実弾トレードにすると急に下手になる

実弾エントリーをすると途端に緊張して
いつもやってるトレードが全くできない

 

どうすればデモトレードと同じように
トレードできるか?

 

「慣れだろ!」と言う人もいるが、
それで解決できないこともある。


原因1
失敗したくないという強い気持ちを

持ち過ぎている

 

「1回でも失敗トレードをしてはダメ!
 損切りになっちゃいけないんだ!」

 

真面目な人ほど「失敗(損切り)したら

怒られる!」みたいな感覚を持って

しまいがちだ。

 

「失敗(損切り)しても、まぁいいや」

くらいの不真面目さを持つことで解決

できる場合がある。

 

トレーダーによっては、緊張しないように

最初に最小枚数で小さく損切りの練習を

する人もいる。

 

『とりあえず負けておく』ことで、

 緊張をほぐす。

 


原因2
取引枚数が大きすぎる

 

最初から大きな通貨枚数で取引すると

負けた時のショックがより大きくなり、

肩に力が入りがち。

 


「負けても痛くもかゆくもない」金額で
 実弾練習するのも一つの方法。

 

その代わり、「勝っても利益がほぼ

見込めない」から、ダラダラ続けずに

練習期間を決めておくほうがいい。

 

※「20連敗してもまだ勝負できる範囲で

  賭ける」というのが通常のトレード。

 

痛くもかゆくもないほどの少ない枚数で

練習を重ねてみる。


原因3
・お金に困っている

 

「生活するのも大変なくらいお金に困っている」
「お金を借りてトレードする」

 

こういう状況の場合、お金の重要度合いが

大きすぎてまともなトレードができない

場合が多い。

 

「失ったらちょっと困るけど、生活が

 困ることはない」

 

くらいの状況でないと、より難しくなりがち。

 

実弾トレードを始めたばかりの時期は、

変な失敗を一個でもやると、急激に自信を

失って、トレードが崩れることがよくある。

 

自信を回復するには、

 

「練習で損切りになったあとどんなトレードをしたか」

「どう行動すればよかったか」


を繰り返し確認する。

デモで損切りになったあとに、

自分はどうしていたか?

 

「デモで損切りになったあとにルール通り

 トレードすれば損失分を回復できていた」

 

これを何度も繰り返し確認する。

 

実際にトレードするときは「損切りになった後でも
ルール通り、冷静にトレードしておけば大丈夫」
という紙を、見えるところに貼り付けておく。

 

貼り付けておいた紙を確認しながら

トレードするという工夫で克服できる。

 

どれだけ練習を重ねて身に付けても、

実弾になった途端全ての練習がムダに
感じて不甲斐無く思ってしまうのも

よくあることだ。

 

「こんなことやってらんねー!ムリムリ!」と
マウスを叩きつけたことはよくあった。

 

ここは、歯の食いしばりどころだ。

 

「練習してきたんだから、大丈夫。
 同じようにトレードすればいい、大丈夫」

 

と呪文のように唱える。

 

「絶対に自分に負けない!!!やってやる!!」

 

と、強く願う気持ちも同時に大切になる。

あとは、「たかが、トレード」と一歩引いてみる。


損切りになったとしても「ま、そんなもん」だ。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ