大きな利益、小さな利益 GW中の注意すべきこと

チャートが上昇していく場面で、

あ~ どうしようと躊躇し、

見ているとぐんぐん上昇していって、

もうこれ以上我慢できない!と思ってからようやくエントリー、

 

それを見計らっていたかのように勢いがピタッと止まり、

結局少しの利益しか取れない、

あるいは少しの押しに引っかかり損切りとなる

 

悔しい!

グーンと伸びたのに取れなくて、

自分は何てバカなんだろう!と思ってしまう

 

 

 

自分を責めるのは自由だが、

自分を責めていれば

次に同じようなチャートで利益にすることができるのか?

 

 

それじゃぁ、大きく動いた時に

うまく乗れる人はどういう人なんだろうか、と考えてみる

 

大きく取れる状況とはいわゆる「ブレイク」が起こっていることが多い

しかし、ブレイクする確率というのは普通は低い

ブレイクだけを狙ってトレードをするということは、

普段は小さな損切りが多発するということ

 

ブレイクしなくてもあたりまえ、

きっと今回も騙されて損切りなんだろうな、と思いながらも

ブレイクポイントに来たならエントリーするという行動を

常に取っている人だけが利益にすることができる

勝率は低いが損小利大で利益とするタイプのトレード

 

 

これとは別に勝率が高く、細かく利を取っていくタイプのトレード、

ある程度の利が出ればそれ以上は追求しないタイプ

このトレードをしているならば、

たまに出る大きな波はとることができないのが普通

 

どんなに大きく動いた相場であっても

自分が決めていただけの利益が取れれば

それだけで成功ということになる

 

残りのぐーんと伸びた利益がとれなくても、

ま、そんなもんだよねーと気にしない

 

 

 

この二つのトレードをうまく使い分けることができれば

かなり安定したトレードをすることができる

 

しかし、最初のうちに二つともやろうとすると

混同してしまいうまくいかない確率が高くなる

 

 

なかなか利益が上がらなくて困っている場合は、

自分がどちらのタイプが合っているのかを考え

やりやすい方に集中したほうがよい

 

 

GW中のトレードで注意すべきこと

休みだから普段よりもたくさんトレードする時間が取れる!と

わくわくして気合が入っているかもしれない

 

しかし、トレードは全て相場が基準であり

あなたがトレードする時間が増えたからといって

あなたの思うとおりに相場が動いてくれるものだと思わないほうがよい

 

もしかするとトレードできないようなこう着状態になるかもしれない

期待すればするほど 

トレードができなかった時の不満が大きくなってしまい

手を出してはいけない時に出してしまう

 

ただ、そういった嫌な経験をしないと

結局は身に付かない、ということも大いにあると思う。

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ