ロスカットになってもいいんです

「なんでこんなところでエントリーしたんだろう」

「もっとエントリーチャンスを吟味すればよかった」

 

損切りロスカット)になるとこんなふうに

自分を責めていた。

 

「なぜ損切りになってしまった」のか、「エントリー

すべきポイントを間違えたのかそうでない」のか

ただ検証すればよかっただけの話なのに、

自分をとても責めていた。

 

「100%利益になるポイントでエントリーするって

いうのは、魔法を使うか永遠に塩漬けしているかの

どちらかでしかない」と今では断言できる。

 

損切りに引っかかったら、逆に「資金を守ることが

できて良かった!」と喜ぶべきだった。

 

トレードをやっていると何度も連続して損切りに

引っかかってしまう。しかも損切りに引っかかった

後に自分がエントリーしていた方向に動く、と

いうことがとてもよくある。

 

これは誰もが経験することだ。

 

稼げていない人はもちろん、稼げている人も

経験することだ。

 

ここでどう考えるかが、トレードで勝てる

ようになるために大きく差がつくポイントだ。

 

「待っていたらエントリーした方向に動くのだから

損切りをしないで待ってみようか・・・?」

 

そんな考えが浮かんでしまうとまずいことになる。

 

「待っていたら利益になった!」なんてことを

もし経験してしまえば、破滅への道へ進んで

いるようなものになる。

 

損切りの大半が「待っていたら利益になって

いたトレード」かもしれない。いや、ほとんどの

トレードが待っていたら利益になるだろう。

 

でも「待たずに損切りすること」があなたの

資金を守ってくれているのだ。

 

そのありがたみを忘れて「損切りが嫌だから」

と価格が戻ってくるのを待っていると、あなたが

忘れたころにやってくる。

 

あいつがやってくる。

 

強 制 ロ ス カ ッ ト

 

心当たりはないだろうか?

 

 



 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ