FXではトレード回数はどのくらいがいいの?少ないほうがいいの?多いほうがいいの?

「FXのトレード回数はどのくらいがいいんだろう?」

トレード回数を少なくしたい」

と悩むことがあるかもしれない。

 

基本的には

FXのトレード回数は少ないほうがいい。

 

それはトレードするたびに手数料がとられているから

トレード回数がふえればふえるほど

手数料もそのぶん多くなってしまうからだ。

 

ふえた手数料分、利益をとらなければならなくなるから

それだけ多くのpipsを稼がなければならなくなる。

 

そう考えると、トレード回数を減らして

手数料をおさえれば、それだけのpipsをとらなくてもよくなる。

 

 

しかし、ここで問題がでてくる。

「トレード回数をへらす」のがむずかしい

ということだ。

 

 

どういうことかというと

いつもポジションを持っておかないと

おちつかない状態

になっていることが多いということだ。

いわゆる『ポジポジ病』だ。

 

ポジポジ病の克服のやり方については

何度もブログで取りあげているが

実際にトレード回数をへらすのはむずかしい。

 

 

一つ、かんちがいしてほしくないことがある。

それは、検証なしでポジポジ病はなおせないということだ。

 

検証というのは、あなたのトレードを一つ一つ記録して

あなたがどんなトレードをしているか?ということを

トレードしていない冷静な頭で見直してみるということ。

 

 

ポジポジ病にかかってしまう原因としては

「ランダムな刺激をうけている」ということだ。

 

トレードでは、たとえどこでエントリーしたとしても

利益を手にできることはある。

 

そのエントリーがまちがっていたとしても

利益を手にしてしまうことがあるということだ。

 

そうすると、『べつにエントリーを選ばなくてもいいじゃん』

と思ってしまうようになる。

 

さらに、エントリーが正しかったとしても

損切になってしまうことがある。

 

そうなるとさらに

『エントリーを選んでもしょうがないんじゃないか?』

と思うようになってしまう。

 

で、結局エントリーに対する壁が低くなって

いつでもどこでも、とにかくエントリーするようになる。

 

そして、「とにかくエントリーしなければ利益も手に入らない」

と考えるようになってしまう。(ポジポジ病)

 

 

これは、きちんと一つ一つのトレードの記録をつけて

あなた自身がどんなトレードをしているか?

ということを見ていけば、だんだんと

トレードせずにいられるようになるのだが

 

残念ながら

ほとんどの人が

トレード記録をつけることをめんどうだと思っている。

 

 

そして、

検証があまり重要ではないと思ってしまっている。

 

 

さらには

たとえ記録をつけていたとしても

あとから見直してみても

何が何だかわからないような内容でつけていたり。

 

 

あなたの頭の中だけで、トレードを整理しようと思ってはいけない。

感情抜きにあなた自身のトレードを調べるには

一つ一つのトレードをしっかりと記録して

冷静な頭の時にゆっくり見直していく必要がある。

 

そうすれば、必ず何が悪いのかがわかってくるから

自然とトレード回数も少なくすることができるようになる。

 

もちろん、トレードを我慢しようという意識も必要だが

ただやみくもに我慢しよう!と思っても

なかなかできないものだから注意したほうがいい。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する
ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございます

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!
最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ