損切ができない、損切になるとカッとなってイライラするあなたへ

「損切ができません」

「損切するとカッとなったり、イライラしたりします」

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

そんな風にあなたは悩んでいるかもしれない。

私も損切が嫌で嫌でしょうがない時期が長くあった。頭にきた!イメージ画像

 

結論から言えば

私は今でも損切は嫌だ。

 

損切は資金を守ってくれる、ありがたいものだと思ってはいるが

やっぱり嫌なものは嫌だ。

嬉しいとは思わない。

 

だから、「損切がなかなかできない」

「損切した後にカッとなったり、悔しくてたまらなくなる」

ということがあっても、

自分はトレーダーとしてはまだまだなんだろうな。

と、あなたが今どのくらいのレベルにいるのかだけを確認しておけばいい。

 

損切がなかなかできないのは、

人間として当然と言えば当然の行動であるし

損切の後に感情的になるのもごく普通のことだ。

 

大事なのは、

なかなかできない損切にチャレンジすることだったり

損切した後にカッとなったり、悔しくてたまらなくなっても

予定外の行動をしないように

あなた自身を監視しておくことができるかどうかということだ。

 

予定外の行動というのは、

予定外のトレードをしたり

ナンピンをしたり

レバレッジを上げたり

急に大きな枚数でトレードしたりという悪い行動のことだ。

 

トレーダーという仕事は、本当に地味だし、

「何でこんなことやらなきゃいけないのー?」

という部分が大半だ。

 

なかなかできない損切も、

身に付けていかなければならないし

損切に対する悪い感情も

少しづつ少しづつ変えていかなければならない。

 

そして

おかしな行動をしないように、

常に自分自身を見ておく必要がある。

 

こういったことが身に付くまでは本当に疲れるし、

「スグに利益を手に入れられる方法はないかな?」

と思ってしまっても当然だと思う。

 

だから

「損切ができません」と悩んだり

「損切になるとカッとなったり、悔しくて仕方ない」という状態になったとしても

 

「普通の人にはできないことをやろうとしているんだ!」

という強い気持ちを持てば、

「頑張ってみよう、乗り越えてやろう!」

という強い気持ちが湧いてくるはずだ。

 

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

遠回りをするか、近道をするか。ビクトリーメソッドは自信を持ってオススメできる。

「情報商材なんかに頼らずに、独学でトレードを学ぶ!」

 

「情報商材なんか意味がない。お金を捨てているようなもの。

無料ブログだってあるし、書籍を買えばいくらだって勉強できるじゃないか!」

 

私は以前、そんなふうに思っていた。

 

「情報商材なんて、あんな高いもの買うもんか!

そもそも本物のトレーダーだったら

情報商材なんか作って売らなくても、自分の手で稼げるじゃないか!

トレードで稼げないから売っているに違いない!」

 

こんな風にも思っていた。

 

・・・だけど結局は

情報商材を買って勉強することになった。

 

 

それは

一人のトレーダーがどうやってトレードしているのか

基本的な考えからそのルール

普段どんなふうにトレードしているのかを

一から十まで全て教えてもらえ、見ることができることの

大切さに気づいたからだ。

 

 

無料のブログや色々な書籍から

多くの情報を手に入れることはできるが

それらは断片的な知識としてしか頭に入ってこない。

 

 

「利益は細かくとったほうがいい」

「利益は大きくとらなければだめ」

 

「順張りで大きく利益を上げています」

「逆張りで効率的に利益を上げています」

 

 

たとえ正しい情報を手に入れていても

あなた自身が勝てるトレーダーでないのならば

手に入れた断片的な情報を

どう使い分ければよいのかわからないだろう。

 

 

あなたが正しいと思うことは本当に正しいのだろうか?

勝てないトレーダーが勝てない頭で頑張って考えても

スグには勝てる答えは出せないのではないだろうか?

 

 

「こうすれば勝てる」ということがわかっているのならば

あなたはすでに良い結果を出しているはずだ。

 

しかし、「こうすれば勝てる」と考えてトレードしているのに

いくらやっても勝てないのは、

その考え自体が間違っているからではないだろうか?

 

 

情報商材の中にはヒドイ詐欺まがいのものも多くあるが

値段以上に価値のあるものは現実に存在する。

 

 

間違ったトレードがクセになってしまわないうちに

正しいトレードのやり方を早いうちから勉強していくほうが

後々、絶対にあなたのためになる。

 

 

トレードのお手本があるのとないのでは

成長の速度が大幅に違う。

 

正しいトレードを学びたいのならば

自信をもってオススメする。

 

早速、トレードのお手本を確認したいのならば

以下をクリック

 

裁量系トレードでは最良の教材

あなたがFXで1番知りたかったこと。
先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版紹介サイト

 

【簡易版】 

本格的FX投資メソッドを求めるすべての初心の方へ
FXビクトリーメソッド【ベーシック】簡易版紹介サイト

 

ビクトリーメソッドをご購入された方々の感想をご紹介

 

本当に霧が晴れたように思考が整理できました

 

先日、マニュアルを購入した○○です。

一読して、大変感動しました。

 

いくつかのFX商材を試していたのですが、

いまひとつ画面を前にするとはっきりタイミングがつかめなかったんです。

このマニュアルを購入してから以前よりぐっと勝率が上がりました。

 

どの教材を買っても、いまひとつあいまいだった

タイミングのつかみ方が明確になったんですよ。

 

以前は、いくら本を読んでも、いくら自己流のトレードを繰り返しても、

増えるのは口座のマイナスだけ、頭は混乱するばかりでした。

今、この状況が終わろうとしています。

 

とにかく、すぐ実践できるようにパターン別のまとめがあって、

本当に霧が晴れたように思考が整理できました。

これまでに購入した教材の知識にも、応用利用できます。

 

ここ数ヶ月の苦悩から救われました、購入して本当によかったです。

ありがとうございます。


東大阪市 J.F 様

 


5枚しか立てていないのにポンド円で15万円の利益


お世話になっています。

その後の報告がしたくてメールいたしました。

最初の実践トレードでは、いまひとつはっきりしない時に入ってしまって損きり。

しかしその後すぐ、逆のサインが出たのを確認して乗ってみたところ、大きく結果が出ました。

 

ポンド円でしたが、2日で15万円ほどです。

それぞれ、一旦その日のうちに手仕舞いしています。

5枚しか立てていないのに、上出来でした。

 

こんなに値幅をとったことがありませんでした。

たぶん、いやきっと私は、はじめて損小利大を体感したのではないでしょうか。

ありがとうございました。

*********************************

 

私のFXトレードを飛躍的に向上させてくれました

 

このFXビクトリーメソッドは、曖昧な投資哲学的なものではありません。

個々具体的にエントリー基準を述べられています。

そういった意味でとても実践的なものです。

 

マスターすれば、チャートを見ただけで自然と売買サインが

点灯しているかのようになるでしょう。

 

それよりも、このVMアドバンスをマスターすることによって、

正しい「相場観」が身に付くことができると思っています。

 

特にVMアドバンスの中の「チャートの背景的状況を分析する」

という章は、大変感心し…というよりも大げさに言うと感動しながら

読ませてもらいました。

 

これほど、具体的に数値をあげてトレードの適否について

解説したものを読んだことがありません。

 

最近は裏技的なFX商材も多く、「1日○分」「○でも犬でも儲かる」

…的なものもありますが、しかし、VMアドバンスは、そのような類のものとは

一線を画しています。

 

ですから安直な方法をお望みの方にはお薦めはできませんが、

本格的にFXトレードに取り組まれようとしている方には特にお奨めいたします。

 

東京都府中市 富良野 太郎 様

 

 

トレードのお手本を確認したいのならば

以下をクリック

 

裁量系トレードでは最良の教材

あなたがFXで1番知りたかったこと。
先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版紹介サイト

 

【簡易版】 

本格的FX投資メソッドを求めるすべての初心の方へ
FXビクトリーメソッド【ベーシック】簡易版紹介サイト

 

 

 

参考記事

マエストロFX(MaestroFX)と
ビクトリーメソッド(VMA)の違い

利益を大きくとるトレードができないあなたへ

薄利決済はもうやめよう!

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

トレードで勝てない原因として、

『薄利で決済してしまう』ということが考えられる。

 

少し利益が出てそれを確定させられるとうれしい。

私は以前そうだったが、きっとあなたも同じだと思う。

 

しかし

利益が少なくなると嫌だからと、いつも薄利で撤退していたら

「大きく動くおいしい部分がとれない」という悲しいことになってしまう。

こんな悲しいことをさけるためには、

常においしい部分を取れるようなトレードをしておく必要がある。

 

相場全体の動きにもよるから一概には言えないが

レートが大きく動いた後は、急反転して元のゾーンに戻ってくるよりも

そのまま動いた後のゾーンで揉み合うことが多い。

 

だから

『長く保有しておくトレード』

あなたにとって非常に有利であることに気づいてほしい

 

ところで、私は以前こう考えていた時があった。

「天底をとりたい」

「大きく動くときだけ大きくとりたい」

「小さく動くときは確実に小さくとりたい」

しかし、そんなにうまく相場を予測することは誰にもできないことに気づいた。

 

大きく動くかどうかは動いてからでないとわからない

 

だから、常に一部のポジションを

相場に残しておく必要があるということに気づいた。

 

最近の相場は大きく動くから、この練習をするのにうってつけだ。

「一部のポジションを残して、逆指値を設定して放置」

非常に効果のあるトレード練習法だ。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

あやなからのお知らせ

いつもブログにご訪問頂きましてありがとうございます。

あやなからのお知らせとお願いです。

 

ご質問メールなどを送った後に、三日経ってもお返事がない場合は

あやなに届いていない可能性があります。

 

迷惑メールフォルダに入ってしまい

一応、チェックはしていますが多くの迷惑メールに埋もれてしまって

私が見過ごしてしまうこともあります。

 

頂いたメールやご質問には

全てお返事させて頂いていますので

もし、「質問したのに返事がない!」という場合は

ブログのコメントか、あるいは右上のお問い合わせから

私に教えてください。

 

ブログのコメントが一番確実ではあります。

 

コメントは承認制ですので、公開したくない場合は

「公開しないで」と書いて頂ければ公開しません。

 

よろしくお願いします。

 

私もより注意深くメールチェックします。

お返事遅くなった方、すみませんでした。

 

 

カテゴリ:雑記  [コメント:2]

デモトレードに何の意味があるのか?

「デモトレードに何の意味がある?」

 

「デモトレードなんてつまんねえ!

緊張感もないし、デモトレードなんて意味がない!」グルグル回る

 

「デモトレードなんてせずに、少額からトレードすれば

お金も増えるかもしれないし、一石二鳥じゃん!」

 

以前はそんな考えがよぎることがあった。

 

そして少額トレードを続けた結果・・・

 

・利益が欲しい、減るのに我慢できなくて薄利で決済

 

・損切は嫌だから我慢して、

 時々とんでもない大きな損切

 

・とにかく利益を出したくて過剰トレード

 

・レートが大きく動けば飛びつく

 

こんな悪い癖ばかりが身に付いた。

 

「なんで結果が出ないんだ!!!

自分はできそこないのダメなやつだ・・・」

そうやって自分で自分を責め続けた。

 

まぁ、おかしいといえば、おかしな話だ。

 

『利益になるトレード』が身についていない段階で

いくらトレードしたって利益になるはずはないのに

一生懸命利益を出そうとしていたから。

 

しかし私はなかなそれに気づけなかった。

なぜなら、偶然にでも勝つことがあったから。

 

「やった!トレードして利益が出た!」

という事実は

「トレードし続ければ利益が出せる!」

という事実とは別のものなのに。

 

トレードして利益が出るということと

トレードしてトータルで利益が出る

ということとの区別は、つけにくい

 

だから、デモトレードなんて意味がないと思ってしまう。

 

時々勝てるんだから、

トレードしていればそのうち自然に

利益が出せるようになるだろうと思ってしまう。

 

デモトレードでトレードしてみて、

『このルール通りにトレードすれば

トータルで利益になる!!!絶対になる!!!』

という確実な自信を持たなければ

 

少額トレードだろうが、何だろうが

実戦トレードで利益を出し続けることはできない。

 

トレードとは

 

『ルール通りにトレードしてトータルで利益を出す』

という、今まで経験したことがない行動をしなければならないのに

「トレードさえすれば利益が出せる」

と、何の根拠もなしに、トータルで利益の出ないトレードをし続ける

 

こんなおかしな行動をさせるものだ。

 

そして、さらに私は

『稼ぎながら練習すればいいじゃん!』

そんなおかしな考えすら持っていた。

 

よく考えればわかることだが、

稼げるなら練習する必要なんてない。

稼げないから練習する必要があるし

トレードを勉強する必要がある。

 

デモトレードでトレードして

どうやって戦略を練って、実際にどこでエントリーして

具体的にどうやって損切、利確をして

どんなところでエントリーしてはいけないのか

 

これらがはっきりと他人に説明できるまで

瞬時に判断して行動できるまで

身に付ける練習をしなければ

いつまでたってもグルグルグルグル同じところを回り続けてしまう。

 

私にはそんな時期があった。

 

ポジポジ病を誘発してしまわないために

「どこをトレードして利益を得ようか」

 

 

私はトレードする場合にそう考えることが多い。

しかし、この考えは良くない。

 

この考えこそ『ポジポジ病』を

誘発してしまう考え方だからだ。

 

「思わずトレードしてしまって

損切になってしまった」

こんなトレードが次のトレードに

与える悪影響は大きい。

 

ここでぐっと自分自身をコントロール

することができればよいのだか

それがまだできない場合には、

ここからトレードが崩れたりするものだ。

 

「どこをトレードして利益を得ようか」

こう考えるのではなく

 

「どこをトレードしてはいけないだろうか」

こう考えるのが正解だ。

 

「トレードしてはいけない場所」を把握することで

「トレードしてもよい場所」を

よりはっきりと把握することができるようになる。

 

トレードレベルによっては、

「トレードしてもよい場所」で

手が出ない場合もあるだろう

 

その場合は反省しつつも、しっかり確認し

次に同じようなパターンになった時は

手が出せるように確認すればよい。

 

しかし、「トレードしてはいけない場所」で

思わず手を出してしまった場合には

しっかりと反省し、二度と同じ間違いを

しないように、よりいっそう注意深くなる

必要がある。

 

トレードは本当に面倒なことばかり

やる必要があるし、自由にできる

部分なんて一つもない。

 

自由にやりたいのならば

そもそもトレードなんてやってはいけない。

 

「自由にトレードしたい」

「そしてお金も稼ぎたい」

 

そんな甘い考えで食っていけるような世界ではない。

 

自分自身をきちんとコントロールできる人だけが

トレードで利益を上げ続けられる。

 

相場には、自分自身をコントロールできる人が

世界中から集まっている

 

ポジポジ病を克服するために必要な

トレードの基礎を学ぶにはコレ

⇒最速で専業レベルを目指す特別プロジェクト

 

 

あなたを救う「トレーダー思考」とはこんな思考だ

「あぁ 損切になってしまった

なんて下手なトレーダーなんだ!

もうだめだ、お先真っ暗」

 

私は以前

損切になるたびにこんなことを考えていた。

 

あるいは

「本当にダメなトレーダーだなぁ。あぁ、どうしよう」

そう悩んでいれば利益の出せるトレーダーになれる

そんなことを無意識に思っていたのかもしれない。

 

「ダメだなぁ」

「自分は情けない」

そう考えていた時期は

なかなか利益が出せなかった。

 

色々と勉強するうちに、

「前向き、つまりポジティブに考えたほうが

成功できる可能性が高くなる」

ということがわかってきた。

 

それを知ってから

前向きに考える、ポジティブに考える努力をした。

 

「できない」と思うのはやめよう

「私にはできる。私にできなくて誰ができる」

「やるしかない!」

 

そして、損切に対する意識も一気に変えた。

 

「損切は素晴らしい。資金を守ってくれる」

「しっかり損切できる私は素晴らしいトレーダーだ」

「損切になってもトレードが崩れなければ必ず利益は残る」

 

大丈夫、大丈夫、大丈夫、私はやれる。

そう言い聞かせてきた。

 

そして、「ダメだ 無理だ できない」

こういった言葉を出さないようにしてきた。

 

思わず口にしてしまいそうな時もぐっと我慢した。

 

最初は結構大変だったが

少し頑張ればすぐに身に付けることができた。

 

まぁ、「前向きに、ポジティブに考える」というよりも

「後ろ向きに考えなくなった」という方があっているかもしれない。

あまり前向き過ぎても疲れる時があったからだ。

 

それとともにトレードも安定してきた。

 

自分自身の精神状態が

こんなにもトレードに影響するんだなぁとその時つくづく思った。

 

こんなに素晴らしい効果のあるこの考え方は

やろうと思えばいつでも始めることができる。

 

いつからやればいいかって?

今スグだろ?

 

 

トレードに必要なのは『トレードルール』と『○○』

あなた自身をコントロールするために必要なものがある。

 

トレードするために『トレードルール』がある。

 

そして、トレードルールをきちんと執行するためには

あなた自身をコントロールする必要がある。

 

あなた自身をコントロールするために必要なのが『規律』だ。

 

規律とはこういったもののことだ。

 

・トレードする時間帯を決める

・○回損切になったらその日はトレードしない

・ルール違反で利益を得たらその日はトレードしない

・相場の予想などが書いてある情報を受け取らない

・他人のトレードを見ない

・一日に○回以上トレードしない

・「トレードが崩れた」と感じたら一週間チャートを見ない

・家族と喧嘩したらトレードしない などなど。

 

あなた自身をコントロールするために

具体的な言葉で表しておくと良い。

 

頭の中で思い描いているよりも

紙に書いて目の前に貼っておくほうが効果的だ。

 

たとえば、ポジポジ病を治すための規律だとすれば

『常に、チャートポイントまで待つことができるようになった』

と、すでにできる状態になっている言葉で書くと良い。

 

当然、最初からこれらの規律を守るなんてことはできないだろう。

できないから、やるのだ。

 

何度も何度も何度も何度も

身につくまで規律を意識する必要がある。

 

最初から規律が身についている人なんて、いない。

 

 

トレーダーとして成功したければ

あなたは「トレーダーとして成功したい」と思っているだろう。

 

トレーダーとして成功したいならば

自分自身に厳格になる必要がある。成功と失敗のイメージ画像

 

「こうなったらエントリーしよう」とトレード前に考え

実際にチャートが思い描いた形・ポイントに到達したならば

エントリーしなければならない。

 

思い描いた形・ポイントに到達していないのにエントリーしたり

思い描いた形・ポイントに到達しているのにエントリーしなかったり

 

そんなことをしていてはいけない。

あいまいになってはいけない。

 

 

「こうなったら利益確定・損切しよう」とトレード前に考え

実際にチャートが予定していた形になったり、ポイントに到達したならば

利益確定・損切しなければならない。

 

トレード前に考えたいたことと違う考え

「もう少し利益を粘ってみようかな」

「薄利だけど決済してしまおうかな」

「早いけれど損切してしまおうかな」

「損切をもう少し我慢してみようかな」

 

そんなことをしていてはいけない。

あいまいになってはいけない。

 

 

トレーダーとして成功したいならば、

まずは「自分自身に厳格になる」というクセを身に付ける必要がある。

 

自分自身に厳格になれない状態なのに

最初から『利益を出そう』などと思ってトレードしていると

永遠に「利益の出ないトレード」を繰り返すことになる。

 

こうなると「利益の出ないトレード」のクセがついてしまう。

 

ポジポジ病

飛びつき

早い利食い

遅い損切

 

これらのクセがついてしまうと

治すのに本当に苦労する。

 

私がそうだったからだ。

 

だから、もしあなたがまだ厳格さを身に付けていないのならば

「利益を出そう」というトレードではなく

「利益は考えずにルール通りにトレードしよう」

ということだけを頭に置いてトレードの練習をすると良い。

 

そうすれば、不思議と利益が出るようになる。

 

ポジポジ病を発狂するほど経験したあとに

連続して損切 ⇒ 値が大きく動く 

⇒ しまった!乗り遅れた!と思わずエントリー ⇒ そして損切

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

私はこんな状況を「もう、イヤだ!」というほど経験してきた。

発狂寸前までいったこともある。

 

トレードが崩れる原因としては

こんな気持ちになっている時が多かった

 

 

・勝とう勝とうという気持ち

 

・大きく動いているのに取れない!というくやしさ


・みんな利益を手にしているのに

自分だけが下手なトレードをしているのではないかという不安

 

・損切になって悔しいという気持ち などなど。
 
 
 
こういった色々な感情が
私の心の中でグルグルとまわっていた。
 
 

特に、どの通貨も大きく動いているのに

取れなかったり、損切になったりすると

普段の相場付よりも、より悔しかったり、
より焦ったりする気持ちが大きくなっていた。
 
なぜなら
後から見ると簡単そうな相場に見えるからだ。
 
 
でも、簡単な相場なんてないんだ。
はっきりとわかる上昇トレンドの状態であっても
実際には細かく上下しているものだから。

 

 

 

はっきりとわかる上昇トレンドの状態であっても

タイミングをとることは意外と難しい

 

 

 

「もうすぐ反転するのでは?

そろそろ動きが止まるのでは?

もうこれ以上は上昇しないだろう。」

 

そんな考えも頭をよぎる。

 

『トレードは常に非常に難しいものだ。

たとえはっきりとわかるトレンド状態の中であっても』

 

 

そんな考えを常に持っておく必要がある。
 
 
ポジポジ病をなくすために必要な考え方の一つとして

 

『トレードできるポイントは少ない』

という考えをしっかりと認識しておく必要がある。

 

そして、「トレードできるポイントは少ないんだ」と

はっきり認識するためには

チャートポイントをきちんと理解しておく必要がある。

 

あなたは、チャートポイントをきちんと理解しているだろうか。

 

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ