FX リナとホテルへ

目の前で起きていることが見えないことがある。

 

あるサラリーマン(A氏)が電話をかけていた

 

「はい、いつものリナちゃんを指名します。
 今から一時間後に〇〇ホテルでお願いします。」

 

彼は今から女性と二人っきりになって
「あること」をするようだ。

 

「またあの人、私を選んでくれたんだ!
 あの人、優しいから気に入ってるんだよね」

 

指名されたリナはうれしそうに
いそいそとホテルへ向かった。

 

「こんにちは、リナでーす」

 

「よく来てくれたね、すごく会いたかった」

 

リナとA氏はベッドに座り、見つめ合った。

 

・・・

 

リナがホテルの一室に入っていく様子を
じっと見ている人物がいた。

 

A氏の妻だ。

 

A氏の様子がおかしいのに気づいて
ずっと後をつけていたのだ。

 

・・・

 

一時間後、リナがホテルの部屋から出てくると
A氏の妻はつかつかとリナに歩み寄り問い詰めた。

 

「あなた、私の夫に何をしたの!?」

 

リナは叫んだ「違うんです!誤解なんです!」

 

・・・

 

目の前で起きていることが理解できない、
見えないことがある。

 

私たちは物事を判断するときに
自分の価値観や過去の記憶をたどって
色々な解釈をしている。

 

私たちが見ている全ての事は
自分の過去や価値観だということ。

 

「夫がいかがわしいお店に電話して
 ホテルで女性と会っている」

 

これを自分の価値観と記憶を
通して見ることで

 

「夫は浮気をしている」

 

と結論付ける。

 

・・・

 

自分がトレードし終わった後に
冷静にチャートを見て不思議に思う。

 

「はっきりと下降トレンドなのに
 なぜ底を取ろうと買いばかりしたのか?
 なぜ売りを入れようとしなかったのか?」

 

目の前のチャートを見ているつもりでも
実は自分の過去の記憶、価値観を通して
チャートを見ていたからだ。

 

「下値が堅そうだから反発上昇するだろう」

 

「こんなに下がってるんだから
 そろそろ戻りが入るだろう」

 

目の前に起きている事をありのままに見る
というのは実は結構難しかったりする。

 

トレードルールとはそもそも何か?

 

過去に起きた傾向を自分の味方にすること。

 

「過去にこんなパターンが起きている。
 これからも同じようなパターンで
 動いていくだろう」

 

という予測の元にできているもので
未来を当てたり予想するものではない。

 

しかし

 

「こうなっているパターンだから
 次はこうなるはずだ」

 

と解釈してしまうと
トレードルールとは未来を当てたり
予想するものだと思い込んでしまう。

 

そうなると当たった、当たらなかった
ことにより感情的になって必要な行動が
できなくなったり

 

やみくもにトレードルールに
従うだけになったりする。

 

下がり続けているのに

 

「もう下がるだろう
 そろそろ下がらないとおかしい」

 

自分勝手に解釈し始める。

 

「これは下降トレンドだった」

 

気づいて売りを入れ始めてももう遅い。

 

相場が反転する頃だからだ。

 

「しまった、なぜもっとはやく
 気づかなかったんだろう!」

 

ますます頭に血が上って
目の前にあるチャートが
さらに見えなくなってしまう。

 

利益を出すことが大切なのに
リベンジすることの方が
重要になってくる。

 

「おかしい、俺はこんなハズじゃ
 なかったのに!」

 

必死で今までの負けを取り返そうとする。

 

ドツボにハマっても頭のてっぺんまで
泥沼にはまり込むまで気づかない。

 

なぜこんなことになってしまうのか?

 

「俺は全て分かっている。見えている」

 

と思い込んでいることに気づいていないから。

 

「上手にトレードしよう」

 

と思ってしまっているから。

 

見えていないしわからないし
上手にトレードなんかできない、

 

ってのが自然に出てこない限り
迷路にはまり込んでしまう。

 

・・・

 

リナはA氏の妻に話をした。

 

「奥さん、冷静になって
 私の話を聞いて頂けますか?」

 

「奥さんには、娘さんがいましたよね?

 

 小さい頃にAさんがよく絵本を読み聞かせて
 いたって聞きました。

 

 でも、事故で亡くなったんですよね?」

 

「その娘さんに、私が似ていると
 Aさんはおっしゃいました」

 

「娘と一緒にいると思って、少しの間だけ
 絵本を読ませて欲しいと彼は言いました」

 

「そういう理由で、いつも私に
 絵本を読んでいただけなんです」

 

「誤解されることは覚悟していますが
 奥さんの考えているような関係ではないのです。」

 

・・・

 

A氏の妻はリナの説明を聞いて
どう思っただろう?

 

自分の過去の記憶、価値観を通さずに
目の前に起きている出来事を捉える事が
できただろうか?

 

それとも

 

「そんなイイワケが通用すると
 思ってるの!?」

 

鬼の形相でA氏の元へ
走っていっただろうか・・・

 

FXで稼げる通貨ペア選択方法をズバリ公開

FX始めたころ、どの通貨ペアを選んだらいいのか

よくわからなくて散々迷ったことがあった。

 

「一番なじみのあるのがドル円だから

 ドル円が稼ぎやすいんじゃね?」

 

って思ってたんだけど、色々調べたら

ドル円は流通量が少ないから思ってるより

難しい通貨っていうのが分かった。

 

ドル円はスプレッド(手数料)が少ないから

スキャルピング(超短期売買)に向いてて

利益を出してる人が多いって聞くんだけど

 

実際には短期の売買をする人が多いせいか

急な反転とかが多くて素早く判断しなきゃ

あっという間に損失になるってことが多かった。

 

「うーん、私にはドル円は向いていないかな」

 

で、ドルの次に流通量の多いユーロがいいんじゃね?

ってなってユーロドルに手を出すことにした。

 

ユーロドルはスプレッド(手数料)も小さいし

流れが出やすいってよく聞くからきっとラクに

稼げるに違いない!って思った。

 

・・・けど動く時はいきなり大きく動いて

動かない時はちっとも動かない・・・

 

こりゃダメダって思ってポンド円に手を出すことにした。

 

「ポンド円は値動きが激しいけど大きく動くから

 1トレードで100pips以上でも普通に狙えるよ」

っていうことを聞いて興奮した。

 

「いい通貨見っけた!これで大きく稼げる!」

 

って思ったけど反対に動く時も大きいから

損切幅も大きくなって思ったほどうまくいかなかった。

 

ユーロ円、ポンドドルにも手を出したけど

流れがいまいちつかめず難しいなぁ~って感じた。

 

そんなとき、「豪ドル米ドル」っていう通貨を発見した。

 

「この通貨は特徴があって、いったん流れが出ると

どんどん一方向に動くことが多いんだよ」ということだった。

 

なるほど、「流れが出たな」って思ったら素直に

その方向に売買すればうまくいくんだなと思い

動いている方向にどんどんエントリーしていった。

 

最初は割とうまくいった。

取れる時も大きく取れる。

 

でもそのうち流れがよくわからなくなって

スプレッド(手数料)も大きいしで、利益が

出せなくなっていった。

 

じゃぁ豪ドル円はどうかな?って思って手を出したけど

これまた動く時は動くけど、動かない時は全然動かなくて

結局トータルマイナスで終わってしまった。

 

「で、結局どの通貨を選べばいいんだよ!」

って憤慨したんだけど・・・

 

最終的にはメジャーな通貨からとりあえず一つ選んで

 

・ドル円

・ユーロドル

・ユーロ円

・ポンドドル

・ポンド円

・豪ドル米ドル

・豪ドル円

 

デモトレードで利益が出る方法を

脳を酷使して工夫して探し出して

 

とりあえず利益がでる方法を見つけたら

ひたすらそのやり方を磨いていく

っていう方法が一番近道なんだな~

 

って、何年か後に気づいたとさ。

FXで勝てないのはテクニック不足だから?

FXで勝てないのはテクニック不足だからだろうか?

 

デモトレードで勝てているならテクニックは

十分身についているのではないだろうか?

 

デモトレードとリアルトレードには

大きな壁が存在することに気づいたら

どうなるだろうか?

 

デモトレードとリアルトレードのギャップは
どうすれば埋められるか?

 

その方法はたった一つ。

 

~~~~~~~~~~~~
自己コントロール力を磨く
~~~~~~~~~~~~

 

自分の行動を少しづつ変えて自己コントロール力を
鍛えればトレードがうまく回り始めるだろう。

 

私がトレード初心者だった時代、トレードを
軽視していたときがあった。

 

なぜ軽視していたのか?

 

トレードは家の中で独りぼっちでやることが多い。

相手はパソコン画面。

 

なんとなく対等な関係、いや『パソコンの方が
私より下』という気持ちが強かった気がする。

 

「どうにかすりゃぁ組み伏せるだろう」

みたいに思っていた。

 

「トレードは難しくない。カンタン。ラクに稼げる。」

 

思考的にはまちがった考えではないが
それが違った方向に向いていたんだ。

 

「手を抜いても稼げるだろう」と思ってた。

たとえば・・・

 

・テレビを見ながらトレードしても勝てるだろう

 

・ゲームしながらトレードしても勝てるだろう

 

・お酒を飲みながらトレードしても勝てるだろう

 

・ちょっとくらい体の調子が悪くても勝てるだろう


そういう状態で『勝てる時もあった』から
ダメなことだとなかなか認識できなかったんだ。

 

あるいは、「FXはカンタンに稼げるよ」と
煽るようなさまざまな広告を見たことによる
記憶の刷り込みが起きていたのかもしれない。

 

FXはいわば「世界大会」のようなものだ。

 

世界中の人がそれぞれの通貨を
一喜一憂しながら取引している。

 

その中の一人だという想像力が私には
足りていなかった。

 

例えば

「ゴルフの世界大会に出場する」

「マラソンの世界大会に出場する」

「野球の世界大会に出場する」

 

そんな選手と同じ状態にいるってこと。

 

世界大会に出場するのにお酒を飲みながら
試合に出て勝てると思う?

 

ちょっとくらい体調が悪くたって
勝ち進むのはカンタンだと思う?

 

「いいえ、あやなさん、そんな人は
 スグに予選敗退してしまうでしょう」

 

そうだね。

あなたのいうとおりこてんぱんにやられるだろう。

 

トレードの世界もこれと同じだったんだ。

 

そう考えると、「もっと真剣にFXに
取り組まなきゃならないな」って気持ちに
ならないだろうか?

 

・トレードする時はテレビを消して集中する

 

・ゲームや雑誌を見ながらとか、他のことを
 やりながらトレードしないようにする

 

・お酒を飲んでトレードするならトレードせずに
 お姉ちゃんの店に行った方が100倍マシ

 

・身体の調子が悪いなら正常な判断はできない。
 休養に全力を注ぐべし。

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ