トレンドとレンジを見分けるには?

「週単位で勝てるようになりました!
 でも月単位の成績はマイナスなんです」

と悩む。

 

週単位で利益を出せたのは理由がある。
月単位で成績がマイナスなのにも理由がある。

 

ある一つのパターンを紹介しよう。

 

過去の記録を調べてみた。

 

・利益を出せた週はトレンドがはっきり出ていた

・損失になった週はレンジ傾向だった

 

『トレンドで利益をだせるけどレンジで吐き出している』

 

トレンドだけに手を出してレンジを避ければ
カンタンにトータルプラスになるんだが・・・

 

なかなかうまくいかない。

 

「レンジだろうと思ったらブレイクして
 慌ててエントリーしたら調整で損切になった」

 

「トレンドだろうと思ってエントリーしたら
 反転して後から見たらレンジ相場だった」

 

「レンジでも獲れるかも?と欲が出てつい
 エントリーして損切になった」

 

こうなってしまう理由は・・・

 

・相場の的確な判断ができていない

 

・うっかりレンジに手を出しても「時々利益に
 なってしまうランダムな褒美」のせいで
 自分をうまくコントロールできていない

 

トレンドだけに手を出してレンジには
手を出さないようにする方法はあるのか?

 

ある。

 

ポイントは二つ。

 

1:トレンドとレンジを明確に判断する
  分析能力を上げる

 

2:レンジに手を出してもトータルでは
  利益を出せないと客観的に確認する

 

やり方はカンタン。
『過去のチャート』を使うだけ。

 

ランダムに過去のチャートを選んで分析する。

 

「ここは〇〇といった理由でレンジ相場だろう」

 

その後にチャートをずらしていって、本当に
レンジ相場になったかを確認してみる。

 

「ここは〇〇の理由でトレンド相場だ」

 

本当にその後トレンドが続いたか
チャートをずらして確認する。

 

これを何度も繰り返す。

 

答えが外れまくりだったらその理由を考える。

 

地味な作業だがこれをやるだけで
相場の分析能力は格段に上昇する。

 

パターン別に調べてみるとよりわかりやすい。

 

・トレンド相場を探してトレンドに乗るトレード
 だけをシミュレーションしてみる

 

・レンジ相場を探してレンジに乗るトレード
 だけをシミュレーションしてみる

 

レンジ相場では利益を出せないと確認できたら

 

「私はレンジ相場ではなくトレンド相場でしか
 利益を出せないということがよくわかった。
 だからトレンド相場だけを狙うようにしよう。」

 

と納得できる。

 

「トレンド相場になりやすいパターンは
 〇〇~~~といった傾向が強い」

 

「レンジ相場になりやすいパターンは
 ××△△といった傾向が強い。」

 

「だましに遭いやすいパターンは~~を
 よく確認する必要があるな」

 

細かい部分にまで気づくことができるようになるはずだ。

 

こういったシミュレーションをせずになんとなく
「レンジ相場でも利益を出せるかも?」って思ったまま
苦手なレンジ相場に手を出し続けたらいつまでたっても
レンジ相場で利益を吸い上げられ続けるだけだ。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

チャートを見てもトレンドがどちらかわからない

チャートを開いてさぁトレードしよう!
と思っても判断に迷って頭を抱える事態に
おちいることがあった。

 

「日足は上昇しているなぁ
 でも1時間足は下降している」

 

「これは売りなのか?買いなのか?
 どうしたらいいんだろう・・・・」

 

一体何をすればいいのか
全くわからない。

 

こういう時は必ず『戦略』が
ぼんやりしていた。

 

トレンドトレードをしたいのか
レンジトレードをしたいのか
それとも他のトレードがしたいのか。

 

全てが白紙状態。

 

「とりあえずチャートを見て
 チャンスがありそうなら
 そこでエントリーできるだろう」

 

っていう考えだった。

 

こういう考えをしたときは
「飛び乗り」や「追っかけ」で
こてんぱんにやられることが
多かった。

 

「チャートが動くならどこでも
 その流れに乗りたい。」

 

無意識レベルで考えていたからだろう。

 

もしハッキリした戦略を持っていれば
結果は劇的に違っていたはずだ

 

「私の戦略は日足のトレンドに
 逆らわないことだ。」

 

「日足は上昇しているから
 日足で押しが入るこの辺りで
 1時間足の反転上昇に乗ろう」

 

「今は1時間足が下降しているから
 買いを入れるならこのポイントだな」

 

1時間足が下降していても
下降の動きに飛び乗らず
戦略ポイントまで待つことが
できたはずだ。

 

あるいは別の戦略でもいい。

 

「私の戦略は1時間足のトレンドに
 乗ることだ」

 

「日足は上昇トレンドだが
 私の戦略にあてはめれば
 1時間足の下降トレンドに
 乗ることが可能だ」

 

「だからこのポイントで
 売りを仕掛けよう」

 

自分の戦略がどういう戦略なのか?
明確でなければトレードはできない。

 

相場の動きにほんろうされて
右往左往するばかりになってしまう。

 

「この場合は買いが正解?
 それとも売りが正解?」

 

答:あなたの戦略による。
  売りも買いもどちらも正解。

 

戦略とチャートを照らし合わせて
戦略にあったポイントを探せば
いいだけってこと。

 

チャートを見てトレードポイントが
わからないのは「戦略がぼやけている」
ことが多い。

 

あなたの戦略の優位性をはっきりさせて
よく確認するとトレードポイントも
自然と見えてくるはずだ。


トレード戦略を持っていないあなたには
コチラの記事をオススメする。↓↓↓

相場の環境認識力をつける

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

トレンドはどの時間足で把握すればいいのか

トレードで大切なのはトレンドを

把握することだ。

 

大きい時間足でトレンドを見つけ

小さい足でもトレンドを探す。

 

初心者でも知識として知っている人は

割と多いかもしれない。

 

しかし、いざ判断となると異常に

難しく感じる。

 

・大きい足が上昇トレンド

・小さい足が下降トレンド

 

こんな時は特に悩ましい。

 

「大きい足は上昇トレンドだけど、

 小さい足は下降トレンドだから

 売りで入れるのかな?」

 

「順張り戦略だから大きい足の

 上昇トレンドの動きに逆行する

 売りは入らないほうがいい?」

 

「小さい足では下降のトレンドが

 出ていて、売りは順張りになる。

 やっぱり売りで入っていい?」

 

と混乱する。

 

一番いい選択は、小さい足が上昇

トレンドになるのを待って、押したら

買う戦略。

 

大きい足も上昇トレンド、小さい足も

上昇トレンドなら利益を上げやすい。

 

ただし、100%完璧に機能するわけではない。

 

小さい足が上昇トレンドになるのを

待っていたらそのまま下降トレンドが

継続してトレードできない時もある。

 

小さい足が上昇トレンドになって

押して買ったところが最高値で、

損切になる場合だってある。

 

大きい足が上昇トレンドの時、小さい足が

上昇トレンドになるのを待ったほうがいいか

小さい足の下降トレンドに乗っていいかは

その時の状況で個別に判断する。

 

大きい足の上昇トレンドが終りそうなら

小さい足の下降トレンドに乗る選択も

場合によってはできる。

 

大きい足の上昇トレンドが強そうなら

小さい足の下降トレンドは無視して、

小さい足も上昇トレンドになるのを

待ってから押しで買う選択ができる。

 

「その判断方法はどうやってするの?」

 

環境認識を学ぶといい。

 

環境認識とは、今はレンジかトレンドか

といった相場の流れを判断すること。

 

トレンドが始まりそうな状態なのか

トレンドの最中なのか、トレンドが

終了しそうなのかを判断する。

 

トレンドが始まりそうなら、始まりそうな

トレンド方向だけのエントリーを考える。

 

トレンドが終了しそうなら高値(安値)掴み

になりそうな順張りトレードを控えたり、

場合によっては逆張りを考えることもできる。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ