海外FX業者・個人でも高いレバレッジを活かせる海外FX会社一覧

※海外業者は高いレバレッジを活用できるが

 デメリットがいくつかある。

 

 ・ほとんどが完全信託保全ではなく分別管理

 ・業者によっては入金、出金手数料が高い

 ・分離課税20%の対象ではない(課税は雑所得)

 

海外業者の危険性については十分な下調べが必要

 

海外業者をご紹介していましたが、トレード初心者さんに

多くご訪問して頂くようになってきましたのでご紹介を

控えさせて頂きます。

 

トレード初心者はまずは国内業者から!

国内業者のご紹介はこちら

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ