優位性を意識する

FXにおいて常に優位性という言葉を忘れてはいけない

 

相場なんて結局は上にいくか下にいくかの

丁半博打でしかないんじゃない~?という考えもあるが、Dollar.jpg

トレンドはフレンドという格言もあるわけで

 

また、勝ち続ける為には

やはりそれなりの理由があり

その理由の一つが優位性に賭けるというものであるから

 

 

移動平均線よりレートが上にあるならば

買いに優位性があり

移動平均線より下にレートがあるならば

売りに優位性がある

 

最初はこの優位性を意識してトレードすることが

上達するための有効な手段の一つである。

 

もちろん、移動平均線よりレートが上にあるとしても

逆張りの売りから入って利益をあげることは可能であり

それをメインの手法とする稼げるトレーダーはたくさんいる

※『俺は逆張りの方が合っているし、逆張りをやりたいんだ!!』と思う人に

無理やり順張りに変えろ!などと意見するわけではありません

 

しかし、私はそれは熟練した、あるいは

熟練度は低くてもレベルの高いトレーダーだからこそ

できる技であると思うし

ほとんどの人はそうでないのだから

最初から逆張りを行うよりも

順張りでエントリーするほうがリスクが少ないと考える。

 

 

また、大きく利益を上げられる相場というものは

主にトレンド状態であるということも理由の一つになる

 

 『そう言われても~ 順張りなのか逆張りなのか考えたことないし~

っていうか動いた方に勝手に手が動いちゃう~~』 という人は、

痛い目に何度もあってみれば

そのうち優位性についてちょっと考えてみようかな?

なーんて考えが発生するんだと思う

 

 

 

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポジションに固執しなくなる方法

損切りができない、という悩みがあるだろうか。

なぜ、損切りができないのか、躊躇してしまうのか。

 

エントリーしたとたんにgakkari.jpg

そのポジションに固執してしまうからというのが一番の原因。

 

 

そのポジションがプラスに動けば

『よしっ 宇宙の果てまでとんでいけ~~~!もっといけもっといけ』と

ぐんぐん伸びていくことを期待する。

 

少しでもマイナスに動くものなら

『くそっ なんで逆に動くんだ、俺がエントリーした途端に逆にいきやがって、

まさかそんなことがあるはずがない・・・

よしっ少し戻ったぞ。その調子でせめてエントリー値までもどってこいっ!』

と思う。

 

 

この文章を読んでまさか、そんな大げさなと思うだろうか?

しかし、損切りができないという悩みを抱えているならば

知らず知らずにこう思ってしまっているということを自覚する必要がある。

 

 

 

じゃぁどうすればこの固執をやめることができるのか・・・

こうやれば解消する!という簡単な方法は残念ながら、ない。

 

検証を一生懸命やるとか、

感謝の気持ちを常に忘れないでおくとか、

字を書く時にしっかり丁寧に書くとか、

ポジティブ思考を身に着けるとか、

強制ロスカットになって大金を吹き飛ばしてそこで何かに気づくとか・・・etc.

 

心に余裕を持たせる。ポジションに固執しなくなる最短の道はこれしかない。

 

 


応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

FXで負けるためにトレードを繰り返す、その二

 

あなたはFXで負ける為にトレードを繰り返していないだろうか。

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

 

 

昨日の続き

移動平均線よりレートが上にある時だけ買いエントリー、

移動平均線よりレートが下にある時だけ売りエントリーをする

というルールに優位性があったので、

それに基づいた手法でトレード計画をたてたとする。

 

チャートを見ていると

移動平均線よりレートが上にあるけれども均衡しており、

今にも均衡が崩れて大きく下降しそうに見えた。

 

この場合に売りでエントリーするルールを持っていなかったが

レートがとても大きく下降しそうだったので売りエントリーを仕掛けた。

すると思ったとおりに下降して決済も上手くでき

まずまずの利益を手にすることができた。

 

このトレードは良いトレードだっただろうか悪いトレードだっただろうか

 

これは悪いトレード

 移動平均線よりレートが上にある時に

売りでエントリーするルールを決めていないのならば

どんなに下降するように見えても

また下降の勢いが強くても

売りでエントリーしてはいけない。

 たとえ利益が出たとしても悪いトレードになる

 

 

 また別の日、

移動平均線よりレートが上にあり、均衡していた。

そろそろ下降しそうな雰囲気を感じたがレートは上昇の動きを始めていたので

ルールどおりに買いエントリーを仕掛けた

レートは一瞬上昇しかけたが反転して下降してしまい

やはり思ったとおりに損切りとなってしまった。

損切り位置は計画通りの位置であった。

 

このトレードは良いトレードだっただろうか悪いトレードだっただろうか

 

 

これは良いトレード

 そろそろ下降しそうな雰囲気を感じたとしても

それは自分がそう感じただけなので

そのトレードを中止する理由にはならない。

 

損切りも計画通りの位置で行っており

たとえ損となったとしても良いトレードだ

 

自分が出した答えと同じだっただろうか?

違った!という人はトレードに対する考え方をもっと勉強する必要がある。

 

同じだったよ!というあなたはよく勉強している。

でもそれで満足してはいけない。

知っているのとできるのは別のもの。

 

ルール違反をして利益が出たトレードで

本当に喜んでいないと胸をはって言えるか?

 

ルール通りのトレードで損切りになっても落ち込まずに

損を心から受け入れ自分によくやった!と思えているか?

 

そうでなければ、それはただでたらめトレードを

何度も何度も繰り返し自分に叩き込んでいるだけで

一貫性のあるトレードからはどんどん離れていることになる。

 

 

 

ここをきちんと自分で把握しておかないと

やればやるほど負けるための努力をしていることになる。

 

しかも、この癖がついてしまうほどそこから抜け出すことが難しくなり

一体自分の何が悪いのかすら気づかなくなってしまう。

 

 

稼ぐことができるようになるために一生懸命頑張っているのに、

ただただ負けるための努力をしているなんて情けないと思わないか?

 

ルール通りのトレードをやろうと必死でやっているのに

なかなか成果が上がらないという人は

自分の感情を確認することで、

そのやり方が正しいのか間違っているのか判断することができる。

 

 

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

FXで負けるためにトレードを繰り返す、その一

 FXで負ける為にトレードを繰り返す、

ばかな話だがこのワナにはまってしまう可能性はある。

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

 

移動平均線よりレートが上にある時だけ買いエントリー

移動平均線よりレートが下にある時だけ売りエントリーをする

というルールに優位性があったので

それに基づいた手法でトレード計画をたてたとする。

 

チャートを見ていると

移動平均線よりレートが上にあるけれども均衡しており、

今にも均衡が崩れて大きく下降しそうに見えた。

 

この場合に売りでエントリーするルールを持っていなかったが

レートがとても大きく下降しそうだったので売りエントリーを仕掛けた。

すると思ったとおりに下降して決済も上手くできまずまずの利益を手にすることができた。

このトレードは良いトレードだっただろうか悪いトレードだっただろうか

 

 

また別の日、

移動平均線よりレートが上にあり、均衡していた。

そろそろ下降しそうな雰囲気を感じたがレートは上昇の動きを始めていたので

ルールどおりに買いエントリーを仕掛けた。

レートは一瞬上昇しかけたが反転して下降してしまい

思ったとおりに損切りとなってしまった。

損切り位置は計画通りの位置であった。

 

このトレードは良いトレードだっただろうか悪いトレードだっただろうか

すぐに答えとその理由がわからなければヤバイ。 続きはこちら

 

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

FXでトレードして勝てるようになるまでどのくらいかかるのか

やってもやっても結果が出ない

「トレードをずっと続けているけれど

 いったいいつになったら勝てるようになるんだろうか。」

そう思う人は多い。

悩む人

 

普通の感覚であれば、真面目にきちんと

検証などやっていれば、少しづつ資金が

増えていく、と考えることだろう。

 

しかし相場の場合はその常識がとおらない。

 

少し成長してもやっぱり成績はマイナス。

以前よりはマイナスは少なくなったものの

やっぱりマイナス、という状態が続く。

 

ここで気づかなければならないことは

『マイナスが少なくなってきている』ということ。

 

マイナスが少なくなってきているということは成長している証だ。

 

ここで『やってもやっても稼げない~~ もう嫌だ!』と思うのは

間違っているが意外と誰もが引っ掛かってしまうワナだ。

 

そのうち収支がゼロになったり、マイナスになったりというのが出てくると

次にようやくプラスが始まる。

 

しかしプラスが始まってもすくにどか~~ん!とはならず

また少しづつプラスの幅が広がっていく ということになる。

 

プラスになったとたんに気が緩んでまたマイナスにということももちろんあるが、

一度プラスを経験すれば感覚は掴めているので

プラスに持っていくのは以前よりは簡単になる。

 

独学であれば順調にいって一年

普通は数年この経験をすることになる。

 

トレーダーなどに直接教えてもらえれば、当然

利益を上げられるようになるまでの期間は早まる。

 

「へぇー そうなんだぁ」と思ったならば

是非、下をクリックしてください。

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

為替取引(FX)の自動売買トレードで本当に儲かるのか

「自動売買でFX取引して本当に儲かるの?」

そんな疑問を持ったことがあるだろうか

 

にほんブログ村

ブログランキング

 

 

「自分でトレードしても勝てないから」

「トレードする時間がないから」

「お金を入れるだけで増えると誘われたから」などなど

 

自動売買で取引するという誘惑はたくさんある。

機械のように淡々とトレードをすれば勝てるとよく言われているし、

自動売買ならそれが叶うのではないか?と一度は考えてしまうかもしれない。

 

 

自分でトレードして勝てない人は自動売買でも間違いなく勝てません

 

 

夢は儚く消えてしまいましたか?

それでしたら謝ります。ごめんなさい。

 

でもあなたの資金を守ることができたなら

私は少々嫌われても構いません。

 

自動売買なのになぜ勝てないのか。

それは自動売買であってもトレードしているのはやっぱりあなた自身だから。

 

 

そもそもロジックを公開していないものなんて信用性があるのか疑問であるし、

負けだした途端に怖くなって自分で自動売買を停止させてしまうもの。

 

今までのトレードはこんな風にしていましたよ~と

丁寧にそれまでのトレードを見せてくれるものもあるが、

そんなロジックは連勝が続いていればいるほど

その自動売買を採用したとたんにドローダウンが続くものなのだ。

 

 

で結局そのドローダウンに自分が耐え切れなくなって停止させてしまう。

 

 

つまりは勝てない原因は全て自分自身にある

稼ぎたいから、お金を増やしたいから自動売買に手を出しているのに

その大事な大事な資金が少しでも目減りすれば

不安で不安で仕方なくなると思わないか。

 

 

ドローダウンについても頭では理解していたとしても

実際に自分の資金が減っていくのを目の当たりにして

冷静に静観していろと言うほうがおかしな話だ。

 

 

自動売買で一攫千金なんて夢は持たずに

地道に修行にいそしむ。

トレードで稼ごうと思うならば、これが一番近道だ。

 

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

念じていませんか

相場が自分の都合の良いように動いてくれるだろうか、

 

上がれ~上がれ~と念じれば上がっていくだろうか、

自分の取ったポジションをじっと見続けていれば

自分に有利な方向に動くのだろうか

 

 

 

自分ができることはエントリーできる箇所を探し、

利益確定、あるいは損切りのポイントにきたらエグジットする、

ただそれだけ。

 

 

チャートを見て、よくわからないのならポジションをとらなければ良いだけ。

 

 

分からないときはじっと我慢するという忍耐は必要。

なぜエントリーできるまでじっと待つことができるのか、

なぜエントリーしたあとに値動きに翻弄されず

エグジットすべきポイントまで冷静でいられるのか

なぜわからないときは余裕ぶっこいて

相場から離れていられるのか

 

 

 

検証に検証を重ねることで、

「あ~ こんなとこで入ったってとれるわけねーべ。

こんな時はトレードしないほうが賢いというもんだ」

という判断ができるようになり、

 

 

エントリーした後も

「上にいこうが下にいこうが関係ない。

ルール通りにやってればトータルで勝てるんだから」と

余裕の気持ちでいることができる。

 

 

 

結局、もがき苦しんだって意味がない、

意味がないなら苦しむ必要もない、

ということがわかってくる。

 

 

相場がどちらに動くかはわからないが、

どちらに動いたとしてもその結果がわかっている、

という心理的状況にある。

 

 

利益になっても「ふ~ん そっか」

損切りになっても「ふ~ん そっか」

 

この辺りの気持ちがわかるようになるためにするのが検証。

 

自分が正しいと思うこと

人は自分が正しいと思うことに基づいて行動するという特性がある。

 

 

自分が正しいと思うことに関心を示し、

自分が正しいと思うことに思考を使い、

自分が正しいと思う行いをする。

 

 

自分で選んだ正しさに自ら従い行動するのは当然のことである。

 

 

トレードにおいてはこの特性が邪魔になってしまう。

自分が分析して自分のタイミングで自分がエントリーすることで、

そのトレードが正しい(利益になるだろう)と思ってしまうということだ。

 

正しいと思ってしまうと損切りに躊躇してしまったり

(利益になるだろうトレードをしているのに損になるのはおかしいと思う)

 

目標の手前で失速して決済のサインがでているにもかかわらず保持し続けたり

(必ず目標までたどり着くはずだと決め付けている)

してしまう。

 

 

ただただ、「サインが出たから」トレードするならば、

そこに「自分」はないので気持ちに振り回されることはなくなる。

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

簡単なダブルトップ?

アルファベットの「M」の字のような形の値動きをダブルトップと言う。

 

「A」で反転し、「B」で再反転。

「A」とほぼ水平ラインの「C」で反転し、「B」の水平ラインであるネックラインを割った時、

ダブルトップが形成されたことになる。

(A-B)の値幅分、Bから下がると言われ目標値が算出出来る。(D付近まで) 

chart.jpg

 

よく見ることのあるテクニカル分析の一つであると思う。

 

説明を聞くとふんふん、なるほど~これは簡単そうだな。と思うかもしれないが、

実際に刻々と動くチャートを目の前にして

簡単そうだと思えるだろうか。

 

 

Bのポイントでのヒゲの解釈をどうするのか、

ローソク足の実体を割り込んだ時点で抜けたとするのか、

ヒゲまできっちり確認するのか。

 

 

ネックラインとされる赤丸で囲んだ付近の

実際の値動きも単純ではない。

 

確実性を求めてBのヒゲを割りこんでからエントリーしたとしても

そのすぐ後にネックラインを上抜けたかのような動きをしている。

 

あるいはBのヒゲを気にせず実態を下抜けた時点で

早めにエントリーしたとしても

何度も買いが入っており、

下値が硬そうに見える動きをしている。

 

 

こういった動きを目の前でされて、

自分のお金がマイナス表示になることにきちんと耐えられるだろうか?

 

マイナスになってからさらにマイナス、

決めておいた損切りの地点まできっちり保有しておけるだろうか?

 

一度プラス表示になったとしても少しのブレでその利益が少なくなったり、

あるいはマイナス表示になってしまうことに冷静でいられるだろうか?

 

 

途中で決済してしまいたくなる欲求に耐えられるだろうか?

 

 

相場がなぜ難しいと言われているのか、

原因は気持ちの持ち方、自分の心理にある。

 

 

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

不思議なこと

例えば、上昇トレンド中ならば陽線と陰線はどちらが多いだろうか?

もちろん答えは陽線。

 

しかしながら上昇中でもある程度の押し(陰線)は入る。

そしてトレンドが転換する時は必ず大きな陰線が入る。

 

つまり、上昇トレンドなのに逆張りの売りで入ってたとしても

勝てる可能性があるということ。

 

 

 

ここでよく考えて欲しい。

上昇トレンド中の陽線を全て足した長さと

陰線を全て足した長さではどちらが長い?

 

もちろん答えは陽線。

 

冷静に考えるととても単純な問題だと思うだろうか?

それなのに、なぜ上昇トレンド中に売りで入ろうとする人がいるのだろうか。

不思議でたまらない。

応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2012年2月
« 1月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ