3か月間かけて得た利益が一瞬で・・・

とある3か月間、ドル/円相場はずっと

上昇トレンドだった。

 

私は得意な『押し目買い戦法』

3か月間、ドル/円を買い続けた。

 

※押し目買いとは上昇トレンドにある相場が

 少し下がった時点で買いを入れるやり方。

 

「やっと私も継続的に利益を上げられる

 ようになったな。ようやく勝ち続けられる

 トレーダーになれた!」

 

日々のトレードに満足し、着実に増えていく

口座資金を見ながらほくそえむ。

 

「この三か月間はかなり儲かっているし

 トレードはすこぶる調子いい。

 来月は賭ける金額を上げていこう」

 

自分のトレードにかなり自信を持った私は

賭ける金額を倍に増やすことに決めた。

 

「今月から賭け額が増えるぞ。

 気合をいれて慎重にトレードしよう。」

 

相場を入念にチェックし、トレード計画を練る。

 

「よし。今日も押し目買いで入れそうだ。

 さっそくエントリーしよう。ポ、ポチーッ」

 

賭け額が増えたことで緊張したのか

クリックする指が少し震えた気がした。

 

「さぁ、どんどん上昇してくれ!」

 

その日の相場は穏やかだった。

数時間たっても目立った値動きは

起きなかった。

 

「うーん、今日はあまり動かないかな。

 そろそろトレードを終了しよう」

 

ほとんど利益の出ていないトレードだったが

ルール通り終了させた。

 

そして次の日、ふたたび押し目買いの

チャンスが訪れた。

 

「さぁ、今日こそは稼がせてくれよ。

 ポチッとな」

 

だが、期待とは裏腹に相場は少し上昇した後

何度も繰り返し下げていった。

 

「あらら、損切か・・・仕方ない

 明日に期待しよう」

 

そして三日目、かなり信頼度の高い

押し目買いのチャンスが出現した。

 

「これは高確率で利益の出る形だ。

 こんなチャンスに巡り合えるなんて

 私はなんてラッキーなんだ!」

 

ウキウキしながらトレードを始める。

 

が、またしても相場は下がり続け

私の押し目買い戦略は失敗した。

 

「あ、あれ?おかしいな・・・

 このパターンは押し目買いのはず

 なんだけどな」

 

必死で冷静さを取り戻し、トレード計画を

練り直そうと試みたりもした。

 

が、結局その月は何をやっても

ことごとく失敗続きだった。

 

「おかしいなぁ、何かがかみ合っていない・・・」

 

3か月間続いた上げ相場の「押し目買い」で

私は大きな利益を得たが、最終的にたった

1か月の下げ相場で、3ヶ月間で得た利益の

ほとんどを失ってしまった。

 

「ぐぐぐ、何ということだ。

 こんなひどい仕打ちがあっていいものか」

 

がっくりと首をうなだれ、両手を床につけた・・・

 

そうして私は

 

賭ける金額を上げるときは小さく、慎重にやる

 

調子が悪い時は賭ける金額を減らすか

トレードを中止する

 

この二つを心に刻んだ。

タグ:

カテゴリ:資金管理  [コメント:0]

最大含み損が1000万円。東京オリンピック・・・

株を買ってナンピンし続けていた知り合いが

いるんだが、東京オリンピックの決定で

プラス方向に動いたらしい。

 

※ナンピンとは商品を買った後、値下がりして

 しまったときに、安い値段で同じ商品を

 買い増して、平均購入価格を下げること

 

現在プラス30万円ほどの含み益になって

いるようだ。

 

「へー そりゃぁうらやましいな。

 30万もプラスなんて」

 

そう思う前にもう少し話の続きを聞いてほしい。

 

ナンピンしている時はそりゃぁもうひどかった。

一日に損失が10万、20万と増えていく。

 

いくつかの銘柄を持っていたものだから

全体がちょっとマイナス方向に動いただけで

マイナス50万とか、それ以上の損失が

増えていくこともあった。

 

損切をしたくないがためにナンピンし続け

最大の含み損は1000万円を超える

くらいになっていた。

 

1000万円もの含み損を保有していると

日常生活が変わる。

 

株価の動きに一喜一憂。

仕事中なのに、なんだか気合が入らない。

「はぁー」とため息をつく回数は1日に10回以上。

株価の動きで機嫌が変わる。

 

完全に株の奴隷だ。

 

そしてさらに最悪なのが、今回含み益

なってしまったことだ。

 

「え?損切に引っかからずに株価が戻って

 含み益になったから、よかったんじゃないの?」

 

もしかすると、あなたはそう思ったかもしれない。

 

たしかに、損切をしなかったから大金を

失わずに済んだ。そしてさらに現在30万円の

含み益になっているから、結果オーライとも言える。

 

ちょっと考えてみよう。

この先、同じように含み損が発生したら

彼はどんな行動をとると予想できるだろうか?

 

「あー、また含み損だ。損切はイヤだから

 前回のようにナンピンして耐え忍ぼう

 こないだはその方法で上手く行ったから、

 今回もきっと大丈夫だろう。」

 

きっとこう考えるだろう。もしかすると、

さらにまたナンピンが成功するかもしれない。

 

しかし、またナンピンが上手く行ったとしても

売買を続ける限り、同じような状況は必ず起きる。

 

となると、必ず大きな損失を決済しなければ

ならない時がくる可能性はかなり高い。

 

大きな損失を決済しなければならない時は、

『使えるお金のほとんどをつぎ込んだ時』だろう。

 

今回は1000万の損失を回避できたけれど

将来損切する日は、2000万円以上の損失を

出してしまうかもしれない。

 

今まで出した小さな利益なんか軽く

吹っ飛んでしまう。

 

資金がなくなれば、そこで試合終了。

 

この恐ろしさに早く気づくことができるのは

意外と少数だ。

資金管理の重要性と恐怖への対処法。トレードで稼ぐ最低条件は。

トレードで稼ぐためには最低の条件がある。

それは お金がある ということ。money.jpg

 

当たり前のようだが、お金がなければ

話にならない。あなたがどんなにテクニックを

もっていたとしてもあなたがどんなにトレードで

勝てるメンタルを培ったとしても

 

お金がない!

 

それだけでFXで稼ぐ可能性を

全て否定されてしまう。

 

あなたの資金が多ければ多いほど有利。

あなたの資金が少なければ少ないほど不利。

 

厳しいかもしれないが、これが現実。

 

『お金がお金を生む世界』それがFXの世界だ。

 

甘い考えでは絶対に勝ち残ることはできない。

勝ち残るどころか、あなたの大切な資産を

失ってしまう。

 

トレーダーとして最初に掲げていなければ

ならない目標、それが「生き残る」ということ。

 

とにかくあなたが生き残ってさえいれば

チャンスを掴む可能性は高くなる。

「稼ごう!」と思ってはいけない。

 

まずはあなたの大切な資金を減らさない

ようにすることが大事だ。

 

トレードして資金が減っているというのは

あなたの戦略かメンタル、どちらかの

レベルが低いわけだ。

 

そうであればすぐにトレードを中止し、

「あなたのどこに問題があるのか」を

徹底的に調べ上げなければならない。

 

そして、問題点をはっきり認識し、どう解消

していけばよいかを考え、対策を取ることが

できた『後に』トレードを再開すればいい。

 

資金を守ることさえできればトレードを

続けることができる。

 

トレードを続けることができれば

トレードを学ぶことができる。

 

トレードを学ぶことができればトレードで

稼げる確率が高くなる。

 

あなたがまだ資金を増やすことができていない

ならばこれをしっかり頭に叩き込み、

「絶対に資金を守って見せる!」と心に誓うべき。

 

 

■相場は簡単で単純 しかし、恐怖を感じた途端・・・

 

注意しなければならないのは、相場で稼ぐのは

意外と簡単だということ。

 

相場の本質とは単純であまりにも

簡単すぎるということだ。

 

「え?そうなの?」と思っただろうか。

 

その証拠として、あなたが初心者時代に

簡単にお金が増える経験をしたことは

ないだろうか?

 

とりあえず教科書とおりに、

テクニカル通りにトレードしてみた

その結果、お金が増えた。

 

これは、当然のことだ。

トレードはメンタルが8割を占めているから。

 

初心者時代は『恐怖』を知らない。

「ここでエントリーすることが恐い」ということを知らない。

損切りも、「レートが戻ってくる」ということ知らないから

教えられたとおりにためらわずに損切りすることができる。

利益確定も同じ。

 

とある人はこんな経験をしたと語る。

 

「FXは稼げるらしい」と知人に聞いた。

知人もトレードをやっているらしく、

トレードのやり方を簡単に教えてくれた。

 

そのとおりにやってみると、確かに資金が増えた。

もともとお金には少し余裕があったので、

数百万円を元手にトレードしていた。

 

その頃はレバレッジが今より大きく

「目いっぱい!」とまではいかないが、

そこそこのレバレッジを効かせていた。

 

資産は順調に増えていく。

トレードも順調にできる。

毎日が楽しいし、トレードは簡単。贅沢もできる。

「人生ってこんなに素晴らしいものなんだな」と思っていた。

 

しかし、その日は静かに近づいてきていた。

 

損切りもちゃんとできているのに

ルール通りにトレードしているのに

なぜか負けることが多くなってきた。

 

「なぜだろう?」理由はわからない。

 

「ちょっと調子が悪いんだろう」

その時はそう思っていた。

 

しかし、トレードをやればやるほどお金が減っていく。

今まで毎日稼いでいた金額と同じくらい

毎日お金が減っていく。

 

負けたくなくて、取り戻そうと思って少し

レバレッジを上げてみた。

 

すると、お金が増えるどころか更に加速して

お金がなくなっていった。

 

自分の資金がみるみる減っていくのを

目の当たりにし、とうとうトレードすることに

恐怖を感じだしてしまった。

 

恐くて恐くて、トレードをすることができない。

今までに感じたことのない不安と恐怖。

言葉では言い表せない。

 

「トレードをやめてしまおうか?」とも思った。

しかし、「今まで勝ってこれたのだから、

勝てる方法はあるはずだ」と思った。

 

いったんトレードを中止する決意をした。

もう一度トレードを、自分を見つめ直そうと決心した。

 

そして、自分の資金に対するリスクを考えずに

大きく賭けてきたことがどんなに間違っていたか、

恐ろしいものであったかということにようやく気づいた。

 

トレードを一から勉強し直した。

これからどうやって資金を増やしていけば

よいのか考えた。

 

そしてポジションを小さくすることを覚えた。

今では、あんなに大きなポジションを持って

いられたことが不思議に感じるようになった。

 

「なぜ、私はあんな大きなポジションで

 怖がらずにトレードできたのだろう」と。

 

なぜ恐怖を感じずにトレードすることが

できていたのか。

 

答えは簡単だ。「恐怖を知らなかった」から。

初心者時代に恐怖を知ることなく、今まで

順調にトレードできていたから。

 

恐怖を感じた瞬間、トレードすることは不可能になる。

「トレードはメンタルが8割を占めている」とはこういうことだ。

 

トレードで稼ごうと思うならば、恐怖を

取り除く必要がある。

 

なるべく恐怖を感じる原因を取り除く

ことが重要だ。

 

トレード中に感じる恐怖の原因の一つに

あなたのポジションの大きさが関係して

いるかもしれない。

 

もしそうであれば、あなたが恐怖を感じない

大きさのポジションをとればいい。

人によって恐いと感じる大きさは異なる。

 

ある人は5万通貨なら恐怖を感じないという、

でもある人は1000通貨でないと恐くて

トレードできないという。

 

それは、あなたの資産、あなたの性格、

あなたの環境に影響されている。

 

あなたにあった大きさのポジションを

あなたが決めればいい。

他人から決めてもらうものではない。

 

まずは、恐怖を感じない大きさの枚数でトレードし、

あなたの資金を守ることから始めればいい。

 

FXで資金管理が大事なのはなぜ?~勝っていたのに・・・一発退場!~

FXで資金管理がなぜ大事なのか、あなたは考えてみたことがあるだろうか。

 

「あ~調子がいい。また今日も勝っちゃった~

あっ、あやなさん。僕、最近FXで勝っていて、調子がいいんだぁ

今日は2万円プラスだったんだぜ~」

 

あなたも、ようやく勝てるようになったのだね。凄いじゃないか。

 

「へへ~ そうだろ?軍資金10万円しかなかったのに

たった一週間で、倍の20万円になったんだ!

 

ふ~ん、あんなに小心者で、pipもそれほど取れなかったのに

やっと大きな値幅が取れるようになったということかな?

 

「いや、違うよ。取れるpipは前と変わらないんだ。

でもやっと気づいたんだ。pipがたくさん取れるように頑張るよりも、

 レバレッジ上げたほうが早く稼げるってことに。俺、凄いだろ!」

 

ということは、最大レバレッジで運用しているってことなのか?

 

「そうそう!でも国内だと25倍までだから

海外の口座を使って400倍でトレードしてるんだ!

20枚だよ!凄いだろ!」

 

ところで、「資金管理」って言う言葉は知ってるか?

 

「資金管理?・・・うん まぁ聞いたことはあるよ。

・・・あっ、いくら稼いだかは、ちゃんと記憶してるから大丈夫だよ!」

 

いやいや、そうことではないんだが。

今の枚数でトレードすると、

1pipあたりいくらになるのか考えたことがあるのか?

 

「そりゃぁ もちろん!1pip大体2000円だよ。

ここのとこ連勝に次ぐ連勝だから、お金が増えるのが凄く早いんだ!」

 

今は連勝してるみたいだけど、連敗することは考えたのか?

 

「う~ん でも連勝してるから大丈夫な気がする!なんとなく!」

 

あのねぇ、1pipで2000円動くっていうことは-50pipsで10万円損になるということ。

お金が増えるのはもちろん早いかもしれないが、連敗した時はもっと早く資金が減ることが分かってるのか?

 

「じゃぁ、連敗せずに早くお金を増やせばいいってことだね!

わかった!じゃぁ早速トレード頑張ってくるよ!」

 

いや、そうじゃなくてね 資金管理っていうのは・・・

あー行っちゃった。

まぁ いいか、そのうちまた戻ってくるだろう数日後

 

「あー どうしよ あー どうしよ」

 

おかえり。あれから調子はどうだ?

 

「それが、あのあとお金を増やそうと頑張ったのに

ちょっとだけ連敗しちゃってさ、

それを取り返そうとやけになったらさらに連敗で・・・

あっという間に3万円になっちゃったんだよ・・

 

・・・・(それは当たり前だろう!)

 

「え?何か言った?」

 

いやいや、それは残念だったなぁ

 

「あ、あのさ、こないだ言ってた資金管理っての?

あれちょっと教えてくんないかな?」

 

(ようやく聞く耳を持ってくれたか)

投資苑っていう良書を書いた人で

アレキサンダー・エルダー博士という偉い人がいるんだが

その人は、「一回のトレードで運用資金の2%以上のリスクをとるな」と言っているんだ。

 

つまり、10万円ならば2000円までの損失を許す、ということだ。

これを計算すれば一回のトレードで、何pipsまで耐えられるかが計算できる。

1pip100円ならば損切りは-20pipsだ。

もし20連続で損切りとなった場合は

2000円×20回=4万円

元の資金10万円から4万円を差し引くと6万円残る。

 

つまり、残り6万円でトレードするということになる。

この場合に、残りの6万円で勝負することが 精神的負担にならないかどうか

ということも重要だ。

 

負担になるようだったら更に半分のリスク、

一回のトレードで1%のリスクに変える必要がある。

 

枚数、あるいは損切り幅を先ほどの例の半分にするということだ。

そうすれば20回連続損切りでも

10万円-(1000円×20回)=8万円

残りの8万円でトレードすることになる。

 

「えー でもそれだったら増えるスピードも全然遅いじゃないか」

 

確かに、資金が少なければ

最初はそう感じるかもしれない。

しかし、増えた分を資金として運用する、

つまり、複利運用を考えてみればそんなに悪い条件とはいえないだろう?

 

「複利運用?またよくわからない言葉がでてきたなぁ」

 

複利運用については別の機会で教えてあげよう

それよりも、今日話した資金管理のことについてはよく理解できたか?

 

「うん!資金が10万円の時はマイナス2000円で損切れってことだよね!

ってことは損切りを-50pipsにした時は

1万通貨だと5000円の損切りになっちゃうから

4000通貨に変えなきゃいけないってことか・・・」

 

そうそう。理解が早くて助かるよ。

 

「あれ そしたら2つの違う種類の通貨を同時に持つ時はどうしたらいいんだろう」

 

そうだな、一度に負うリスクは5%程度に留めておけばいいんじゃないか?

 

「じゃぁ2つ目は同じ枚数でエントリーするとして、

3つ目の通貨には半分の2000通貨しか持てないってことか」

 

そういうことになるな。

 

「えーと更に分割エントリーするとしたらその半分の半分・・・

100通貨単位で取引できる口座が必要だな。

よしっ早速口座作りに行くとしよう!じゃぁね ばいばいー!」

 

資金管理さえちゃんとやっていれば、

資金がすぐになくなる可能性は少なくなる。

トレードでも生き残れる可能性が高まるよ。頑張ってな・・・

ってもう行っちゃったか。

 

なんだかあの調子だと、

うまく資金が増えた時にまた大きく「賭け」そうな感じだな。

資金管理は、稼ぐようになってからも

守り続けることが大事だということを

次に会ったときにしつこく伝えることにするか。

 

 

*********** 読者様からメールを頂きました。

 

---------引用ここから--------

最近こちらのブログを発見し、とても硬派な内容だったので

全部読ませていただきました。

僕はトレードを始めてまだ4ヶ月のペーパートレーダーですが、

ペーパーなりに資金管理は最重要項目だと確信しています。

 

手法やメンタルの記事を書くブログは多いのですが、

資金管理については少し少ない様に思います。

~~略~~

一度ブログで取り上げて頂きたいと思いメールを差し上げた次第です。

--------引用ここまで---------

 

メールありがとうございます。

この方は、ペーパートレードで頑張っておられ、

更に、資金管理の重要性についても気づいておられます。

確かに資金管理そっちのけでトレードし、「一発退場!」となってしまえば、

手法もメンタルもあったものではないですよね。

このテーマについては今後も触れてみたいと思います。

 

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ