FXの利益確定がわからないをズバリ解決!

「FXの利益確定がわからない」

その理由はたった一つ。

 

あなたが迷っているから

 

「どこが頂点かな?」

「どこが底かな?」

「まだ持ってた方が伸びるかな?」

「もう利益確定したほうがいいかな?」

 

迷っているうちに相場はどんどん動いて

「しまった、利益が少なくなった!」

慌てて決済する

 

「決済した後に利益の方向に爆上げした!

 持っておけばよかった!くやしー!」

 

「ルール通りに決済せずに

 持っておけばもっと利益が出てたのに!

 この気持ちをどうしてくれよう!」

 

トレーダーってのはこういう状況との

戦いでもあるんだよね。

 

迷ったら負け。

迷ったら迷路に入る。

それがトレードだよね。

 

検証して利益が出る方法を見つけたら

淡々とそのやり方を繰り返す。

 

それで十分に利益が出せるんだけど・・・

迷っちゃうのが人間。

 

子猫の目の前にねこじゃらしを見せ付けたら

飛びつかずにいられないのと同じ。

 

欲望には逆らえない。

本能には逆らえない。

 

一つを選択するのは難しい。

 

「妻に内緒で、カワイイ女の子がいる

 お店に遊びに行っちゃおっかなー」

ってつい思っちゃうよね。

 

「俺には妻がいる。

 他の女性と仲良くするなんて事はできない!

 俺は奥さん一人でいいんだ!

 他の女性には目もくれないんだ!」

 

とか言ってる男性がいたら

ちょっとおかしいのかな?って思っちゃうよね?

 

だから、利益確定で迷っても

そういうものだから、迷うものなんだから

あまり悩まないほうがいいかもしれない。

 

と、最近思ったりする

トレードの魔物を退治するには?

調子がいい時はうまく利益を上げられる。

 

心も落ち着いて、チャートも冷静に見られて
取引もルールを守ってしっかり取引できる。

 

しかし、あるきっかけでトリガーが引かれて
暴走し始めてしまうことがある。

 

ルールは頭から吹き飛び、我を忘れて
何度も取引を繰り返す。

 

疲れきってからふと我に返り、目の前にある
大きな損失となった取引記録を見て愕然とする。

 

今まで集中してようやく手に入れていた利益を
全て吹き飛ばした上での大きな損失だ。

 

どんなに「今日は絶対に崩れないぞ。集中するぞ」
と誓っても、いつの間にか魔物が現れ暴走してしまう。

 

こんな暴走をしてしまう日があまりにも多くて
取引記録に目を通すことすらイヤになってしまう。

 

この魔物さえ現れなければ私の資金は右肩上がりに
推移していくはずなのに・・・

 

しかし、不思議なことにこんなひどい目に合わされても
私はFXトレードをキライになることはできない。

いや、それどころか大好きでたまらなくなる。

 

時間を忘れて目の前のチャートに没頭し、取引する。

 

取引するのが楽しくて、ついつい余計なポジションを
とってしまうことすら、ある。

 

『損失が報酬にすりかわっているのだ』とどこかで
聞いたことがあるが、それを知ったところで
私の行動は変わらない。

 

こんな私はどうしたら救われるのだろうか?・・・

ーーーーーーーーー

 

なぜ、ついギャンブルトレードをしてしまうのか?

それはどういう思考状態にあるのかにかかっている。

 

例えば

・自分の分析力に自信を持っている

・損を出すのが悪いことだと思っている

・相場が思い通りに動く期待をしている

・損が出ると自分の存在が否定されたと感じる

・損が出ると取り返せないと思い込んでいる

・勝率100%を目指している

・損は相場からの攻撃と感じる

・損失そのものを避けることに集中して
 現実逃避したり間違いを認められない

・損失を出したくないと思っている

・損が出ると失望する

・信じたサインがだましだった時ショックを受ける

 

こういった思考があると損失が出たときに
大きなショックを受けてしまう。

 

そのために理性が吹っ飛んで
ルールどおりにトレードできなくなったり
恐怖のあまりルールを無視したり、ということが起きる。

 

こういうのは考え方のクセだから、
「今日だけはがんばってルール通りにトレードする!」
と思ってもスグにはできないんだよね。

 

クセ、あなたも持ってると思うんだけど

つい、貧乏ゆすりするとか髪の毛をいじるとか
鼻をいじるとか

 

そういうのって「今日はこのクセをやらないようにする!」
って決意してもつい出ちゃうよね?

それと同じなんだよね。

 

ところで、

あなたは誰かにウソをつかれてムカついたりする?

 

たとえば
信用していた友達にウソをつかれて平気でいられる?

 

「いいよ、いいよ、誰だってウソをつくことが
 あるんだから、しょうがないよね。
 僕だってウソつくことあるもん。
 だからあなたを責めたりはしないよ」

 

って言える?

 

たとえば
自分にウソをついて異性と会っているのを知って
恋人とか夫とか奥さんに対して平気でいられる?

 

「うんうん、しょうがないよね。
 最近構ってあげてなかったから、
 寂しかったんだよね?」

 

とか

「私以外の人とも遊びたいって気持ちが
 あったんだよね。しょうがないよね。
 誰にだってそういう気持ちはあると思うし
 あなたの気持ちを優先してあげるよ」

 

って平気で言える?

ふつうは言えないよね。

 

仮にそういう風に言ってる人がいたら
「あの人、ちょっとおかしいんじゃない?」
って思っちゃうよね?

 

ムカついたり、相手を責めたりするほうが
当然だと思うよね?

 

でも、トレードではこの思考回路が邪魔なんだよね。

 

ウソつかれても好きな人に浮気されても
「ふーん、そっか」で終わらせられる
思考を持っていないとトレードでは

利益がだせない仕組みになってるんだ。

 

だから、思考そのものを変えていかないことには
暴走トレードの問題は解決しないんだ。

 

騙されてもムカつかないようにする思考を
手に入れなきゃならない。

 

この思考回路を手に入れるのはカンタンではないけど
不可能でもないんだよね。

その方法はおいおいお伝えしていこうと思う。

 

で、
今日は即効性のある方法をお伝えする。

 

暴走トレードをしてしまう原因の一つに
「ムダな損切をしてしまう」ってことがある。

 

ムダな損切っていうのは、方向性はあってるのに
少しのブレで損切になってしまうこと。

 

「あー、あと少し損切ガマンしてれば
 利益の方向に動いたのに!」

 

ってことがよくあると思うんだよね。

このムダな損切をまずは少なくしていく。

 

それにはエントリーする資金量を
調整することで解消できる。

 

一回のトレードでエントリーがバシっと決まる
ってことはあまりないと思うんだ。

 

「どこが押し目かな?」「どこが戻りかな?」
「どこで反転するのかな?」

 

という風にエントリーする位置が
よくわからないことのほうが多いと思うんだよね。

 

だから、なるべく幅を持たせた上で
エントリーのポイントを決めておく。

 

エントリーを一回で決めるんじゃなくて
複数に分けて行うって事。

 

で、最終的に「さすがにここを抜けちゃったら
もうポジションを解消したほうがいいよね」
という部分を抜けたらそこで損切りする。

 

それから、もう一つ。

 

賭けるときはあまり緊張しない量の
金額を賭けるようにする。

 

そうすれば感情が揺さぶられる確率も低くなるから
うまくいく可能性がグンと上がってくる。

 

そうして自信が付いてきたら少しづつ
賭ける量を上げていけばいいんだよね。

 

ちなみに、利益が出てないトレードを繰り返して
それが楽しいと思っているのは「ギャンブル中毒」
の始まりなんだよね。

 

「ヤバイッ ギャンブル中毒の症状だ!」

と気づいたら、即刻トレードを中止して
数日はおとなしくしているほうがいいよ。

ダウ理論のトレンドで負ける理由

FXでトレード、デイトレする時に

ダウ理論を使ってやればうまくいくだろう

と考えたりするはずだ。

 

『高値切り上がり安値切り上がりの

 上昇トレンドで押し目買い』

 

『安値切り下がり高値切り下がりの

 下降トレンドで戻り売り』

 

っていうのをやるんだが

これを素直に実行しても

なかなか勝てなかったりする。

 

切り下がり、切り上がりなどを

確認した後で入ったのに急反転して

損切となったりしてしまうからだ。

 

これはどういうことかっていうと

ガッツリ利益になるトレンドっていうのは

たまにしか出現しないってこと。

 

短期的に上昇トレンドとか

下降トレンドが出る場合もあるけど

本当の意味での『トレンド』ではない

ってのを知っておく必要がある。

 

本物のトレンドに乗れたときは

ずーっとほったらかしでも

勝手に利益になっていく。

 

デイトレレベルでのトレンドっていうのは

すぐ終わるトレンドなんだなっていう

認識でいたほうがトレードしやすい。

 

で、結局どうすれば乗り遅れずに

短期のトレンドを利益化できるか?っていうと

 

短期のトレンドが発生しやすいのは

どういう状況の後か?ってのを考えてみる

 

エントリーするローソク足の状態や

エントリーする時間足より

大きい時間足の状態とかを見る。

 

ローソク足の状態とか勢いを見ると

短期的なトレンドが出やすい状況があるんだよね。

 

もちろん絶対トレンドが発生するとは限らないけど

確率的にこのくらい発生して

利益がこのくらいは伸びるというときがある。

 

損切がこのくらいで収められるってときにエントリーすれば

最終的にこのくらいは利益になるな

っていうのをまず調べてみるんだよね。

 

そうすれば乗り遅れずにトレンドにうまく

乗ることができる。

 

こう書くとカンタンそうだけど

実際やってみると割りと大変な作業でもある。

損切位置(ストップロス)設定方法をズバリ解決!

FXでは損切を設定しなきゃならない。

なぜなら、損失100%回避はムリだから。

 

損失は小さく抑えればいいんだけど

その位置に迷うことがある。

 

※『損切位置をズバッと決める方法』の
PDFをこちらで無料配布している
必要な場合は覗いてみて欲しい

 

損切位置について教科書では大体

『前回高値安値を越えたとこ』って書いてある。

 

だからその通りに設定するんだけど

この匙加減がなかなか難しい。

 

教科書どおりに「ここだよね」って思うところに

損切を設定すると、損切になった後に

急反転して思惑通りの方向に動くことが多いからだ。

 

だからそれを見越して損切り幅を広めに取ると

今度は損切の幅が広すぎてどうにもならない

ってことになったりする。

 

やることなすこと空回りしてしまうわけだ。

 

何でこういうことが起きてしまうのか?

 

プロのトレーダーは

素人がやりそうな行動を見透かして行動しているから

素人の損切を食おうとする。

 

だからその点を見越して考えて

損切り位置を設定する必要がある。

 

「教科書どおりならこのポイントに損切を置く。

 それを見越してトレードする人がいる。

 だからさらにそれを考慮した位置に損切を置く」

 

って考えるってこと。

 

それでどうやってその位置を見つければいいのか?

ってことだが

 

過去のチャートを見て自分なりに考えて

損切り位置を変えて検証してみる

ってことをやってみればいい。

 

ただそれだけなんだけど

ちょっと、というか

かなり面倒な作業になるから

根気が必要でもある。

 

※『損切位置をズバッと決める方法』の
PDFをこちらで無料配布している
必要な場合は覗いてみて欲しい

トレンドとレンジの転換を見分けるにはどうすればいいか?

トレンドレンジの見分け方、

いつ転換したのか?って悩むことがあるだろうか?

 

いつ転換したのかを知るには

トレンドとレンジってどういう状態なのか

まず知っておく必要がある。

 

それには高値と安値を見ていく。

 

安値と高値が切り上がっていれば上昇トレンド

高値と安値が切り下がっていれば下降トレンド

切り上がりも切り下がりもしてない時はレンジ

と見るんだが、

 

トレンド中にポジションを持っていて

切り上がり切り下がりを見て判断してたら

時すでに遅し、

 

気づいたらレンジに入っていて

出ていた利益のほとんどがなくなってた

という時の方が圧倒的に多い。

 

だからその前の状態をいかに素早く

判断するかがポイントになってくる。

 

判断する方法の一つとして

価格の勢いを見る方法がある。

 

テクニカル指標のオシレーター系を使う。

 

RSIとかストキャスティクスとか

そういうのでサインが出ていたら

そろそろトレンドが終了するかもね

と推測できたりする。

 

でも、完全に判断できるわけではない。

当たるときもあるし当たらないときもある。

 

だけど、その指標を使って判断した時に

勝率が何%で値幅がこのくらい獲得できるなと

前もって調べてわかっていれば

 

その判断を繰り返して

利益を出すことができるんだよね。

 

あと、利益確定するときにもポイントがある。

 

トレンドが出てMAX最高の利益が

乗ったところで決済したいと考えたりするかも

しれないが、それはハッキリ言ってできない。

 

だからトレンドの一部分を利益化できれば

OKと考えることがコツでもある。

 

この利益確定の考え方は

最初は慣れないかもしれないけど

検証してみると利益が出る考え方だとわかる。

FXの正しいやり方とは?

「やってることが正しいかどうか?」

ってのはすごく気になる質問の一つだろう。

 

正しいかどうか気になるのは

「正しいことが存在します!」という

教育を私たちが受けてきたから。

 

答えがあって、それを見つけるという

教育を受けてきたから。

 

小中高、大学、就職してからも・・・

 

でも、世の中に正しい答えなんてのは

探すほうが難しかったりする。

 

トレードの世界でも、正しいやり方なんて

あってないようなもの。

 

利益さえ出し続けられるなら

それが正しい方法になる。

 

だから、「やってることが正しいのかどうか?」

と考えるより「このやり方で利益を出し続ける

ことができるかな?」って考えたほうが

よいアイデアがでてきやすいと思う。

ポジポジ病の治し方は?

ポジポジ病っていうのがある。

トレードしたくてたまらないことだ。

 

「今夜は最低1回でもエントリーしないとな」

と焦って安易なエントリーをする。

 

「長期足は下に行きそうだな」

と思って売りでエントリーして損切。

 

「一回負けてしまった、やはり今の流れに

 ついていかないといけないな」

と思って短期足に変えて買いをしたら往復ビンタ。

 

なんでこういうことになるのか?

 

テクニック的には色々あるかもしれないが

思考の観点からお話してみる。

 

一つ大きな問題は

「自分勝手に自分のことだけ考えているから」

 

「今夜は最低1回でもエントリーしないとな」

っていうのは自分の都合だけを考えた

自分勝手な判断だ。

 

エントリーするかどうかを決めるのは

自分ではなく相場。

 

相場がトレードできる状態なら

サインが出ればトレードしなきゃならないし

サインが出なかったらトレードしてはいけない。

 

自分勝手に自分の都合で

「トレードしなきゃならない」

という思考から始まっているから

 

「長期足は下に行きそうだな」

というチャート分析ももしかしたら

ウソかもしれない。

 

トレードしたいから「長期足を見ると

 なんとなく下に行きそうな気がする」

っていうのを自分勝手に作り上げてる

可能性が非常に高い。

 

相場の動きを無視している。

だから損切になる。

 

「一回負けてしまった、やはり今の流れに

 ついていかないといけないな」

っていうのも自分の妄想。

 

今の流れについていっているというよりも

前回のトレードで自分の考えが否定されたから

それを取り返すために都合のいいイイワケを

考え出して相場を無視して無理やり短期足でトレードしている。

 

だから

短期足に変えて買いをしても

往復ビンタの損切になる。

 

ポジポジ病を治すには

ふだんから自分の思い込みを

なくすひつようがある。

FXの未熟な初心者にイラッとする

「私はまだ未熟なFX初心者なのです」

といって質問したりする人がいる。

 

「何をやっていいのかわからないし

 いまやっていることが正しいのかどうかも

 わからないので不安です」

 

「検証の仕方もわからないんです。

 すみません」

 

こういう風に聞かれるとちょっとイラっとする。

 

「あんたがやってることが正しいかどうかは

 私にもワカランし、やってみて利益が出ないなら

 違うやり方で試してみればいいだけじゃない?」

 

「私は未熟だからと前もって言えば

 優しく教えてもらえるとでも思ってるの?」

 

「検証の仕方がわからないならネットで探せ。

 いくらでもやり方はでてくる!

 

 それがめんどくさいから人に聞いて

 教えてもらおうと思ってるんだよね?

 その乞食根性を直すほうが先決じゃない?」

 

と言いたくなる。

 

何でこんなにイラッとすることがあるかというと

昔の私を見ているようだからだ。

 

優柔不断で自分で責任を持った判断の

一つもできない情けない人間だった頃を

思い出すから感情を揺さぶられるのだろう。

デイトレ手法の見つけ方は?

「手法はどうやって見つけたんですか?」

という質問を頂くことがある。

 

私の場合はサイドバーに『最強トレード法』として

載せているマエストロFX,ビクトリーメソッドの

手法をそのまま取り入れている。

 

環境認識(相場の背景)を重視した

王道のトレード手法だ。

 

高値が切りあがったら上昇だから

買いの戦略をして、サインが出たらエントリー

 

安値が切り下がったら下降だから

売りの戦略をして、サインが出たらエントリー

 

というようなシンプルな手法なんだが

 

実際には環境認識(相場の背景)を

読み取る力をつけるまでは時間がかかった。

 

先生のチャートを印刷して何度も繰り返し読んだり

先生の言うことを手書きにして書き込んで

どういう判断をしたらいいのかを必死で考えた。

 

自分でチャートに色々ラインを引いたり

ローソク足の形とか勢いとかを見て

自分がどういう傾向のトレードをしてるのか?

を必死で学んだからスキルが身についたと思う。

 

しかしながら

「どうやって手法を身につけたか?」

っていうのはスグには答えられない難しい

質問だと思う。

 

チャートを見て自分のトレードを検証して

大事なところに気づく必要があるからだ。

 

色々な部分を見落としてしまうと

価格が切り上がっているのに気づかなかったり

無視してなかったことにして

 

「おかしい、ここは売りでいいはずなのに」

って、自分の判断にしがみついたりするから。

 

こうなるともうチャートでいくらがんばっても

次のステップに進めなくなってしまう。

 

自分の頑固さをどうにかして変える、

もっと融通の聞く思考を身につける必要がある

ということが問題になってしまうからだ。

FXで成功している人と自分との違いは?

「FXで成功してる人と

 成功してない自分とでは何が違うのかな?」

って思ったことある?

 

例えばトレード中の行動。

 

『負けている自分は、チャートを見ながら

 何とかエントリーできないかと頭をひねっている』

 

『勝っているあの人を見ると一つのパターンを使って

 そのパターンが出現するのを何時間でも粘り強く

 待っている』

 

『負けている私は価格がグーンと伸びたときに

 乗り遅れるとマズイ!と思って慌てて

 伸びた方向に飛び乗っている』

 

『勝っているあの人を見ると

 価格がグーンと伸びたときに慌てずしっかり観察して

 チャンスだと判断したら今までの動きとは逆の方向に

 エントリーしている』

 

『負けている私は自分のルールに自信がなくて

 トレード最中に安心してトレードできない』

 

『勝っているあの人はルールを信頼していて

 ルール通りにトレードしさえすれば必ず

 利益になると信じて安心してトレードしている』

 

『負けている私は一日に最低一回でも取引できないと

 心が落ち着かない状態になっている』

 

『勝っているあの人は一週間に一回の取引でも

 利益が出せると信じている』

 

『負けている私は5分足のチャートだけを見ている』

 

『勝っているあの人は1時間足、4時間足、日足

 といった大きな足も同時に見ている』

 

『負けている私はたくさんのパターンを同時に

 扱おうとしている』

 

『勝っているあの人はパターンを一つだけ選んで

 ひたすら検証して自信が持てる自分だけのもの

 にしている』

 

もし、あなたがFXで行き詰っていたり

停滞感を感じているなら参考にしてみてほしい。

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ