不思議なこと

例えば、上昇トレンド中ならば陽線と陰線はどちらが多いだろうか?

もちろん答えは陽線。

 

しかしながら上昇中でもある程度の押し(陰線)は入る。

そしてトレンドが転換する時は必ず大きな陰線が入る。

 

つまり、上昇トレンドなのに逆張りの売りで入ってたとしても

勝てる可能性があるということ。

 

 

 

ここでよく考えて欲しい。

上昇トレンド中の陽線を全て足した長さと

陰線を全て足した長さではどちらが長い?

 

もちろん答えは陽線。

 

冷静に考えるととても単純な問題だと思うだろうか?

それなのに、なぜ上昇トレンド中に売りで入ろうとする人がいるのだろうか。

不思議でたまらない。

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

基本は20!

自分のトレードを検証するときに

コロコロと手法を変えたりしていないだろうか?

 

検証する回数としては20トレードが基本になる。

このくらいトレードしてみてマイナス収支になるようだったら

改善する必要が出てくる。

 

ただし、心理的要素で手法どうりにトレードできていないのであれば

手法自体を変える必要はない。

 

 

 

一つ一つのトレードがしっかりできていないと

検証する以前の問題だから検証する意味がないのでは?

と思ってしまうかもしれないがそれは関係ない。

 

「一つ一つのトレードがしっかりできるため」に、

むちゃくちゃにやってしまったトレードを

20トレード一つ一つ検証するだけのこと。

 

 

むちゃくちゃやってしまったトレードこそが一番大事なトレード。

そのトレードとしっかり向き合うことができなければ

勝てるトレーダーにはなれない。

 

いつも思うのだが、トレーダーの勉強を色々とやっていると、

なんだか人間性まで変えるようなモノなんだな~と思う。

 

 

家族や友人との関係、世界へと視野が広まること、

世の中の仕組みについて興味が沸いてきたこと・・・とか

 

色々と今までぽわわわわ~んと日々を送って来たことが

ガラリと変わってしまった。(いい意味で)

 

トレードで勝てるようになるまでは色々とやるべきことがたくさんあるが、

これはやっていて絶対に後悔はしないことだと思う。

 

人生を楽しくしてくれるものの考え方、生き方を学べる

すごくいい機会だと思う。

 

それがわかるまではちょっと大変かもしれないが・・・・

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

私は金持ち!

勝てるトレーダーになるための近道の一つとして、

いわゆる気の持ちようがある。

 

 

自分が金持ちになっている気分になること。

 

トレードをする時にこれを気をつけるだけでも

トレードが変わる。

 

 

今月の家賃のことや支払いを気にしていたり、

今月はまだマイナス収支だから絶対に勝たないといけない!

なんて思っていると、

 

目の前の少しのブレに乗っかってしまったり、

どう見ても上昇トレンドなのに

逆張りで大きくとろうと売りばっかりで入ったりして

損切りの連続になったりする。

 

 

お金に余裕のある気持ちでいれば

焦る必要もない、

家賃や支払いのことだって考えなくていい、

ただ目の前にある相場の動きを把握して、

有利な方向にエントリーすればいいだけ。

 

損切りになっても

「ま、しょうがないよね~ こんなときもあるさ」

とあまり気にしない。

 

チャンスがくれば

ここで負けたらどうしよう、

損切りになったらまた資金が減る・・・

なんてことも考えず

「チャンスなんだからエントリーするだけ」と

すんなり行動できる。

 

 

いいことづくしなので

是非金持ちの気分でトレードすることをおすすめする。

 

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ