相場の矛盾を整理すると頭がスッキリ!

「相場って矛盾してますよね。

だいたい、相場でトレードする時は予想をしてはいけませんっていうけど

相場では予想しないとエントリーできないですよね?これって矛盾じゃないんですか?」

 

「相場で予想せずにどうやってトレードしろっていうの?

矛盾してる!!オカシイ!!」

 

そんな疑問を持ったことはないだろうか。

 

 

「相場でトレードする時に予想してはいけない」

というコトバを初めて知った時は不思議に感じたことだろう。

 

では予想をせずにどうやって相場でトレードするのか。

予想せずにエントリーポイントを見分けられるのだろうか。

 

一見矛盾しているようだが

これは決して矛盾しているものではない。

 

 

例えば上昇のチャートで

押し目買いのチャンスを待っていたとしよう。

 

 

ルールはつぎの通りとする。

 

 

(1)移動平均線(MA)にレートがタッチし

反発上昇してきたらエントリーする。

 

(2)利益確定はレートが前回高値まで届いたら

 

(3)損切りは移動平均線(MA)を下抜けたら

 

 

まず(1)のエントリーの前は予想をする

・移動平均線(MA)までレートが落ちて

反発すればエントリーできるだろうと予想する。

 

 

次にエントリー前に

目標設定として(2)の目標である前回高値までは

レートがたどり着くだろうと予想する

・エントリー後にレートが前回高値までたどり着く過程では

いろいろ考えても仕方ないので予想しない

 

 

そしてエントリー前に

リスク設定として(3)の損切り位置まで

レートが落ちてくるかもしれないと予想する

・エントリー後にレートが損切りの位置まで落ちてくるまでは

いろいろ考えても仕方ないので予想しない

 

 

こういう考え方になる。

 

 

つまり、エントリーするまではあらゆる可能性を

全て予想しなければならない。

ここに全力投球する。

 

 

そして、エントリーした後は

利益確定ポイントまでたどり着くか

損切りポイントまで落ちてくるか

 

誰にもワカラナイので予想しないということだ。

 

 

エントリーしたにハラハラドキドキしていないか?

 

 

予想をせずに腹をくくれ!

 

 

ユーロドルのテクニカル分析~未来を予想することは可能~

ユーロドルのテクニカル分析。

にほんブログ村

ブログランキング

 

このチャートを見て欲しい。これはユーロドルの30分足だ(※クリックで拡大)

eurusd30min.jpg

 青い円で囲んであるところは、上昇の支持線となる

上昇トレンドライン上の押し目買いでエントリーした場合に大きく取れる場所。

 

上昇中に大きな押しが入っていないので、

ある程度安心して保有できるパターンだ。

 

これに対して上昇トレンドラインが崩れた緑の円の部分、

上昇トレンドラインを割り込んだ時、

あるいはここで入れなくとも

一度割り込んで再度上昇し、再下降してきた時に戻り売りでエントリーできる場面だ。

 

しかし、ここでエントリーした場合には

大きな戻りが起きている。

紫の円で損切りとなってしまうパターンだ。

 

この時間に特に大きな指標があったわけではない。

それまでの売りを食うかのように大きく上昇している。

 

実はこのパターンはある程度予想することができる。

 

なぜ青い円で囲んであるところでは

そんなに大きな押しが入らないのか、

なぜ緑のラインを割った後の下降の場面で

大きな戻りが入るのか

 

なぜこんな動きをするのか、

なぜある程度予想することができるのか、

あなたは説明できるか?

 

次回記事につづく

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村  ブログランキング

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近のコメント
メタ情報
アーカイブ

ページの先頭へ