飛び乗りエントリーの高値掴みを克服1

「値段が上昇しているときは

さらに値段が上昇しやすいから
値段が上がっている時に
買いを入れるといいですよ。」

 

というトレード手法を知った。

 

いわゆる「買いのブレイクアウト」だ。

 

億を稼ぐようなトレーダーは
このブレイクアウト投資手法で
利益を上げている人も多い。

 

「スゴイ手法を知っちゃったな。
よし。このやり方をマネして
私もガンガン稼げるようになろう」

 

買いのブレイクアウト投資手法が
私の光り輝く未来を指し示して
いるようだった。

 

「もちろん、やり方を勉強して
チャレンジしよう」

 

私にぬかりはない、とほくそえむ。

 

・上昇トレンドにそって
トレンドフォローで買う

 

・前回高値を越えてから買う

 

これらが大切なポイントだと学び
注意しながら取引するわけだ。

 

「考えられる限りのことはやった。
これで準備万端だ。さっそく
トレードに挑もう!」

 

頭の中はこれから得られるであろう
大きな利益を想像してヤル気も
マンマンだ。

 

「さぁ、来い!やるぞ!」

 

こんなに気合い入れてやってるし
うまくいかないワケがない、と
ワクワクしながらトレードを始める。

 

「よし、高値越えを確認した!
それっ 今だ!買いエントリー
ポチーッ!」

 

震える指でマウスをクリックする。

 

「さぁ、これからが勝負だ!
ここからさらに上昇しろ!
天井知らずで爆益だああぁっ!」

 

ローソク足がぐんぐん成長し
大きな陽線を作る。

 

さらに陽線は続き、いつ終わるか
分からない上昇トレンドが始まった・・・

 

そんな光景が私の脳の中で
繰り広げられる。

 

ふと我に返り、チャートを見てみると
そこに一筋の線が存在していた。

 

誰が見てもハッキリとわかる
くっきりとしたながーい線だ。

 

『ヒゲの最先端で飛び乗りエントリー』

 

かなしいかな、私の目に映ったのは
非情な現実だった。

 

その日の最高値を買ったという事実。

私以外、誰も買わない最高値。

 

なきたくなった。

 

「なんで飛び乗りエントリーなんか
しちゃったんだろう・・・」

 

ブレイクアウトトレードをした
自分をせめる。

 

「まぁ、しょうがない。こういう日もある。
また次回がんばろう」

 

自分をなぐさめて次の機会を待つ。

 

それほど時間をかけることなく
次のチャンスがやってきた。

 

「よーし、よーし、次こそチャンスだ。
トレンドフォローで高値越え確認。
今度こそ成功するぞ!」

 

ポチーッ!

 

マウスが壊れるかと思うほど
思わず指先に力がはいる。

 

「ふぅーっ、ちょっと肩に力が
入りすぎたかな」

 

しかし、お構いなしにチャートを凝視する。

 

「イケイケ上がれ。ドンドン上がれ。」

 

頭の中は常に陽線で満ち溢れている。
が、現実ではまっすぐな線しか見れない。

 

「くそぅ、また上ヒゲを
つかまされちゃったよ・・・」

 

飛び乗りエントリーになったことを
心の底から後悔する。

 

「これまで何度こんな経験をしてきた!?
なぜ高値掴みをしてしまうのか!?
お前は本当に学習できない奴だな!」

 

自分を責める。

そして落ち込む日々・・・

 

こんな私が飛び乗りエントリーを
克服できる日が果たしてやってくるの
だろうか!?

 

つづく

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

強いFXトレーダーは阿鼻叫喚を探している

「やめてやめてやめて!」

「ギャー!そんなのヒドイ・・・」

 

チャートを見ているとそんな悲鳴が聞こえて

来ることがあるだろうか。

 

「お願い!どうかここから上げてください」

「これ以上は下がらないでください!」

 

そんなふうに画面の向こうで願っている人が

いるのが見えることがあるだろうか。

 

恐怖や悲しみの声を想像できれば、そこが

良いエントリーポイントの一つとなる。

 

そんなポイントを探して「しめしめ」とエントリーする。

それが強いトレーダー。

 

どう考えても、性格が歪んでいるとしか思えない。

でも、そこでエントリーするしかない。

 

「そんなエントリーポイントが見えない」というのは

恐怖や悲しみの声と一緒に混ざって、同じように

悲鳴を上げているということ。

 

「トレードで利益を上げても後ろめたさを感じる」

と言う人が時々いるのは、チャートの向こう側の

恐怖や悲しみの声を、ありありと想像できるからだ。

 

↓「しめしめ」とエントリーできるようになるぞ!と思ったら下をクリック!↓


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

応援ありがとうございます。

エントリーした後にチャートを見て怖くなる。早く決済したくなる。

買いエントリーした後・・・

 

「早く レートが上がってくれないかなぁ

 どうしよう・・・下がってきたなぁ 損切になっちゃうかな・・・

 うーん、このまま保有しておいていいものか・・・?」

 

入口

と、エントリー後にチャートをじっと見つめながら

ウンウン悩んでいた時期がある。

 

そして、エントリー後にチャートをずっと見ているうちに

「もしかしたら、このトレードは負けるかも・・・

 ヤバイ!この値動きはまずいぞ!」

 

と、だんだんと怖くなってきて、ついには

 

「もう、この怖さに耐えられない!

 何でもいいからもう決済してしまおう!

 利益もちょびっと乗ってるし♪」

 

と、意味なくトレードを終了させてしまうことを

よくやっていた。

 

私のトレードなんだから、

その経過を見守ることは当然!

くらいに思っていた。

 

今だからこそ

「なーんて意味のないことをやってたんだろう」

と思えるが、当時は大まじめだったんだ。

 

 

実は、こんなトレードは勝てるトレードではない。

 

 

勝てるトレードというのは

トレード前に全て決まっていて

その通りに実行することが勝てるトレードだ。

 

 

エントリーした後に

予定していた損切位置

キッチリ損切できるか。

 

エントリーした後に

予定していた利益確定位置

キッチリ確定できるか。

 

まずはこの行動ができるかできないかが

トレードで利益を上げられるかどうかの

最初の分岐点だ。

 

 

エントリーした後に、

損切はどうしよう・・・

利益確定はどうしよう・・・

怖いからここで決済しよう・・・

こんな風に悩むのは意味のないことだ。

 

 

エントリー中に悩むというのは

負けるトレードをしているのと同じこと。

 

 

全てはエントリー前に決めておくべき。

 

エントリー前に全て決めてからエントリーする。

これができてようやくトレーダーとしての扉を開くことができる。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

エントリーがわからない!エントリーポイントに自信がない・・・

エントリーポイントがわからない!

エントリーポイントに自信がない・・・

 

私はいつもこんな悩みを抱えていた。

 

悩んでいる人

過去のチャートを検証して、

「こんな形になったらエントリーすればいいんだな」

とわかっていても、実際にトレードするとなると・・・

 

「ここかな?でもなんだかはっきりしない気がする」

「もしかするとスグに反転してしまうかもしれない」

「そもそも、このエントリーポイントは合っているのだろうか?」

 

そして最終的に

「もう少し様子を見て、確実な頃にエントリーしよう!」

こんな状態になっていた。

 

なぜエントリーポイントがわからないのか。

なぜエントリーポイントに自信を持てないのか。

 

それは、私がエントリーポイントに

確実性を求めていたからだ。

 

トレードには確実なものなんてないのに

絶対に負けないポイント

絶対に反転しないポイントを

必死になって探していたのだ。

 

もし、あなたもエントリーが怖かったり

自信がなかったりするのであれば

エントリーに確実性を求めている可能性がある。

 

トレードには確実なものはない。

あるのは、優位性だけ。

優位性というのは確率のことだ。

 

確率というのは

10回のうち5回当たれば最終的に利益が出る

あるいは

10回のうち、1回でも当たれば最終的に利益が出る

こんな考え方のことだ。

 

10回のうち10回全部当たりたい!

そう考え始めた瞬間から

トレードは異常なまでに難しいものとなってしまう。

 

だから、10回のうち5回当たることか

10回のうち1回でも当たればいいことか

どちらかを選んで、目標にするといい。

 

10回のうち5回当たることを目指すならば

損と利益の比率を1:2で考える。

 

10回のうち1回でも当たればいいことを目指すならば

損と利益の比率を1:10以上にする。

 

まずはこんな条件でトレードしてみると

エントリーがわからない!とかエントリーに自信がない

という悩みが「意味のないものなんだ」ということがわかってくる。

 

***** せめて!せめて今日だけでも!クリック求む! *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

FXで「なんとなく、ちょっとくらい」と思ってトレードすることが多かった

「ん~ ここでエントリーすれば

 ちょっとは取れそうなんだよな

 

私は以前、トレードする時にこんなことを考えながら

トレードをしていた。欲望の目

 

なんとなく、勢いも落ちてきているし

 なんとなく、そろそろ反転しそうだし・・・

 ちょっとくらいならとれるだろう

 

こんな気持ちでトレードしていても、勝てる時は勝てるから

間違ったトレードをしているという意識は少しもなかった。

 

なんとなくチャート分析をして

なんとなく取れるような気がしてエントリーする。

これが間違った行動だったと気が付いたのは

いつくらいだっただろう。

 

はっきりとは覚えていないが、一年以上は経っていたはずだ。

少なくとも一年間は意味のない行動を取り続けていた。

 

なぜ私がこの間違いに気付いたのかというと

利益が全然出ないからだ。

 

時々勝てるんだから

トータルで利益が出ていてもおかしくないのに

増えていくのはマイナスの数字ばかり。

 

ここまできてようやく気が付いた。

「こりゃ、やばいな」と。

「真面目に勉強しないとムリだわ」と。

 

で、勉強した後にわかったのは

 

「ん~ ここでエントリーすれば

 ちょっとは取れそうなんだよな」

 

こんな気持ちでトレードしちゃいかん

ということだった。

 

なんとなく、勢いも落ちてきているし

 なんとなく、そろそろ反転しそうだし・・・

 ちょっとくらいならとれるだろう」

 

この安易な気持ちが

全てを台無しにしていたんだと気づいた。

 

じゃぁ、どんな気持ちになったらいいんだ?ということだが

 

「よっしゃ!ここはチャンスだ!

 テクニカル分析でGOサインの出るチャートの形だ。」

 

「今までの自分の記録を見なおしてみた時でも

 このチャートの形は高確率で利益が出ている」

 

「ここは怖さを無視してエントリーすべきポイントだ!」

 

「よし!俺の金をこのチャートパターンに賭けてやるぜ!

 今しかない!」

 

こんな感じだ。

 

「ん~ なんとなく、エントリーはここかなぁ。多分」

「ちょっとでもエントリーして利益をださないとな。」

 

こういう気持ちがある場合は

良いチャンスではないポイントなのに

無理にエントリーを探していることが多い。

 

『なんとなく』でもエントリーしてみれば利益になることもあるから

そのトレードが正しいのか?間違っているのか?判断することは

意外と難しい。

 

だから、あなたがトレードする時の気持ちに目を向けてみれば

良いトレードをしているのか、悪いトレードを続けているのかが見えてくる。 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

押し目買い、戻り売りのタイミングがわからない

FXで利益を出しやすい方法の一つとして

押し目買い、戻り売り」というのがある。

 

上昇相場で少し安くなってから買うのが押し目買い。

下落相場で少し高くなってから売るのが戻り売り。

 

この押し目買い、戻り売りだが

コトバで言うほどカンタンではない。

 

押し目と思って買ったらそのまま下落した

戻りと思って売ったら上昇していったってことは

よくある話だからね。

 

押し戻りの精度を上げるには方法があるんだが

その前に基礎的な部分について確認しておこう。

 

押し目買い戻り売りを判別するための一般的な方法は三つある。

 

その1

反発している主要ポイントに水平ラインを引いて

「サポート・レジスタンス転換」の時に買う(売る)

 

その2

トレンドラインを引いてラインにぶつかったら買う(売る)

 

その3

ボリンジャーバンド(設定はデフォルトでOK)を表示させて

±1σ(シグマ)あるいはミドルバンドから反発したら買う(売る)

 

さらに

この三つを組み合わせて条件が重なったところを狙えば

判断もしやすくなるだろうし勝率も高くなるはずだ。

 

で、この押し戻りの精度をどうすれば上げられるかというと

環境認識がたいせつになってくる。

 

エントリーする足より大きな足を見て判断するのが

環境認識だ。

 

例えば

「一時間足でエントリーする!」というときは

4時間足とか日足がどうなっているのか?見る。

 

日足も4時間足も上昇トレンドなら

1時間足では押し目を狙う。

 

日足も4時間足も上昇トレンドの時に1時間足で

「戻りかな?」と思えるようなところがあっても

そこは見過ごしてトレードしないようにする。

 

そうすれば精度が上がる。

 

「じゃぁ日足が上昇トレンドで4時間足が

 下降トレンドの時はどうしたらいいの?」

ってことだが、カンタンなのは4時間足が

上昇トレンドになるのを待つ。

 

デイトレードでは4時間足の下降トレンドに

乗れる場合もあるけど、少し難しい。

 

そのタイミングを計るには過去検証をやってみるのがいい。

うまく流れを利益化できるようであれば実践で使うようにする。

 

最初は日足の流れがどうなっているか?に一番注目する。

スキャルでも日足の流れは確認しておくほうがいい。

スイングなど長期なら週足や月足を見るといい。

 

で、この基本的な流れに沿って過去チャートで検証すれば

大体どこで入ればいいか?ってのがわかってくる。

 

だが人によっては検証してもよくわからない場合がある。

それには理由がある。

 

その理由についてはかなり長くなるから

こちらのメールマガジンに登録してじっくり読み進めてほしい。

↓ ↓ ↓

押し戻りに苦戦するあなたへお送りするメールマガジン

 

エントリーチャンスを逃してしまう。様子見をしてしまう。怖くてエントリーできない。

「いい形になってきたけれど

 ちょっと様子を見てしまいエントリータイミングを逃した」

 

「レートがぐんぐん動いて

 怖くなってエントリーすることができなかった」

 

 

トレードに慣れてきたり

トレードに対する知識が多くなってくると

「ここがチャンスだ!」

というポイントでなかなかエントリーできなくなったりする。

 

それは、過去に「エントリーチャンスだ」と感じたポイントで

損切になったことがあるからだ。

 

「エントリーチャンスだ」と感じたポイントで損切になってしまうと

同じようなチャンスが現れてもチャンスだと思えなくなってしまう。

 

「また損切になるんじゃないだろうか?」

「このエントリーチャンスは本物だろうか?」と

不安な気持ちになったり、疑心暗鬼になってしまうのだ。

 

 

だから、

本物のエントリーチャンスかどうか

確認に確認を重ねてしまうことで

エントリーチャンスを逃してしまう。

 

 

本物のエントリーチャンスかどうか疑心暗鬼になることで

エントリーを躊躇(ちゅうちょ)してしまい

伸びていくレートをただじっと見つめるだけになってしまう。

 

 

これを解消するにはどうしたらいいだろうか?

 

 

「チャンスだ」と思えないところで

エントリーしなければならないわけだから

エントリーする時に「チャンスだ」と思ってはいけない

 

 

「エントリーチャンスだ」と思った瞬間に

 

・損切になったらどうしよう

・本物のエントリーチャンスだろうか

 

という確実性を求め始めてしまうからだ。

 

 

だから、「エントリーチャンスだ」と思うのではなく

 

『テクニカル分析によると

 今のチャートはこういう状態でレートがここに来ているから

 こちらの方向に動くとすればここでエントリーすべきなんだろう。』

 

『このエントリーが本物かどうかは動いてみなければわからない。

 反対方向に動いてしまっても、損切で損を限定させているから大丈夫だ。

 テクニカル分析を半分信じてエントリーしてみようではないか』

 

こんなふうに考えたほうがいい。

 

 

トレードでは、

「怖い」

「安心」

こういった感情をなるべく排除したほうがいい。

 

 

感情に目を向けるのではなく

・テクニカル分析通りにトレードしているか

・ルール通りにトレードしているか

ということに目を向けられるように工夫していくと

トレードしやすくなる。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

根拠のあるエントリーポイントって一体どこ?

「根拠のあるポイントでエントリーしろ!」

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

そんな言葉をよく聞く。WHY?

そもそも、根拠のあるポイントって一体どんなポイントだろうか。

 

たとえば、押し目買いなら

上昇するMA(移動平均線)にレートが近づいた時。

 

レンジなら

レンジ上限・下限に引いた

高値・安値抵抗線にレートが到達したとき

 

ブレイクなら

保ち合いからブレイクした時

 

他にも

見ているインジケーターがサインを出した時

ローソク足に長いヒゲがついた時

ダブルトップができた時、などなど。

 

根拠のあるポイントは数えきれないほどある。

 

 

最近のドル円(2013年1月現在)ならば

MAを見て押し目買いやってれば利益になる相場だった。

 

だからこの場合、根拠あるエントリーの一つとして

『上昇しているMAにレートが近づいた時』

『上昇しているMAを下抜けた後に再度上抜けてきた時』

ということが挙げられる。

 

ところで

「根拠あるポイントでエントリーしろ!」

というのは

『そこでポジションを持って、

あなたは果たして最後まで保有しておけるのか?』

という意味が含まれている。

 

『上昇しているMAにレートが近づいた時』にエントリーしても

値動きにビビッてスグに利益確定したり

ちょっとの損で慌てて決済したり。

そんな感情に振り回されたトレードをしないために

根拠が必要になってくる、ということだ。

 

その根拠が果たして本当に機能するのか?

という感情的な問題が出てくるということ。

 

だから、それを確認するために、デモ口座などで実際にトレードしてみて

『あぁ、本当にこうやればトータルで利益が出るんだなぁ』

ということを実感する必要がある。

 

デモ口座で実際にトレードして、最低でも20回ほどトレードしてみて

本当にトータルで利益になった時に、ようやく

『根拠のあるポイントでエントリーする』ということが生きてくる。

自信をもって最後までポジションを保有しておくことができるようになる。

 

そういう意味で言うならば、エントリーポイントというものは

自信が持てるならば何でもいいんじゃないかということにもなるかもしれないね。

 

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

トレードが怖い!エントリーが怖い!損切りが怖い!全部怖い!!!

「トレードが怖い!エントリーが怖い!損切りが怖い!!」

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

 

エントリー、損切りに恐怖を感じることがあるはずだ。

 

トレードを怖がっている画像

「エントリーして、損切りになってしまったらどうしよう」

 

「また損切りになってしまった。

きっと自分の全ての資金を取られてしまうんだ!!」

 

 

こんな感情が

あなたを襲っているのではないだろうか。

 

人間は極端な思考をする傾向がある。

 

経済でバブルが起きたり

世界恐慌が起きたりするのも

世界中の人々が極端な考えになってしまうのが原因だ。

 

※バブルとは、ものすごく景気がよくなること

世界恐慌とは世界的規模で起きる大不況のことである。

 

 

エントリー、損切りに恐怖を感じてしまう原因は

 

極端に考えすぎ。

 

これだ。

 

 

エントリーや損切りが怖い原因は

あなたが極端に考えすぎているから。

 

 

「そんなこと言われても怖いものは怖いんです!!」

 

確かにそうかもしれない。

私も長い間トレードが怖かった。

 

トレードの怖さを克服するために

どんな考え方、工夫をすれば良いだろう。

 

 

私がやったことは

 

・トレード枚数を少なくした

 

・自分のトレードを何度も見直し

冷静に分析してトレードすれば怖くないと言い聞かせた

 

・何度も損切りになったとしても

きっちり決めた位置で切っていれば、たいした被害はないと

何度も何度も確認した

 

こういったことだ。

 

 

そして、さらに工夫したことといえば、

小さな枚数でトレード回数を増やしてみたということだ。

 

スキャルピングはトレード手法として持っていなかったが

自分のトレードスタイルをスキャルピングに反映させ

なるべくルールに外れないようなトレードをしてみた。

 

※スキャルピングとは、エントリーして数秒、あるいは数分後には

決済するという超短期トレードのことだ

 

 

つまり、

 

トレードに慣れることを目標にして

トレードに慣れる練習をした

 

ということだ

 

 

トレードには「慣れ」もある程度必要になってくる。

 

何をするにしても「慣れ」というものは必要だよね。

 

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

エントリーポイントがわからない!を治す考え方

「エントリーポイントがよくわからないんです」

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

 

こんな風に悩む人は多い。ありがとうの画像

あなたも、もしかしたら

エントリーポイントで悩んでいないだろうか。

 

エントリーポイントで悩んでしまう原因の一つとして

あなたに伝えておきたいのは

カンペキなエントリーを目指してしまっていないか?

ということ。

 

 

絶対に利益が出るポイントで!」

絶対に損切りにならないポイントで!」

 

そんなことを

考えていないだろうか?

 

そんなことはいくら考えても時間のムダなので

あきらめること。

 

 

かくいう私も、エントリーポイントには悩みに悩んだ時期がある。

「絶対にブレに引っかからないように」

「絶対勝てるポイントがあるはず!!!」

 

何時間も、いや、何百時間もそんなことを考えて

チャートと向き合っていた。

 

今となってはなーんてバカで浅はかだったんだろうと思う。

そんなことにこだわってしまったために

目は悪くなるし、体調は崩してしまうし

ホントウにとんでもなかった。

 

とは言っても

ある程度エントリーポイントを選ぶ必要はある。

しかし、それはそんなに難しいことだろうか?

目を悪くするほど、体調を崩してしまうほど

こだわらなければならないことだったのだろうか?

 

いや、それは違う。

 

そこまでこだわる必要はない。

こだわりすぎた私は間違っていた。

 

 

余裕を持ってチャートを分析し

落ち着いた心で

欲にまみれていない目で見れば

エントリーポイントを探すことは、あなたにとって簡単なはず。

 

 

もし、あなたがエントリーポイントがわからない!

と感じているのであれば、それは

絶対に損切りにならないポイントを!」

絶対に利益になるポイントを!」

こんな心で探しているからだ。

 

 

たとえ勝率が99%だとしても

100回に1回は損切りになる。

 

勝率が80%でも

100回に20回は損切り。

2~3回程度の連続損切りになっても想定の範囲内。

(あ、なんかライブドア思い出しちゃうね)

 

どんなに頑張ってエントリーポイントを探したって

損切りになる時はなる。

 

・・・・

 

・・・

 

損切りになる時はなるんです!!!

 

 

損切りを怖がるな。

怖がるからトレードが崩れる。

 

損切りはあなたの資金を守ってくれている

頼もしい仲間だと思え。

 

 

「損切りさん、いつもありがとう」

「私の資金を守ってくれて、ありがとう」 

 

 

この心があれば、エントリーなんて怖くないし

エントリーで悩むこともなくなる。

 

 

 まぁ、これがわかるまでには

相当の時間が必要かもしれないけどね。

これを理解すれば、もうあなたは稼げるトレーダーの仲間入りだ。

 

 

【これまでのお悩みに対する記事はこちら】

 

お金がない 資金がない あなたならどうする?

 

裁量トレードって一体なに?
エントリーを取捨選択したらルール違反じゃないの?

 

・「ビクトリーメソッドアドバンス【VMA】」勉強後、
どのような途中経過をたどって勝てるようになったのでしょうか。
また、どのくらいの期間で勝てるようになりましたでしょうか。

 

勝てるチャートパターン・エントリーポイントをどうやって見分けるの?

 


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村
最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ