FXルールの作り方。初心者用

トレードで難しいのは「決定する」ということ。

 

利益はもっと伸ばしたい。確定したくない。

乗っている利益が少なくなるのはイヤ。

損切するのはイヤ。

 

全てやりたくないことだが

これら全てをやることで利益が残る。

 

初心者のうちはどうルール設定すれば

いいのか悩む。

 

具体的なルールの作り方。

 

損切位置を決定する。

 

テクニカル指標やトレンドラインを見て

混乱する場合はローソク足を基準に

するといい。

 

テクニカル指標やトレンドラインは、

全てローソク足から派生したもの。

 

結果的にはほぼ同じポイントに

損切位置を置くことになる。

 

例)

・エントリーを決める足の前回、あるいは

 現在のもみ合い下限を損切位置にする。

 

利益確定位置を決定する。

 

利益目標はもみ合って反転する

可能性が高いポイントを探せばいい。

 

例)エントリーを決める足よりも

  大きい足で抵抗線を見つけ

  そのポイントを利益目標に定める。

 

例)エントリーする足の前回安値・高値を

  利益目標にする。

 

例)エントリーした足よりも小さな足で

  もみ合ったポイントの下に置く。

  という作業をして損切位置を小さく

  していく。

 (トレイリングストップと呼ばれる)  

 

利益確保のための補助的な

ルールを決定する。

 

・エントリーした後の時間制限を決める。

例)○分保有後、利益であろうと

  損切であろうと決済する

 

損切位置と利益目標が決定したら

損<利の設定になっているかを

確認する。

 

損<利が見込めない時はトレードしない。

 

全て紙に書き出してルールとして

チェックできるようにパソコンの

横に貼っておく。

 

これでOK。

頑張ってやってみよう!

 

最初は少し窮屈に感じるが、ルール通りに

トレードすることを体にしみこませる。

 

記録がたくさんできたら、見直してみる。

 

明らかにおかしなルールを発見すれば

修正する。

 

明らかにおかしなルールでなければ

そのまま続行すればいい。

 

何がおかしなルールかというのは

記録をチェックすればわかる。

 

例)損切幅が大きすぎる・小さすぎる

  利益目標が大きすぎる・小さすぎる など

 

参考にした書籍はコチラ

 

FXの知識を正しく脳にインプットする方法

「素晴らしい情報商材を手に入れたゾ!

 これで私も勝ち組の仲間入りだ!」

 

ちょっと待ってほしい。

 

『素晴らしい情報商材を手に入れただけ』

ではまだ不十分。

 

あなたが勝ち組の仲間入りをするのは、

手に入れた情報をあなたの脳にインプット

してからだ。

 

あなたの脳にインプットできたかどうか?

は、カンタンに確認できる。

 

紙に書き出してみる

 

たったこれだけ。

 

あやふやに覚えているポイントが、

瞬時に判明する。

 

最も手軽で強力な方法だ。

 

パターン1 スラスラと書き出せる

 

・ボラティリティの確認は○○の幅を見る。

・方向の確認は○○と○○を見る。

・利益目標は○○で決める。

・損切位置は○○で決める。

・強い抵抗線(分岐点)を見つける方法は~~~

 

スグ書き出せるならトレードの最中にも

素早く、正しく判断できる

 

デイトレード、スイングトレードだけではなく

スキャルピングのように素早い判断が

必要とされるトレードにもチャレンジできる。

 

パターン2 考えながらなら、書き出せる

 

「えーと、利益目標はどうやって

 決めるんだった?確か○○を

 目標にするんだったよな?」

 

「損切の位置は固定だったっかな?

 動かしてもよかったかな?この

 パターンの時は動かしながら位置を

 変えていくんだったな」

 

考えながらでも書き出せるのは素晴らしい。

 

しかし、トレードの最中に

素早い判断はできない

 

スキャルピングをするには不安だ。

 

判断時間に余裕のあるトレード

チャレンジしよう。

(デイトレードやスイングトレード)

 

パターン3 

 

書き出せない部分がたくさんある

 

「エントリーできる条件は何だったかな?

 覚えてないや」

 

当然、トレードの最中にも

正しい判断ができない

 

判断時間に余裕のあるトレード

チャレンジしよう。

(デイトレードやスイングトレード)

 

並行して、手に入れた情報の内容を

確認しながらあなたの脳に正しく

インプットする作業を続ける。

 

大切なのは、あなたが今どのステージに

いるのか確認し、やるべきことは何かを

明確にさせることだ。

 

迷ったり悩んだりする時間を大幅に

短縮し、他の誰よりも早く勝ち組の

仲間入りを果たせる。

 

FXで実際にエントリーする時の具体的な判断方法

トレンドは複数の時間足で総合的に判断する

 ということはわかりました。

 

 それでは、実際のエントリーはどう

 考えればいいんですか?」

 

売るか買うかをトレンドの方向を見て決め、

次はエントリータイミングを考える。

 

ステップ1

複数の時間足でトレンドを確認し

売るか買うかを決める。

 

ステップ2

注目されそうな強い抵抗線を探す。

 

ステップ3

・抵抗線を突破してそのまま進むのか

・抵抗線で反転してしまうのかを見極める

 

ステップ2まではできるのに、ステップ3の

段階になると正常な判断ができなくなる

場合がある。

 

値がビューン!と動いたときに思わず

エントリーしてしまい損切。

 

損切になった後にドテン(反対売買)し、

さらなる損切。

 

こういった自由なトレードを

してしまう場合がある。

 

これは、はっきりとしたルールを

決めることで解決する。

 

例えば、こういったルールを設定する

 

ルール例その1

テクニカル指標が上を向いたら買う、

 下を向いたら売る

 

ルール例その2

終値で抵抗線を抜けたら買う、売る

 

ルール例その3

ローソク足の形を決め、その形が出たら

 売り買いする。

 

(ローソク足の形にはつつみ線・はらみ線・

 毛抜き底など、エントリーに使える形が

 色々ある。)

 

単純にこれだけ。

 

単純だが、カンタンではない。

 

例えば、これらすべてのルールを使う

と決めたとしよう。

 

ルール1、2の条件は満たしてるのに

ルール3の条件を満たしていない場合、

エントリーできない。

 

これらすべてのルールを使うとすると

条件がかなり厳しくなるから、

トレードチャンスは少なくなる。

 

トレードチャンスが少ないと、

トレードできずにイライラしてくる。

 

「ルール1と2は満たしているから

 エントリーしようかな」

 

そんな考えが湧き上がってくる。

 

ルールを無視してトレードすれば、必ず

損切になるというなら何ら問題はない。

 

ルールを無視したエントリーでも、

利益を上げられることがある。

 

「ルール違反しても利益になった」

 

この経験を繰り返し犯すことで

「ルール違反してもOK」の認識が

生まれる。

 

トレードが崩れ、ルール無視の

トレードを続けるハメになる。

 

結果、どんなにトレードしてもトータルで

利益を上げることができなくなる。

 

「じゃぁ、ルールを極限まで少なく

 すればいいじゃない」

 

と考える。

 

ルールを極限まで少なくするとしよう。

 

ルール例その1

テクニカル指標が上を向いたら買う、

 下を向いたら売る

 

このルールだけに従うとする。

 

シンプルだが、これだけだとトレード

回数が増え過ぎる。

 

シンプル過ぎて、「エントリーのだまし」

を避けることができない。

 

※「だまし」とは、テクニカルが出した

売買サインとは逆に動いていくこと。

 

「エントリーのだまし」が避けられず

損失の割合が増大する。

 

結果、トータルで利益が出せないか、

微益で終わる。

 

「じゃぁ いったいどうしたらいいの!?」

 

ルールを作る時のバランスが重要。

 

トレンドがはっきりしているとき

 ダマシの動きは少なくなる

 

→ シンプルなエントリールールを使う

 

トレンドがはっきりしていない時

 ダマシが起きやすい

 

→ 少し厳しい条件のエントリールールを使う

 

これをトレンドを見て使い分けるだけ。

 

「トレンドが出ていない時はトレードをしない」

 

このルールは最強だが、トレード回数が

少なくなるデメリットがある。

 

年に何回トレードするのか、月に何回トレード

するのか、日に何回トレードするのか。

 

あなたのトレードスタイルと照らし合わせて

どんなルールを決めればいいか選ぶといい。

 

トレンドはどの時間足で把握すればいいのか

トレードで大切なのはトレンドを

把握することだ。

 

大きい時間足でトレンドを見つけ

小さい足でもトレンドを探す。

 

初心者でも知識として知っている人は

割と多いかもしれない。

 

しかし、いざ判断となると異常に

難しく感じる。

 

・大きい足が上昇トレンド

・小さい足が下降トレンド

 

こんな時は特に悩ましい。

 

「大きい足は上昇トレンドだけど、

 小さい足は下降トレンドだから

 売りで入れるのかな?」

 

「順張り戦略だから大きい足の

 上昇トレンドの動きに逆行する

 売りは入らないほうがいい?」

 

「小さい足では下降のトレンドが

 出ていて、売りは順張りになる。

 やっぱり売りで入っていい?」

 

と混乱する。

 

一番いい選択は、小さい足が上昇

トレンドになるのを待って、押したら

買う戦略。

 

大きい足も上昇トレンド、小さい足も

上昇トレンドなら利益を上げやすい。

 

ただし、100%完璧に機能するわけではない。

 

小さい足が上昇トレンドになるのを

待っていたらそのまま下降トレンドが

継続してトレードできない時もある。

 

小さい足が上昇トレンドになって

押して買ったところが最高値で、

損切になる場合だってある。

 

大きい足が上昇トレンドの時、小さい足が

上昇トレンドになるのを待ったほうがいいか

小さい足の下降トレンドに乗っていいかは

その時の状況で個別に判断する。

 

大きい足の上昇トレンドが終りそうなら

小さい足の下降トレンドに乗る選択も

場合によってはできる。

 

大きい足の上昇トレンドが強そうなら

小さい足の下降トレンドは無視して、

小さい足も上昇トレンドになるのを

待ってから押しで買う選択ができる。

 

「その判断方法はどうやってするの?」

 

環境認識を学ぶといい。

 

環境認識とは、今はレンジかトレンドか

といった相場の流れを判断すること。

 

トレンドが始まりそうな状態なのか

トレンドの最中なのか、トレンドが

終了しそうなのかを判断する。

 

トレンドが始まりそうなら、始まりそうな

トレンド方向だけのエントリーを考える。

 

トレンドが終了しそうなら高値(安値)掴み

になりそうな順張りトレードを控えたり、

場合によっては逆張りを考えることもできる。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

貧乏を回避する方法

あなたは5つ以上のメールマガジンや

ブログを購読しているだろうか?

 

1日に5つ以上の情報を見ると、

成功できない確率が90%以上に

跳ね上がる。

 

・・・

 

「貧乏になることだけは

 避けなければならない」

 

月収14万円程度しか手元に入らない

店長時代、私は毎日強烈な不安に襲

われ続けていた。

 

「今の生活でいっぱいいっぱいなのに、

 老後の資金まで貯めることができる

 だろうか?」

 

「年を取って体も動かなくなれば

 就ける仕事すらないかもしれない」

 

「この狭いアパートで、誰にも看取られず

 一人悲しく死んでいくのだろうか・・・?」

 

そんなのは絶対にイヤだ!!

 

私は必死になってこの状況から

抜け出そうともがいていた。

 

「とにかく、情報だ。有益な情報を

 集めておく必要がある」

 

トレードに関する情報を片っ端から

見るようにした。

 

役に立ちそうなメールマガジンは

毎日10通以上購読。

 

役に立ちそうなブログも毎日

10個以上見て回る。

 

「これだけ有益な情報に囲まれて

 いれば、必ず成功できる!」

 

そう信じていた。

 

多くの有益な情報に囲まれた結果、

 

・このパターンは、値動きを確認して

 反転するなら決済するといいです。

 

・値動きなんか確認すると損大利小

 になるから、目標に達したら即決済

 するのがいいです。

 

こんな、真逆の意見を取り入れて

しまうハメになった。

 

トレードの知識と技術が混乱して

しまったのだ。

 

こんな状態で、まともなトレードはできない。

 

「えーと この場合はどうしたらいいかな?

 粘ったほうがいいのかな?それとも

 スグに決済したほうがいいのかな?」

 

やり方を絞れずに『いいとこどり』を

した結果、すべて失敗に終わった。

 

トレードの『型』すら身につける

ことができなかった。

 

処理しきれない多くの情報を

得ようとした結果だ。

 

幸運なことに私はこのトリックに

気づくことができた。

 

「情報は少数精鋭にしたほうが

 いいかもしれないな」

 

トレード手法は、もちろん一つに絞る。

 

これまで読んでいたメルマガは

すべて解除し、見るのは2つだけ。

 

ブログも2つだけを見るようにした。

 

最終的には、たった1つのメルマガ

だけを読み込むこととなった。

 

そうすることで、頭がスッキリした

毎日を送れるようになった。

 

すると、不思議なことにトレードが

今までよりシンプルに考えられる

ようになった。

 

今まで見えなかったトレードの

ポイントに気づくようになった。

 

『とにかく多くの情報を取り入れる』

 

この間違った行動をとり続けていたら、

今でもなお薄暗いアパートで、ひっそり

暮らし続けるハメになっていただろう。

 

あなたは今、5つ以上の情報を得て

頭が混乱していないだろうか?

 

毎日会社に出社、毎日家族の世話に

追われているなら自由になる時間は

一日たったの数時間程度だろう。

 

『多くの情報を取り入れること』で

あなたの貴重な数時間を費やして

しまってはいないだろうか。

 

そうであれば、あなたの大切な時間は

日々奪われ続け、いつまでたっても

成功という二文字をつかむことが、

困難になるばかりだ。

 

今スグ、ムダな情報を遮断し、必要な

情報だけを手に入れるべきだ。

 

必要な情報かは『あなたの行動が

良い方向に一つでも変わったか?』

を目安にするといい。

 

『いいことが書いてあったな』

という情報は星の数ほどある。

 

有益だと思う情報を見ても、あなたの

行動が一つも変わらなければ、ムダな

情報だと判断すればいい。

 

『行動が一つでも良い方向に変わった』

という情報が本当にあなたに必要な情報だ。

 

ほんの一握りの有益な情報だけが、

あなたを成功に導いてくれるたった

一つの道となる。

 

永久にFXで搾取され続ける法則

あなたが本当にFXで成功したいと

願うなら、今日の話をぜひ真剣に

読んで欲しい。

 

この話を知らなければ、他のライバルに

どんどん追い越され、あなたのお金が

奪われ続ける可能性が高くなってしまう。

 

「とりあえず、FXでトレードさえして

 おけば、そのうちうまくなるだろ」

 

色々な情報を手に入れる努力を

していたし、どんな些細なテクニックも

逃さないよう、常に目を光らせていた。

 

「こんなに努力しているし、トレードさえ

 しておけばそのうち利益を出せるように

 なるだろう」と思っていた。

 

しかし、月の利益はプラスどころかマイナス。

 

「おかしいな、情報が足りないのだろうか。

 もっと色々なことを知っておく必要が

 ありそうだな」

 

とにかく片っ端からブログや本を

読み込み、頭に知識を叩き込んだ。

 

他人がどんなトレードをしているのか

トレードスタイルはどうしているか

今月はどのくらい稼いでいるのか

どんな暮らしをしているのか、などなど

 

トレードに関する知識はすべて

自分のものにしようとしていた。

 

それが成功への道だと信じていたからだ。

 

あまりにも情報を探し求めすぎて

「これ以上頭に情報を詰め込むのは

 無理。もう、限界だ・・・」という状態に

なっていた。

 

そんな時、『時間は無限ではない』

という情報を得た。

 

私は「ハッ!」とした。

 

時間に制限があることに気づき、焦った。

 

「私は一体どれだけのことが

 身についているだろう・・・?」

 

他人のトレード、トレードスタイル、

生活、色々なことに興味を持ち

情報を得た結果、私の身になった

ものは一つもなかった。

 

「何をやってるんだ・・・!私は」

 

ムダな行動をとっていた自分に気づき

ムダな時間を過ごしたことに気づき

頭が真っ白になり、強烈な焦りに襲われた。

 

「今までの時間が戻ってきてほしい」と

本気で思った。

 

そこまできてようやく「このままでは

永遠に月間マイナスの成績から

逃れられないぞ」と真剣に考え始めた。

 

「時間が、永遠に与えられている

 わけではないんだ。」

 

情報の選別をしなければ!

 

「私に必要なのは、他人の情報ではない。

 私がどんなトレーダーになるか、

 ただ、それだけだ」

 

大切なのは、の私に必要な情報だけなんだ!

 

「一か月後に必要な情報なら

 一か月後に手に入れればいい」

 

『時間は限られていること』

『驚異的なスピードで成長するために

必要なこと』を知った私は幸運だった。

 

もしあなたが、他のライバルより一瞬の

うちに抜きんでて、圧倒的なスピードで

成長したいなら、情報を究極まで絞り

込んでみるといい。

 

これは、多くの成功者が使っている

重要なテクニックの一つだ。

 

記事:具体的な情報の絞り方

 

奥さんに内緒の『FXでマイナス80万』。初心者が犯しやすい間違い

初心者時代に犯しやすい、大きな

間違ったトレードのやり方がある。

 

あるいは、数年のトレード歴があった

としても、この間違いに気づかず、

犯し続けている場合もある。

 

この大きな間違いを犯し続けると・・・

 

・知らぬ間にドンドン資産が減少

 

・あなたの脳内に、「負けへ突撃する

 トレードの悪い癖」がこびりつく

 

「うわー どうしよう、今週は3万円も

 損しちゃった・・・ 先週分と合わせると

 もう10万近い損を出しちゃってるよ」

 

「これまでの損を合わせたら、80万

 近くいってるよな。奥さんにバレたら

 怖いことになりそうだ・・・」

 

もし、あなたがこんな状態なら、

『間違ったトレードをしている』と

気づかなければならない。

 

そもそも、トレードは『儲かること』を

目的にやっていくことが大切。

 

儲かっていないのであれば、

やり方を変える必要がある。

 

儲かるやり方がわかっている状態

お金を入れていくことが大切だ。

 

ところが、初心者時代は欲に目が

くらんでいるから『お金を賭けないと

儲からない』と考えがち。

 

100万、200万という大金を

ドンドンつぎ込んでしまう。

 

ある程度のトレード経験があっても

安心できない。

 

『慣れているから』という理由で、

勝てる方法がわからないまま賭ける

金額が50万、100万と増えていく。

 

どちらの場合も、勝ち組とは真逆の

道を進んでいるとは、気付かない。

 

初心者時代に大金を入れてしまい

にっちもさっちもいかなくなる。

 

運よく初心者を脱出できても、

『慣れている』という理由だけで

毎月の給料の大半をトレードに

費やして人生を過ごしてしまう。

 

私は、初心者時代にいきなり

100万以上の損を経験し、

この間違いにどっぷりはまっていた。

 

『実際にお金を入れてトレードする

 のは、勝ち方がわかってから

 

とても大切なことだ。

 

どうトレードすれば資金が増えて

いくのかが分かってから、少しづつ

賭ける金額を増やしていく

 

途中で「おかしいな?うまくお金が

増えないな?」ということがあれば

賭ける金額を少なくしてリスクを減らす。

 

増やし方を学びながら少しづつ成長

すれば、ムダにお金を減らさずに済む。

 

使いやすいチャート、使っているFX取引会社

「いつも使っているチャートはどこですか?

 とても見やすく、使いやすい感じなので

 教えて欲しいです」

 

私が使っているチャートは主に2種類。

 

efx.comというFX取引会社の

Deal Book 360

 

視覚的にも見やすく、感覚的に

使いやすく作ってあり、初心者

でもなじみやすい。

 

使えるテクニカルツールは90種類。

通貨ペアも131種類と豊富だ。

 

1か月間無料でデモ口座での

仮想トレードができる

DealBookのデモ口座を開くにはこちらをクリック

 

世界最強クラスFX高機能ツール

DealBookの口座開設はここをクリック↓

efx.comでDealBookの口座開設をする

 

2つ目はマネーパートナーズという

FX取引会社ハイパースピード

 

マネーパートナーズさんは約定力が

強く、素早い注文が可能だから

使いやすい。

 

チャートも見やすく、いくつもの

チャートを表示・拡大縮小させる

機能も使いやすい。

 

通貨ペアが13種類しかないが

主要通貨はほぼ全て取引できる。

 

残念ながら、マネーパートナーズさん

には、デモ口座がない。

 

だから、100通貨単位で取引できる

パートナーズFXnanoで使い心地を

試してみるといい。

 

『口座開設で1万円キャッシュバック』

などのキャンペーンを狙うと少しお得。

 

マネーパートナーズの口座開設

キャンペーンを確認するには

下のバナーをクリック↓

 

チャートや取引会社の使いやすさは

人によって感触が違う。

 

色んなFX取引業者で口座開設して、

使い心地を確認するといい。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

トレード初心者にオススメの検証方法

『じゃんけんロボットとじゃんけんして

 勝てば1000円もらえる、負ければ

 500円支払う、あいこは0円』

 

『勝負は一人最大100回まで』

 

というイベントがあった。

 

Aさんは、じゃんけん大会に参加

しようと思っていた。

 

じゃんけんロボットが他の参加者と

勝負を始めたので、Aさんは考えた。

 

「じゃんけんロボットが出す手を

 カウントしてみよう」

 

「なんらかの傾向が見つかれば、

 有利な勝負ができるかも!」

 

Aさんがロボットの手をカウントすると

こんな結果になった。

 

じゃんけん100回勝負中

・グー 20回

・チョキ 30回

・パー 50回

 

この結果を見てAさんは思った。

 

「全ての勝負でチョキだけを出すぞ!」

 

「50勝20負30引分けに近い勝負に

 なって、儲けられるはずだ!」

 

トレードもこれと似たようなものと

考えるといい。

 

じゃんけんロボットの傾向を知る=

・今の相場がどういう傾向なのかを知る。

 

パーが多く出るなら、パーに勝てる手を出す

・傾向が分かったら、それに適した

 トレード手法を選び、実行する。

 

・その結果、トータルで利益が出たか

 出なかったかを確認する。

 

・利益が出なかった場合、どの部分が

 間違っていたのかを確認し、対策を

 考える。

 

相場の傾向判断が間違っていたのか、

トレード手法が適していなかったのか

ルール違反をしていたのか、など。

 

混乱するようなら、最初はあまり難しく

考え過ぎず、大きな目線で分類する。

 

『マイナストレード、プラストレード』

で分けてみてもいい。

 

慣れてきたら、マイナストレード、

プラストレードをそれぞれ、さらに

細かく分けてみる。

 

『トレンドが出ていたもの、出ていなかったもの』

 

でもいいし

 

『長く保有したもの、保有が短かったもの』

 

でもいい。

 

マイナストレードとプラストレードを

分けずに分類してみてもいい。

 

そういうことをやっていると

勝ちやすい状況、負けやすい

状況っていうのが見えるようになる。

 

じゃんけん大会のその後・・・

 

大会関係者:

「このじゃんけんロボットですけど

 次の勝負から設定を変えましょうね」

 

大会関係者:

「次からは、グーを多く出す

 設定で勝負させましょう」

 

大会関係者:

「ピピピッと。 よし、これで

 設定が変わった。」

 

大会関係者:

「はい、次の方どうぞー」

 

そこには、満面の笑顔でステージに

立つAさんの姿が・・・

 

FXで継続的に勝てるようになったきっかけとの衝撃的な出会い

FX初心者だった頃に、ずっと

信じていたことがあった。

 

「勝てるようになるきっかけが

 何かあるはずだ」

 

「コツを掴めば、その瞬間から

 利益が出せるようになるだろう」

 

今日まではトレードする度にお金が

 

減り続けているけど、明日からは

トレードすればするほど現金をガンガン

稼ぎまくるトレーダーに大変身できる!

 

そんな夢物語を信じていた。

 

なんとなくトレードのコツがわかりそうな

気がしているのに、『勝てるようになる

きっかけ』には、なかなか出会えなかった。

 

「大きな幸運が舞い込んで、稼ぎまくり、

 儲かりまくりのウハウハ状態になるのは

 いったいいつだろう?」

 

『勝てるようになるきっかけ』に、出会う

瞬間を楽しみにしているのに・・・

 

結局、『勝てるようになるきっかけ』との

衝撃的な出会いは訪れなかった。

 

その代り、時々遠くからこちらを見ていた

『何か』が知らぬ間に近づいてきて、気が

付いたら一緒にいることとなった。

 

この『何か』が、あれほど待ち望んでいた

『きっかけ』だったということに気づいたのは

それからずっと後になってからだった。

 

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ