とあるトレーダーの1日

朝は7時~8時に起床。

 

起きたらスグPCの電源を入れ、

チャート画面を立ち上げる。

 

8:30くらいからチャートをチェック。

トレードできそうな通貨があればトレード準備。

微妙なチャートなら15時まで自由時間。

 

9時~11時過ぎまでチャート画面をチェック。

トレードできそうであれば入るし、入れそうで

なければ自由時間。

 

お昼は休憩時間。

ご飯を食べて眠くなったら少し昼寝をする。

 

15時くらいからトレードの準備。

チャート画面をチェックし、トレード戦略を練る。

ひどいチャートなら21時まで自由時間。

 

トレードできそうならトレードし、微妙なチャートなら

画面をたまにチェックしながら自由時間。

 

17~18時までにトレードチャンスが

来なければいったん終了。

 

ポジションを持っているときは時々ポジションを

チェックしながら他のことをやったりする。

 

21時くらいからチャートチェック。

 

よくわからんチャートならその日は終了。

後は自由時間。

 

チャンスが来ればトレードし、チャンスがまだなら

チャートをチェックしながら自由時間。

 

夜12時~1時までにポジション整理。

逆指値やOCO注文を出して就寝。

 

ポジションを取る30分~1時間前程度は

集中するように心がけている。

 

基本的に自由時間なのでヒマなことが多い。

朝は寝坊することもある。

 

ヒマすぎて、やばい時があります。 くりっく↓


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

あなたが気づかないうちに迷路にはまる理由

トレードを知ると迷路にはまることがある。

 

トレード手法を覚えてトレードしてみると

あっさり利益を手にすることができる。

 

初心者ほどカンタンに利益を手にできたりする。

 

損切の経験が少ないから、怖いとか

不安だと感じずにトレードできるからだ。

 

ちょっと経験を積むと怖いとか不安とか

期待とかするようになる。

 

「おおーっ この形は大きく伸びそうだな。

 きっとかなり儲けられるぞ。グヒヒ」

 

なんて雑念が頭をよぎる。

 

「よーし テクニカルはオッケー

 チャートの形もいいし、トレンドも出ている。」

 

「完璧なエントリーだ!」

 

これから手に入るであろう大きな利益を

夢に見てワクワクドキドキのトレードが始まった。

 

残念ながら期待したとおりに価格は動かない。

 

「あーあ、ザンネン。まぁこういう時もあるか」

 

冷静に自分を取り戻せればいいが

これに失敗すると悲惨な目に遭う。

 

「なんでだ!なんで損切になるんだ!

 今回はかなり大きな利益になるはずだったのに!」

 

「おかしいなぁ。絶対に上昇すると思ったのに!」

 

「そうか!この上昇が否定されてテクニカルでは

 下降の形になって・・・この分析によれば

 これからまた下降が始まるな」

 

自分ではテクニカル分析をしっかりやって

ルール通りのトレードをしていると思っている。

 

「よし!これは売りのチャンスだ!」

 

そして、また損切。

 

「なにーっ 今度も損切だと!じゃぁ

 分析が間違ってて今度は買いか!?

 買いなのか!?」

 

「そうか。こう分析してテクニカル的には

 上昇の力がたまっていて今度は買いが

 強くなったんだな!今度こそ買いだ!」

 

あたかも冷静に分析してルール通りに

トレードしているつもりなんだが、実際は違う。

 

『トレードしたくて、利益を上げたくて

 トレードする理由を頭から絞り出しているだけ』

 

冷静なトレードではなく、感情的にトレードしているということ。

 

感情的にトレードしても利益を手にすることもあるが

それはワナだ。最終的には必ず損失にたどり着く。

 

自分では感情的な理由でトレードしているとは

これっぽっちも思っていないのに、実際は

思いっきり感情的なトレードをしているわけだ。

 

そうならないように自分を客観的に見て

コントロールできるようになれればいい。

 

あー だから記録をとれって言ってるんだね!クリック↓


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

使えるインジケーターの探し方

「実際に役立つインジケーターが知りたい」

 

「レンジブレイクしたときにサインが出る
 良いインジケーターが知りたい」

 

というご質問が多い。

 

インジケーターというのは、移動平均線とか

ボリンジャーバンドといったトレードする時の

指標を表すプログラムのことだ。

 

自分で加工して新しいインジケーターを

作り出すこともできる。

 

役立つインジケーターっていうのは

相場に合ったものが一番だ。

 

ブレイクアウトが多い相場ならブレイク

アウトで良く機能するインジケーターを選ぶ。

 

レンジ相場ならレンジで良く機能する

インジケーターを使う。

 

選んだインジケーターの一体どういう

ところが優れているかに注目する。

 

そうすれば、それほど難しく考えずに

選ぶことができるだろう。

 

インジケーター自体はどれでも機能する

わけだが、使うタイミングを間違えると

損切が多発したり、うまく機能しなかったり

するということ。

 

例えば、レンジブレイクのインジケーターなら

ブレイクしたら常にサインを出すだろう。

 

インジケーター自体は単にサインとなる

動きになったからサインを出すだけで、

全体の動きまで考慮しているわけではない。

 

だから人間の頭で考える。

 

「出されたサインに乗ってもいい相場か?

 ブレイクしてもおかしくない相場か?」

チェックする。

 

サインが出たからといって毎回エントリー

していてはダマシに遭いすぎてうまく

いかないだろう。

 

相場全体の様子を判断してから

サインを選ぶとうまくいくだろう。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ