今日も、思っていることをだらだらと書いてみた

年末になって、トレードもひと段落。

 

最近の自分のトレードを振り返ってみて

「下手くそだなぁ・・・」と少し自己嫌悪におちいりながら、

ずいぶん昔のトレード記録を引っ張り出してみた。

 

するとそこには今よりももっとヒドイ

トレード記録がずらっと並んでいる。

 

・どう見ても売りしかないやろ?という場所で

 売りと買いを交互に行い損切の大量生産

 

・どれがどの時間足なのかわからないようなチャートを記録している

 (後から見た時にスグにチェックできない)

 

・そんなところで利確する!?もったいない・・・

 

・トレードしすぎやろ!!ポジポジ病発症しすぎ。

 

そのほかもろもろ

 

今でこそ、自分の過去のヒドイトレードを見ると

「あぁ、ここが悪かったんだな、

ここを修正すればもっと早く成長できたのに」

そうスグ判断できるが

当時は何が悪いのか全くわからなかった。

 

いや、悪いとすら思っていなかった。

悪いことが悪いと自分で気づいていないから

わかるはずないんだよね。

 

悪いと思っていないから、人に聞こうともしない。

ちょっと聞けばスグに解決することなのに

それがわからない。

 

この辺、結構大きな問題だ。

 

 

商材とか買って、サポートついてるんなら、使い倒すべき。

「サポートする人が、忙しそうだから、ちょっと控えようかな・・・」

そんなことは思わずに、ガンガン使い倒さないとダメ。

お金払ってるんだから、その権利はあなたにある。

権利は使わないとイミがない。

 

「ちょっと、頻度が多いんで抑えてもらえますか?」

そう言われてから抑えればいい。

 

トレードで勝ちたいんだろ?お金を稼ぎたいんだろ?

神経図太くならないと稼げないよ?

 

ふつうの感覚で考えてたら

トレードで利益上げるなんてできない。

 

ふつうの感覚を越え出したら

トレードで利益を上げられるようになる。

 

・・・でも、「相手を想ってサポートを使い倒さない」

そんな奥ゆかしいところが日本人のいいところでもあるよなぁ。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

 

カテゴリ:雑記  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ