トレードとF1の関係とは?

F1に興味がある人はいるだろうか。

昨日行われた英国GPではマーク・ウェバーが二勝目を挙げた。

最後の逆転で楽しむことができた人は結構多かったと思う。

 

ところで、F1ドライバーと聞くと

どういうイメージを思い浮かべるだろうか。

 

良かったら何でもいいので

少し色々と想像してみてほしい。

 

『モータースポーツの最高峰 F1のドライバー』 

 

  ・   ・   ・   ・

 

速い車に乗って運転している人

同じところをグルグル回っている人

自分もF1のような速い車に乗ってみたい。それだけで稼げるのだから、など

 

色々と思い浮かぶことがあるだろう。

 

『F1ドライバーは超人的な体力がある』

 

こんな想像をした人はいるだろうか。

 

フルマラソンならば2時間台で走りきってしまうなんて

普通にできる。

 

これを聞いてもっともだと思っただろうか、

それとも少し驚いただろうか。

 

・300km/hも出る車をコントロールし

・一時間以上も同じところをグルグル回り

・1周につきコンマ何秒を争う

 

そんな世界であるならば、

それを運転する人も

それに匹敵する人物であるはず

 

そう考えれば

超人的な体力を持っていると想像することは

そんなに難しくはないはずだ。

 

 

 

で、トレードの話と何の関係があるかって?

 

例えば、チャートを見ると

陰線と陽線が交互に出ているようなチャート。

 

パッと見は、うまく流れが掴めないような難しい相場だ。

 

「次は上にいくだろうか、

それとも下にいくだろうか

買いで入ろうか、

それとも売りで入ろうかな?」

 

単純にそんなことを考えてはいけない。

 

 

ここで想像力を働かせなければいけない。

 

「今は良くわからない流れになっているな、

きっと他の人もこのチャートをみてそう感じているだろう。

だとすれば、今は手を出すべきではない。」

 

などと自分の目線だけではなく、

他人の目線を想像しなければならない。

 

 想像力をたくましくさせる、ということが

トレードにおいても必要である。

 

 

ひとつの情報から

色々なことを想像するクセを

普段からつけておくことは

ドレードにおいても優位性を持たせてくれる。

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ:雑記  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ