ポジポジ病を発狂するほど経験したあとに

連続して損切 ⇒ 値が大きく動く 

⇒ しまった!乗り遅れた!と思わずエントリー ⇒ そして損切

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

私はこんな状況を「もう、イヤだ!」というほど経験してきた。

発狂寸前までいったこともある。

 

トレードが崩れる原因としては

こんな気持ちになっている時が多かった

 

 

・勝とう勝とうという気持ち

 

・大きく動いているのに取れない!というくやしさ


・みんな利益を手にしているのに

自分だけが下手なトレードをしているのではないかという不安

 

・損切になって悔しいという気持ち などなど。
 
 
 
こういった色々な感情が
私の心の中でグルグルとまわっていた。
 
 

特に、どの通貨も大きく動いているのに

取れなかったり、損切になったりすると

普段の相場付よりも、より悔しかったり、
より焦ったりする気持ちが大きくなっていた。
 
なぜなら
後から見ると簡単そうな相場に見えるからだ。
 
 
でも、簡単な相場なんてないんだ。
はっきりとわかる上昇トレンドの状態であっても
実際には細かく上下しているものだから。

 

 

 

はっきりとわかる上昇トレンドの状態であっても

タイミングをとることは意外と難しい

 

 

 

「もうすぐ反転するのでは?

そろそろ動きが止まるのでは?

もうこれ以上は上昇しないだろう。」

 

そんな考えも頭をよぎる。

 

『トレードは常に非常に難しいものだ。

たとえはっきりとわかるトレンド状態の中であっても』

 

 

そんな考えを常に持っておく必要がある。
 
 
ポジポジ病をなくすために必要な考え方の一つとして

 

『トレードできるポイントは少ない』

という考えをしっかりと認識しておく必要がある。

 

そして、「トレードできるポイントは少ないんだ」と

はっきり認識するためには

チャートポイントをきちんと理解しておく必要がある。

 

あなたは、チャートポイントをきちんと理解しているだろうか。

 

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ