高確率トレードは悪いのか

『高確率トレード』

この言葉を聞けば誰だってワクワクしたり、

ものすごく素晴らしいイメージを持つと思う

 

確かに、確率の高いトレードをするならば

気持ちに余裕が持てたり、

安心してトレードできるという部分があるかもしれない

 

実際、高確率トレードで

利益を出し続けることができている人もいるだろう

 

 

 

しかし、今現在あなたが利益を出せるトレードが

できていないのならば

高確率を求めたとしても失敗に終わるか、

あるいは勝てる「手法」を長い期間探し続けることになるだろう

 

これは「そんなバカなことを自分がしてる訳がない!」と

気づかずに追い求めてしまうのでやっかいだ

 

なぜ高確率を求めようとするのか、

それは損切りが嫌だから、

一度掴んだ利益を手放したくないから

自分のテクニカル分析は絶対に間違っていない!と

思い込んでいるから

(これもまた知らず知らずに思い込んでいるため、

 自分では気づくことができない場合が多い)

 

 

高確率トレードを追い求めていると気づくためには

どうすればいいのか

 

・エントリーするのが怖い

・損切りに引っかかるのが怖い

・一度乗った利益が少なくなるのが腹立たしい

・一度は利益になったのに反転してしまい

 損切りになると悔しくて仕方がない

・ポジションをホールドしていることが非常に苦痛に感じる

 

こういった感情が沸き上がっている間は

高確率トレードを

無意識のうちに探し回っていると思ったほうが良い

 

 

 

それならばこれに対処する方法はあるのだろうか?

 

上昇ブレイクアウトならば高値を越えた瞬間にエントリー

(下降はその逆)

逆行したら決めておいた損切り位置で決済、

順行して利確ポイントまで来たならそこで決済

(途中で反転しかけてもエントリー前に決めていた損切りポイント、

 利確ポイントまでいかなければ保有し続ける、

 つまりエントリーした後は最初に決めた損切り位置か

 利確位置にくるまでポジションをいじらないということ)

 

損切りした後に再上昇(下降)してブレイクしたら再度エントリー

逆行したら同じように損切り、

順行すれば決めておいた利確方法で決済

 

とにかくこれを繰り返してやってみる

 

レンジならば反転を確認した瞬間にエントリー

最初に決めた損切り、利確位置のどちらかにたどり着くまで

ポジションをいじらない

損切りになってもまた同じような形になれば再度エントリーする、

を繰り返す

 

押し目買いなら押しが入って上昇した瞬間にエントリー

(戻り売りはその逆)

同じように損切りか利確ポイントにたどり着くまで保有する

騙しに合っても再度チャンスがくれば即エントリーする、

そして繰り返す

 

これをデモ口座、あるいは最小単位(できれば1000通貨単位)でやってみる、

そして繰り返す

 

20トレードほど記録がたまったら、それを検証してみる。

利益になるのが多かったパターン、そうでないパターン、

自分が得意な場面を見つける

 

高確率トレードを探す前にとにかくこの方法を実際にやってみる

損切りをする行為、利確する行為、あるいはホールドしている最中

これらに対して一喜一憂することがいかにくだらないことか!

 

 

ここで忘れてはならないことは、

最初から利益は出せないということ

 

だからデモ口座で始める方が良い

ただし、デモ口座で利益を出すことができたとしても

実際に資金を入れてトレードすることとは

プレッシャーの度合いが全く違う

 

だからリアル口座では最小単位から始める必要がある

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する
ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございます

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!
最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ