トレードで利益を伸ばすための効果的な練習方法とその裏に隠された問題

トレードで利益を伸ばすためにカンタンにできる練習方法と、

利益が伸ばせないと悩んでしまう裏に隠されたモノ。

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

 

まずは、利益を伸ばすためのカンタンな練習方法。

 

この方法は、あなたの「利益を確定させたい!」という欲求と

「利益をなるべく伸ばしたい!」という欲求

このどちらも叶えながら

トレードの練習ができる効果的な方法だ。

 

その方法とはコレだ。

 

 

少しづつ利食っていく。

 

 

少しでも利益方向に動いたら

保有ポジションの何分の一かを利食う。

 

次に少し大きめの目標に届いたら

また保有ポジションの何分の一かを利食う。

 

そうやって徐々に利食っていき

最終目標までポジションを保有できるように訓練する。

 

一度に全て決済せずに

少しづつ利益を確保していくということ。

 

 

そうすれば、あなたの

「利益確定したい欲求」を満たしながら

 

同時に

 

「利益を最大限に伸ばしたい欲求」も

満たすことができる。

 

 

毎回うまくいくとは限らないが、

良い訓練方法の一つである。

 

当然のことだが、

何度も何度も

この方法を繰り返し続けて

あなたの心を和らげていかなければならない。

 

「ポジションを長く保有することは怖いことではない」

ということを、あなたが心の底から理解するまで

 

 

利益が伸ばせないと悩んでしまう裏に隠されたモノ

 

損切り位置をスグにずらしてはいけない

 

利益を伸ばすことができないという悩みの裏には

「早い損切り」

「損切り位置をずらす」

ということも深く関係している。

 

相場は一直線に動かない。

つまり、上にいったり、下に行ったりを繰り返し

「振り落とし」ながら動いていく。

 

だから、利益を伸ばす場合には

この「振り落とし」に耐えなければならない。

 

これを無視して

「ブレが怖いから」と早く損切りをしてしまったり

浅い損切りで追いかけていってしまうと

「いいカモが来た」とばかりに食われてしまう。

 

だから、最初に決めた損切り位置をずらす場合は

慎重に動かさなければならない。

 

損切り位置をずらすタイミングとしては

ある程度の押しや戻りを超えてからというのが

一つの目安になるが

あなたの手法によっても変わってくるはずだ

 

「利益が伸ばせない」という悩みの裏には

「損切りが早すぎる」という原因も考えられるので

 

利益確定するまでは

損切り位置を動かさないでトレードしてみる

 

このやり方も、

利益を伸ばすための訓練として

効果的な方法の一つである。

 

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ