ユーロドルにチャンス到来!?

昨日のユーロドル。(2013年4月4日)

注目すべきチャートになって来ているのではないだろうか。

 

デイトレレベルの目線で見るとeurusd0404

3月からのチャートは

日足レベルでは下降傾向ながらもレンジ気味の相場で

トレードタイミングが合わないと

エントリーした途端に逆行してしまうという

いやらしい感じであったように思う。

 

しかし、ここにきてようやくトレードしやすそうな

はっきりとした動きが出てくるか?

というポイントに差し掛かっているように見える。

 

右上の画像を見てもらうと分かりやすいかと思う。

(クリックで拡大)

 

まず、

・日足の前回安値ゾーンに差し掛かってきていた

 

・4時間足の下降の上値抵抗線の角度が鈍化してきている

 

・4時間足のペナント(緑色の線で囲んでいる部分)で

 通常であれば「下値更新すればそのまま下落する」パターンが

 フェイクとなって大きく反発上昇

 

・日足・4時間足で確認できるように長いヒゲが出ている

 

・(ここには表示させていないが)オシレーター系のテクニカルで

 ダイバージェンスが出現

 

つまり、このまま上昇の流れに

移行しやすいのではないか?と見ることができないだろうか。

 

まぁ、デイトレレベルであれば売りでも買いでもできるのだが

上昇が強くなるのであれば、売り目線よりも

買い目線の方がトレードしやすいのではないかと思う。

 

それでも、ファンダメンタルで何かあれば

テクニカル分析なんて吹っ飛んでしまうのだけれど。

 

以前の記事

ドル円にチャンス到来!?のチャートにも似てるような。

 

 

※ユーロドルが上がる!と言っているわけではありません。

下がる可能性も、もみ合う可能性も常に十分にあります。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

ドル円にチャンス到来!?

ドル円に チャンス到来か!?

 

にほんブログ村

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます。

 

 

下図はドル円の日足チャート。 

ペナントが見えるだろうか?

 

このあと、ある値動きとなったらチャンス到来!?

になるかもしれない。

 

さて、どんなトレード計画が立てられるだろうか。

 

(※クリックで拡大)

ドル円10/10日足チャート

 

黒いトレンドラインはしばらくの間

下降トレンドの上値抵抗線となっていた。

 

 

そして水色の○でレートは上値抵抗を突破した

水色の○が買いのチャンスとなった。

 

 

レートは下降しているものの

その後は黒いトレンドラインは一応の下値支持線となっている。

(黄色の部分)

 

 

そして次に現れたのがピンクの上値抵抗線。

これまでに二度機能しているのがわかる。

 

 

もうひと下がりする可能性はあるものの

近いうちにピンクのトレンドラインをレートが上抜けたら(グリーンの部分)

『買い!』の判断ができないだろうか?

 

 

上抜けた場合に『買う』という考えが浮かんだだろうか。

それとも『そんなところでは買えない!』と思っただろうか。

 

 

あなたはどんな分析をしただろうか。

 

 

※ドル円が上がる!と言っているわけではありません。

下がる可能性も、もみ合う可能性も常に十分にあります。

 

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

 

 

 

 

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する
ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございます

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!
最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ