損切しないほうが利益になった話

『損切すればデイトレードで破産回避できる。』

 

『損切は徹底的にやること!』

 

そう聞いて必ず損切を実行していた。
 

その結果、損切ばかりするハメになって

資産が徐々に減っていった・・・

 

さらには損切した直後に私が思っていた

方向へドンドン値が進んでいくではないか!

 

「損切したポイントが底値だったか・・・」

 

こんな経験がとても多かった。

 

「やっぱり損切しないほうが

 利益になるんじゃね?」

 

私のトレードルールはこうなった

 

~買いのルール~

1、安くなったら買う

2、損切しない

 

~売りのルール~

1、高くなったら売る

2、損切しない

 

このルールを実行してみると

みるみるうちに資金が増えていった。

 

日に1万、2万の損失を出していたのが

2万、3万の利益へと変貌していった。

 

「損切しないほうが正解だったんだな・・・」

 

資金がドンドン増えていくのを目の当たりにして

損切しないことが本当に利益を上げる真実

だったのかと痛感する。

 

「ようやくトレードの神髄を知り得たか」

 

利益を上げ続ける日々が続いた。

 

「よし、資金が増えてきたから

 そろそろ賭ける金額を上げていこう」

 

損切しないルールのまま、

倍の額を賭けることにした。

 

賭ける金額を倍にしたら

儲ける額も倍になった。

 

「この調子なら月末にはスゴイ

 金額になりそうだ・・ウヒヒ」

 

にやけながらトレードする日々。

 

ある日、少し様子がおかしいなと

思える日があった。

 

その日に限ってなかなか値が

戻ってこないのだ。

 

「ん?なにかおかしいな。」

 

その時は何が違うのかよくわからなかった。

ただ、なんとなく不安だった。

 

「とりあえずもう少し様子を見るか。

 あまり戻ってこなかったらナンピン

 すればいっか。」

 

ナンピンとは、例えば買いを入れて

損が大きくなってきたら、さらに買いを

入れて平均コストを下げること。

 

「なかなか値が戻ってこないなぁ。

 この辺で一度ナンピンしよう。

 値が戻ってきたらプラマイゼロで

 いったん逃げればいい。」

 

値が戻ってきたら撤退すればいい。

そうすれば何事もなかったかのように

また利益を増やすチャンスがくるさ。

 

またしばらく様子を見ていると、少し

値が戻ってきた。

 

「うん、もうちょっと戻ってくれたら

 プラマイゼロで逃げれそうだ」

 

ほっと安心した直後

 

今まで見たこともないような速さで

ドンドン値が進んでいった。

 

「げっ なにこれ!?やばい!!!

 超負けるやん!止まれ止まれ止まれ!」

 

賭ける額を増やしたから、含み損も

すごい勢いでグングン増えていく。

 

「あっあっあー 先月の儲け額

 ほぼ全部なくなってくー!」

 

パニック状態になった。

 

それ以上ポジションを保有できる

精神状態ではなかった。

 

先月の儲け額を越える含み損と

なったところで、ガマンできず

損切をした。

 

泣いた。

 

「損切をしてもダメだった・・・だから

 損切をしなければいいと思ったのに」

 

トレードで利益を上げる方法なんか

あるわけないんだ!

 

精神がズタボロになった。

 

「もう二度とトレードなんかするもんか!!」

 

トレードから離れる決心をした。

 

「トレードはあきらめよう!」

 

・・・と思ったがしばらくして

またこの世界に戻ってきた。

 

『正しい損切ポイント』の知識を身に付けて。

 

次回予告

 

「損切は必ず100%行わなければならない。

 しかも正しいポイントで」

 

正しい損切とはどんな損切か?

損切の正しいポイントとはどこか?

間違ったポイントで損切するとどうなるか?

 

についてお話ししよう

 

お楽しみに!

 

お話の続きはこちら

FXで正しい損切方法を発見!

 

 ↓続きが読みたいですか?クリックしてくれたら急いで書きます!↓ 


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

損切しないで何とかトレードで勝てないものだろうか

「損切するのは精神的にきついから

何とか損切しないでトレードで勝てないものだろうか」

 

とまぁ、こんなことを考えることがあった。

眠れない

損切しないで利益を上げられれば

それはそれでもしかするとラクかもしれない。

 

・・・損切しないのは、ほんとうに

ラクなトレードなのだろうか?

 

損切しないということは

多くの含み損を抱えたままガマンする必要がある

 

あるいは両建てをして、

嵐が過ぎるのを待つかもしれない。

 

※両建てとは同じ通貨の

売りと買いのポジションを同時に持つこと。

 

損切しないでいるというのは

「多くの含み損を抱えながら、夜もろくに眠れない・・・」

そんな状況になることもある。

 

損切をしないために、頭の中はいつも

含み損のことでいっぱい。

 

お金を稼いで、楽しい人生を送りたいのに

いつも胃が痛いような生活を送る。

そんな状態が健全だといえるだろうか。

 

あるいは、せっかくの大きく動くチャンスを

みすみす逃しているということにもなる。

 

もし、あなたがトレードをするならば

 

「損切しないなんてとんでもない!」

 

この気持ちが当たり前だと思えるようになってほしい。

 

そうすれば、自然と利益を

上げ続けることができるようになる。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

連敗だけは避けなければならない。損切にかかりたくない。

「損切にかかりたくない」

「連敗だけは避けなければならない」

 

いざトレードをするとなると、こんな考えが頭に浮かぶ。

 

 

トレードするというのは利益を上げるために、

お金を増やすためにやっているものだから

 

「損切にひっかかるとか、トンデモナイ!

 連敗なんて、もってのほか!!」

 

という気持ちが出てくるのは当然だ。

 

 

当然なんだ。

 

 

しかし、ここに落とし穴があることに私は気が付いた。

 

「損切はイヤだ」

「連敗してお金を減らしたくない」

そう思えば思うほど、安全、安心を求めて

エントリーしたいなぁと思うポイントを探してしまっていた

 

 

損切・連敗を避けたいという気持ちが強いときに

私がエントリーしたいなぁと思うポイントというのは

 

動きがはっきり出てきたのにスグにエントリーできず

しばらく様子を見た後に

 

「エントリーしなきゃ、乗り遅れちゃう!」

 

と感じるポイントになることが多かった。

 

 

損切・連敗を避けたいという気持ちが強いときに

「エントリーしなきゃ、乗り遅れちゃう!」

と感じるポイントというのは

たいてい遅いポイントか、ダマされるポイントだった。

 

 

なぜいつも遅いポイントでしかエントリーできないのか

なぜいつもダマされるポイントでエントリーしてしまうのか悩んだ。

そして必死になって考えた。

 

 

そうすると、こんな考えにたどりついた。

 

 

トレードは心理戦だから、感情で行動すると

必ず遅いポイントか、ダマされるポイントで

エントリーするはめになる。

 

 

トレードとはそういうものだと理解しておく必要がある、と。

 

 

 

「損切にかかりたくない」

「連敗だけは避けなければいけない」

 

こんな気持ちが強くなって安全・安心を求めすぎてしまうときは

スグに損切にかかったり、連敗したりすることが多くなるから

注意する必要があった。

 

 

損切が怖くなったり、連敗を心配してしまうときは

 

「ここは損切にかかる気がするけれど、

 テクニカル分析によればエントリーポイントなんだよな」

 

「連敗はしたくないけれど、チャンスは逃しちゃいけないんだよな」

 

というふうに、強気でトレードしたほうが良い結果になることが多かった。

 

 

気持ちですでに負けている、という部分もあったんだなと思う。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

もうすぐ母の日。カーネーションバナーに変えました。

クロネコは今回もこのままで^^

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

1 / 612345...最後 »
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ

アルバイト情報