どうしても利益を伸ばすことができない。

FXで『どうしても利益を伸ばすことができない』

悩むことがあるかもしれない。

 

特に最近のように大きく動く相場で

利益を伸ばすことができずに薄利で降りてしまい

その後に自分に有利だった方向へ大きく動いたとすると

 

例えいくらかの利益を得ていたとしても

負けた気分になったり

「なんて自分はバカなんだろう!」と

責めてしまうこともあるだろう。

 

「よし!次からは絶対に利益を伸ばすぞ!」

と決意して

次のトレードで我慢して保有し続けた結果

利益を大きく取れることができたならば

それをきっかけに良い方向へ進めるかもしれないが

 

ほとんどの場合

「よし!次からは絶対に利益を伸ばすぞ!」

と決意して

次のトレードで我慢して保有し続けた結果

 

いくらかの含み益があったのに損切りになってしまい

「やっぱり無理せずにちょっとの利益で決済したほうがいいな」

と、早々に利益を伸ばすことを諦める

こんな状態になることが多いだろう。

 

あるいは、一度は利益を伸ばすことに成功したのに

その後に何回か含み益を損切りにさせるような

トレードをしてしまうと

「やっぱり利益を伸ばすよりも

確実に確定させるほうが大切だな」と

利益を伸ばすことを諦めてしまうかもしれない。

 

 

利益を伸ばすことに挑戦する場合

一つのトレードだけにこだわると

利益を伸ばすことに失敗する可能性が高くなる。

 

 

「このトレードは利益を伸ばすぞ!

だから今回は利益が伸びて欲しいんだ!

たのむから、今回は大きく動いてくれ!」

 

一つのトレードにこんな願い事をしていると

失敗する可能性が高い。

 

 

だから、これからやるトレードの

10回のうち1回でも利益を伸ばすトレードが

成功してくれればいいな

そのくらいの気持ちで挑んでみるほうがいい。

 

 

利益を伸ばすための決済ルールとしては

 

エントリーを決定する基本となる時間足で見た時に

エントリーした後、レートが利益方向にある程度動いてから

 

(買いの場合は)

押し目を作ったらその押し目のちょっと下

 

(売りの場合は)

戻りを作ったらその戻りのちょっと上に

逆指値を置くようにする。

 

さらにレートが動いて

次の押し目・戻りを作ったら

その度に移動させる

 

というものが基本的なものになるだろう。

 

この基本的な決済ルールから離れて

逆指値をきつくするか、ゆるくするか

あなた自身のトレードを見直してから微調整するといい。

 

 

『利益を大きく伸ばさなければ

トレードで稼ぐことは絶対にできない!』

というわけでもないが

 

利益を大きく伸ばすことができれば

トレードはもっとずっと楽になる。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

3月に桜・・・4月まで持つかな?

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

FXで利益を伸ばすには。利益確定にコツがあるのか。

「もっと利益を伸ばしたいなぁ」

「どうやったら利益を伸ばすことができるんだろう」

 

FXでトレードするときに

こんなふうに悩むことは多いだろう。

 

私も利益を伸ばすことには苦労した。

 

 

「もう、利益がなくなるんじゃないだろうか」

 

「今手に入れているこの利益がなくなって

損切になってしまったら嫌だ」

 

 

そんな不安と欲望で頭がいっぱいだったからだ。

 

 

人間は、自分が知らないことだったり

よく理解できないことに対しては

不安恐怖を感じるようにできている。

 

 

だから、もしあなたが現在

 

・なぜ利益を伸ばさなければいけないのか

・今利益を伸ばしてもいい状態なのか

・今利益を伸ばしてはダメな状態なのか

 

ということを

ハッキリと理解していない状態

であるならば

 

どんなに気合を入れて

「利益を伸ばそう!」

と頑張っても、

なかなかうまくは利益を伸ばせないだろう。

 

 

だから

「なるべく不安や恐怖を感じずに利益を伸ばしたい!」

と思うのであれば

まずは相場を知ることから始めるといい。

 

 

相場を知るというのはどういうことかというと

「エントリーすればトータルで勝てるポイントがある」

ということを心の底から理解するということだ。

 

 

難解な動きをする相場だが

相場環境を認識して

ある程度、相場の動きがわかるようになると

 

どこでエントリーすればいいのか

エントリーしてはいけない状態はどんな状態か

ということが

ハッキリとわかってくるようになる。

 

 

相場の環境認識というのは非常に重要だ。

 

 

しかし、実は

相場の環境認識よりも大切なことがある。

 

 

それは

相場の将来の動きは予測できない

ということだ。

 

なぜなら、相場というものは

予測可能であるけれど

予測不可能なもの

という性質を持っているからだ。

 

 

相場の全てを理解してやろう

と思った瞬間から

相場というものはとてつもなく難解なものになる。

 

 

だから、

相場は予測不可能なもの

ということを常に頭に入れておいて

相場の迷路にはまらないようにしておく必要がある。

 

その上で、相場というものは

「ある一定のルールの下に動いている」

ということを理解すれば

相場に対するばくぜんとした

不安や恐怖がなくなっていく。

 

そうすると

 

「もう、利益がなくなるんじゃないだろうか」

 

「今手に入れているこの利益がなくなって

損切になってしまったら嫌だ」

 

そんな考えから

 

「このポジションはここまで保有しておいた方がいい」

 

「さらに伸びるポイントだからまだ保有しておこう」

 

「ここまで来たら、一度利益確定しておいた方がいいな」

 

こんな風に

冷静に自分のポジションを見ることができるようになる。

 

 

***** ↓スルーせずに応援スルー!!↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

トレードで利益を伸ばすための効果的な練習方法とその裏に隠された問題

トレードで利益を伸ばすためにカンタンにできる練習方法と、

利益が伸ばせないと悩んでしまう裏に隠されたモノ。

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

 

まずは、利益を伸ばすためのカンタンな練習方法。

 

この方法は、あなたの「利益を確定させたい!」という欲求と

「利益をなるべく伸ばしたい!」という欲求

このどちらも叶えながら

トレードの練習ができる効果的な方法だ。

 

その方法とはコレだ。

 

 

少しづつ利食っていく。

 

 

少しでも利益方向に動いたら

保有ポジションの何分の一かを利食う。

 

次に少し大きめの目標に届いたら

また保有ポジションの何分の一かを利食う。

 

そうやって徐々に利食っていき

最終目標までポジションを保有できるように訓練する。

 

一度に全て決済せずに

少しづつ利益を確保していくということ。

 

 

そうすれば、あなたの

「利益確定したい欲求」を満たしながら

 

同時に

 

「利益を最大限に伸ばしたい欲求」も

満たすことができる。

 

 

毎回うまくいくとは限らないが、

良い訓練方法の一つである。

 

当然のことだが、

何度も何度も

この方法を繰り返し続けて

あなたの心を和らげていかなければならない。

 

「ポジションを長く保有することは怖いことではない」

ということを、あなたが心の底から理解するまで

 

 

利益が伸ばせないと悩んでしまう裏に隠されたモノ

 

損切り位置をスグにずらしてはいけない

 

利益を伸ばすことができないという悩みの裏には

「早い損切り」

「損切り位置をずらす」

ということも深く関係している。

 

相場は一直線に動かない。

つまり、上にいったり、下に行ったりを繰り返し

「振り落とし」ながら動いていく。

 

だから、利益を伸ばす場合には

この「振り落とし」に耐えなければならない。

 

これを無視して

「ブレが怖いから」と早く損切りをしてしまったり

浅い損切りで追いかけていってしまうと

「いいカモが来た」とばかりに食われてしまう。

 

だから、最初に決めた損切り位置をずらす場合は

慎重に動かさなければならない。

 

損切り位置をずらすタイミングとしては

ある程度の押しや戻りを超えてからというのが

一つの目安になるが

あなたの手法によっても変わってくるはずだ

 

「利益が伸ばせない」という悩みの裏には

「損切りが早すぎる」という原因も考えられるので

 

利益確定するまでは

損切り位置を動かさないでトレードしてみる

 

このやり方も、

利益を伸ばすための訓練として

効果的な方法の一つである。

 

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

ページの先頭へ