ダウ理論のトレンドで負ける理由

FXでトレード、デイトレする時に

ダウ理論を使ってやればうまくいくだろう

と考えたりするはずだ。

 

『高値切り上がり安値切り上がりの

 上昇トレンドで押し目買い』

 

『安値切り下がり高値切り下がりの

 下降トレンドで戻り売り』

 

っていうのをやるんだが

これを素直に実行しても

なかなか勝てなかったりする。

 

切り下がり、切り上がりなどを

確認した後で入ったのに急反転して

損切となったりしてしまうからだ。

 

これはどういうことかっていうと

ガッツリ利益になるトレンドっていうのは

たまにしか出現しないってこと。

 

短期的に上昇トレンドとか

下降トレンドが出る場合もあるけど

本当の意味での『トレンド』ではない

ってのを知っておく必要がある。

 

本物のトレンドに乗れたときは

ずーっとほったらかしでも

勝手に利益になっていく。

 

デイトレレベルでのトレンドっていうのは

すぐ終わるトレンドなんだなっていう

認識でいたほうがトレードしやすい。

 

で、結局どうすれば乗り遅れずに

短期のトレンドを利益化できるか?っていうと

 

短期のトレンドが発生しやすいのは

どういう状況の後か?ってのを考えてみる

 

エントリーするローソク足の状態や

エントリーする時間足より

大きい時間足の状態とかを見る。

 

ローソク足の状態とか勢いを見ると

短期的なトレンドが出やすい状況があるんだよね。

 

もちろん絶対トレンドが発生するとは限らないけど

確率的にこのくらい発生して

利益がこのくらいは伸びるというときがある。

 

損切がこのくらいで収められるってときにエントリーすれば

最終的にこのくらいは利益になるな

っていうのをまず調べてみるんだよね。

 

そうすれば乗り遅れずにトレンドにうまく

乗ることができる。

 

こう書くとカンタンそうだけど

実際やってみると割りと大変な作業でもある。

トレンドとレンジの転換を見分けるにはどうすればいいか?

トレンドレンジの見分け方、

いつ転換したのか?って悩むことがあるだろうか?

 

いつ転換したのかを知るには

トレンドとレンジってどういう状態なのか

まず知っておく必要がある。

 

それには高値と安値を見ていく。

 

安値と高値が切り上がっていれば上昇トレンド

高値と安値が切り下がっていれば下降トレンド

切り上がりも切り下がりもしてない時はレンジ

と見るんだが、

 

トレンド中にポジションを持っていて

切り上がり切り下がりを見て判断してたら

時すでに遅し、

 

気づいたらレンジに入っていて

出ていた利益のほとんどがなくなってた

という時の方が圧倒的に多い。

 

だからその前の状態をいかに素早く

判断するかがポイントになってくる。

 

判断する方法の一つとして

価格の勢いを見る方法がある。

 

テクニカル指標のオシレーター系を使う。

 

RSIとかストキャスティクスとか

そういうのでサインが出ていたら

そろそろトレンドが終了するかもね

と推測できたりする。

 

でも、完全に判断できるわけではない。

当たるときもあるし当たらないときもある。

 

だけど、その指標を使って判断した時に

勝率が何%で値幅がこのくらい獲得できるなと

前もって調べてわかっていれば

 

その判断を繰り返して

利益を出すことができるんだよね。

 

あと、利益確定するときにもポイントがある。

 

トレンドが出てMAX最高の利益が

乗ったところで決済したいと考えたりするかも

しれないが、それはハッキリ言ってできない。

 

だからトレンドの一部分を利益化できれば

OKと考えることがコツでもある。

 

この利益確定の考え方は

最初は慣れないかもしれないけど

検証してみると利益が出る考え方だとわかる。

トレンドとレンジを見分けるには?

「週単位で勝てるようになりました!
 でも月単位の成績はマイナスなんです」

と悩む。

 

週単位で利益を出せたのは理由がある。
月単位で成績がマイナスなのにも理由がある。

 

ある一つのパターンを紹介しよう。

 

過去の記録を調べてみた。

 

・利益を出せた週はトレンドがはっきり出ていた

・損失になった週はレンジ傾向だった

 

『トレンドで利益をだせるけどレンジで吐き出している』

 

トレンドだけに手を出してレンジを避ければ
カンタンにトータルプラスになるんだが・・・

 

なかなかうまくいかない。

 

「レンジだろうと思ったらブレイクして
 慌ててエントリーしたら調整で損切になった」

 

「トレンドだろうと思ってエントリーしたら
 反転して後から見たらレンジ相場だった」

 

「レンジでも獲れるかも?と欲が出てつい
 エントリーして損切になった」

 

こうなってしまう理由は・・・

 

・相場の的確な判断ができていない

 

・うっかりレンジに手を出しても「時々利益に
 なってしまうランダムな褒美」のせいで
 自分をうまくコントロールできていない

 

トレンドだけに手を出してレンジには
手を出さないようにする方法はあるのか?

 

ある。

 

ポイントは二つ。

 

1:トレンドとレンジを明確に判断する
  分析能力を上げる

 

2:レンジに手を出してもトータルでは
  利益を出せないと客観的に確認する

 

やり方はカンタン。
『過去のチャート』を使うだけ。

 

ランダムに過去のチャートを選んで分析する。

 

「ここは〇〇といった理由でレンジ相場だろう」

 

その後にチャートをずらしていって、本当に
レンジ相場になったかを確認してみる。

 

「ここは〇〇の理由でトレンド相場だ」

 

本当にその後トレンドが続いたか
チャートをずらして確認する。

 

これを何度も繰り返す。

 

答えが外れまくりだったらその理由を考える。

 

地味な作業だがこれをやるだけで
相場の分析能力は格段に上昇する。

 

パターン別に調べてみるとよりわかりやすい。

 

・トレンド相場を探してトレンドに乗るトレード
 だけをシミュレーションしてみる

 

・レンジ相場を探してレンジに乗るトレード
 だけをシミュレーションしてみる

 

レンジ相場では利益を出せないと確認できたら

 

「私はレンジ相場ではなくトレンド相場でしか
 利益を出せないということがよくわかった。
 だからトレンド相場だけを狙うようにしよう。」

 

と納得できる。

 

「トレンド相場になりやすいパターンは
 〇〇~~~といった傾向が強い」

 

「レンジ相場になりやすいパターンは
 ××△△といった傾向が強い。」

 

「だましに遭いやすいパターンは~~を
 よく確認する必要があるな」

 

細かい部分にまで気づくことができるようになるはずだ。

 

こういったシミュレーションをせずになんとなく
「レンジ相場でも利益を出せるかも?」って思ったまま
苦手なレンジ相場に手を出し続けたらいつまでたっても
レンジ相場で利益を吸い上げられ続けるだけだ。


 

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ