本当のトレーダーは勝率が低いのか

 

本当のトレーダーは勝率が低いのだろうか

 

トレードの勉強をしていると

勝率なんて関係ない!

という情報が入ってくる。

 

この情報が入ってきた時に最初に感じることとしては

 

本当に勝率なんて関係ないの?


勝率が高いほうが勝てるんじゃないの?


本当はやるトレードやるトレード勝ちまくってるから

利益を上げることができているんじゃないの?

 

それとも勝率が高いと逆に勝てないということなの?

 

と、こういったことが多いと思う。

 

勝率が低くても勝てるというのは本当だが

ここで勘違いしてはいけないのが

勝率が低い=勝てる

勝率が高い=負ける

単純に結びつけてはいけないということ。

 

 

結論から言えば

勝率が低くても 勝てるしtikarakobu.jpg

勝率が高くても 勝てる

 

しかし、勝率が低くても勝てるからと、

めちゃくちゃなトレードでいつでもトレードして

利益を上げられるわけではない。

 

勝率が低いパターンではあるが、

利益になるときは大きく取れるから

そのチャンスが来れば迷わずにエントリーする。

その結果トータルで利益が出せる、ということだ。

 

勝率が高くても勝てるというのは、

最初から利益幅を決めており、

勝率の高いパターンだけをしっかり狙って

チャンスでない時は絶対にトレードしない。

 

狙った利益幅だけで満足し、

その後に100pipsだろうが200pipsだろうが

ぶっ飛んでいったとしても

後追いをせずに

また自分の計画したトレードだけを実行できる、

規律正しいトレーダーならではの手法だということ

 

極端に言えばこのように分けられる。

 

 

どちらの手法を学んだほうが有利かは

あなたの環境や性格にもよるから自分で判断すると良い

 

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ