裁量トレードとはなにか

「裁量トレードをしてエントリーサインを取捨選択したら

ルール違反じゃないの?」

 

にほんブログ村

ブログランキング

 

 

左のサイドバーに『あなたのトレードの悩みに関するアンケート』を置いている。

悩みの多い項目があれば、どんどん記事にさせていただこうと思っている。

 

 

で、コメント欄に「裁量トレードって一体なに?」というご質問があった。

 

「裁量トレードをしてエントリーサインを取捨選択したら

ルール違反じゃないの?」

「だいたい、裁量トレードって一体なに?」

疑問に感じるところだと思う。

 

 

裁量トレードでのエントリーサインの取捨選択は

ルール違反ではない。

 

 

ちなみに、私が言う裁量トレードというのは

感情トレードや

「高そうだから、買う・売る」

「安そうだから、買う・売る」といったものではなく

テクニカル分析に基づいたトレードのことを言っている。

 

 

これまでに経験してきた何千、(人によっては何万もの)トレードの中から

「あ、このパターンは違うな」という部分を

一瞬のうちに脳というコンピュータから引き出しているだけである。

 

つまり、エントリーを取捨選択する

微妙な感覚のルールが出来上がっているということ。

 

 

例えば

システムトレードでは、サインが出れば

全てその通りにエントリーしなければならないのに対し

 

裁量トレードでは、サインを取捨選択する。

サインは出ているけど、トレードしないということがある。

 

 

どんな時にトレードしないかというと、

私の場合は

・チャートの形が綺麗じゃない

・流れに勢いがない…etc

などがあてはまる。

 

「前回安値は下げてるんだけどね~

この時間とこの値動き・・・エントリーは見送ろう」

こんな風に考えたりしている。

 

安値を下げたらエントリーするというルールを持っているのに

安値を下げてもエントリーしない。

そういうことがある。

 

 

しかし、それはルール違反のようで

ルール違反ではない。

 

もちろん、この判断をしたからといって

かならずその通りになるわけではないが

損切りになってしまうトレードを

かなりの確率で避けることができる。

 

 

というか、この取捨選択ができなければ

裁量トレードで勝つことはムリなんじゃないか?とも思ってしまう。

 

 

当然のことだが、

最初はどれを選択して

どれを避ければよいのか全くわからない。

 

 しかし、記録を見直したり、

自分のクセを見つけることで

「あ、このパターン、負けるパターンだな」と

認識することができる。

 

さらに、

「あ、このパターン、こっちに動くな」

というところまでわかってくる。

 

 

当然、常に当たるわけではない。

 

 

ここはエントリーした方がいいな

ここは見送った方がいいかな

 

なぜわかるのだろう?

改めて考えると自分でも不思議だ。

しかし、魔法でもなんでもなく

チャートと、自分と向き合った結果なんだろう。 

 

 

「ここはエントリーしたくないんだけど、エントリーしないとだめだ」

こんな感覚も、また、ある。

 

 

【これまでのお悩みに対する記事はこちら】

 

・お金がない、資金がない、あなたならどうする? 

 

・勝てるチャートパターンをどうやって見分けるの? 

 

・「ビクトリーメソッドアドバンス【VMA】」勉強後、
どのような途中経過をたどって勝てるようになったのでしょうか。
また、どのくらいの期間で勝てるようになりましたでしょうか。

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ