出せそうな

トレード手法は作り出せなかった。

 

トレードの知識が浅すぎたのだろう。

 

が、このやり方で成功する人もいるようだ。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ