飛び乗りエントリーの高値掴みを克服2

過去に飛び乗ったエントリーで

繰り返し損失を発生させたことを思い出すと
胸が痛くなり、息苦しくなった。

 

「は~あ、高値を追いかけて
飛び乗りエントリーして
いったいどれだけの損失を
生み出してきたんだろう・・・」

 

「飛び乗りエントリーさえなければ
これほどまでに成績が悪化するはずが
ないだろうに・・・」

 

私は哀しくて仕方なかった。

 

よかれと思ってやる行動が
自分自身を苦しめる。

 

世の中にこれほどの苦痛は
存在しないのでは?と
考えてしまうほど苦しい。

 

「もうイヤだぁぁぁ!
これ以上高値掴みのトレードを
思い出したくない!!」

 

かなり発狂寸前だった。

 

そんな時ふと思いついてしまった。

 

「この傷口をえぐってみようかな・・・」

 

なぜ、そんな気持ちになったのか
自分でもわからない。

 

気が狂いそうで自暴自棄に
なったのかもしれない。

 

『苦しいなら、さらに苦しい
思いをしてみようかな』

 

今までの高値掴みトレードで
いったいどれくらい損しているのか
恐ろしい事実を正確に見てみようと
思ったわけだ。

 

ドキドキしながら過去に遭遇した
高値掴み飛び乗りトレードを印刷する。

 

「はぁ、この日は高値掴みで失敗
この日もまた失敗だ・・・
数えると4連敗しているな・・・」

 

「この日は成功したけど薄利。
次の日はまた高値掴みの失敗」

 

「ようやくこの日に成功しているな」

 

連敗につぐ連敗を再度目の当たりにして
本当にイヤな気持ちになった。

 

もう、これ以上ないくらいの地獄に
突き落とされているようだった。

 

「どれだけ負けたかの集計をしてみるか・・・」

 

最後のダメ押し、損失合計を見る時が来た。

 

「ん・・・・?」

 

計算間違いをしたかな?と思った。

 

おかしいな、と思って再び
計算機をパシパシ叩いてみる。

 

「あれ・・・?
ちょっとだけプラス?」

 

微々たるものではあったが
損失は発生していなかった。

 

「まさか・・・そんなことあるの?」

 

自分で自分を疑った。

 

感覚的には飛び乗りエントリーで
かなりの損失を発生させていると
思っていた。

 

が、それはまちがいだった。

 

信用していた自分自身の感覚は
まちがっていたのだ。

 

「・・・ということは?」

 

「飛び乗りエントリーは別に

 まちがいじゃなかったってこと!?」

 

ガーン!

 

まちがったトレードをやっていると

自分でカン違いしてずーっと胃の痛い
思いをしていたなんて・・・

 

「もっと早く見直しておけばよかった!」

 

だはは、と笑った。

 

「光が見えてきたんじゃないの!?」

 

「今までのトレードでちょびっとプラス
なんだから、もう少しだけ精度を上げれば
十分に利益をだせるんじゃないの!?」

 

「きっとあとちょっとでその先に
いけるのかもしれない!」

 

先に進んでみようという勇気がわいてきた。

 

精度を上げるには何をすればいいかな?
もっとシビアにチャートをチェック
すればいいかな?

 

成功したトレードと失敗したトレードには
きっと何か違いがあるはず!

 

その違いを探してみれば
精度を上げる手がかりになるはず!

 

飛び乗りエントリーの高値掴みは
まちがいじゃなかったんだから
あきらめずにがんばろうよ!

 

「いままでの息苦しさはいったい
なんだったんだろう?」

 

「あぁ、世界が光り輝いて見える!
生きる力が湧いてきた!
わたしってなんてラッキーなんだろう!」

 

単純な人間って、こんなささいなことで

一瞬でやる気を出せるようにできてるんだな、と思った。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

トレードでロスカットができない~工夫して克服せよ~

ロスカットができないあなたへ。

私がロスカットを克服した方法の一つをお伝えしよう。

 

↓応援していただけるとうれしいです。

よろしくおねがいします。

ブログランキング

にほんブログ村

 

 

「ロスカットができないんです!」

 

私が思っている以上に

「ロスカットができない」ことに勇者の旅

お悩みの方が多くいらっしゃることに気づいた。

 

もしかするとあなたも

ロスカットに苦しんでいるのではないだろうか。

 

 

なぜロスカットができないのだろう。

 

 

実は

ロスカットができないのは当然のことだ。

 

わざわざ自分の手で

『罰を受ける行為』

なんて普通はやらないから。

 

たとえば何か悪いことをしたとする。

悪いことが発覚すれば普通は罰を受ける。

 

罰を受けると

痛い目に合ったり嫌な気持ちになったりする。

 

 

そんな、

痛い目や嫌な気持ちに

自らなりたがる人はいない。

 

 

いるとすれば究極のドMくらい。

 

 

「ロスカットする」というのは

あなたにとって罰を受けるのと同じ感覚

 

だから絶対にロスカットしたくない。

自ら罰を受けに行きたくない。

 

 

いくら

「ロスカットはしなきゃいけない」と思っても

いくら願っても

 

 

できない。

それが普通。

 

 

ところで、そもそも

罰を受けるのと同じ感覚になってしまうという

「ロスカット」とは、一体何なのだろう?

 

 

「ロスカット」とはあなたにとって

ホントウに罰なんだろうか?

ホントウに痛いことなんだろうか?

ホントウに嫌なことなんだろうか?

 

 

ここで、ロスカットしなかった場合について考えてみよう。

 

 

「絶対にロスカットしない!

どんなに損が膨らんでも絶対にロスカットしない!

このトレードが利益になるまで絶対にロスカットしない!」

 

 

そんなルールを作れば

あなたのトレードは格段にラクになるはずだ。

ロスカットという嫌な罰から逃れられる。

 

しかし、あなたもスグに気づいただろう

絶対にロスカットしなければ

いつかどこかで必ず強制ロスカットという

ロスカットの大ボスに出会う。

 

 

ロスカットの大ボスは

その辺のロスカットとは格が違う。

 

たんなる罰ではない。

たんなる痛みではない。

たんなる嫌なことではない。

 

大ボスである強制ロスカットは

あなたをトコトン、地獄にまで突き落とし

再起不能にしてしまう

 

 

つまり、ロスカットとは、

大ボス・強制ロスカットに比べれば、

雑魚ということになる。

 

ドラクエで言うところのスライム並だ。

※ドラクエというのは、ドラゴンクエストというゲームのこと。

スライムとは、そのゲームの序盤に出てくる弱い敵のこと。

 

 

しかし、雑魚であるロスカットと言えども

油断するわけにはいかない。

 

だから、雑魚ロスカットと戦う必要がある。

 

 

どうやって戦うかと言うと

たとえば、ロスカットだけを目的にしたトレードをする。

 

できればデモ口座がいい。

しかし、100通貨単位でのトレードでもいい。

お金に余裕があれば1000通貨単位でトレードしてもいい。

一万通貨はオススメできない。

 

 

「とにかく、ロスカットすること」を目標にトレードする。

 

 

エントリーはどこでもいい。

あなたが入りたいところで入ればいい。

なるべく、何も考えずにエントリーしたほうが良い。

 

そのほうがトレードに固執しなくて済むから。

 

 

そして、エントリーした後に-5ピプスとか-10ピプスとか

あなたが決めたマイナスに到達した瞬間にエグジットする。

つまり、ロスカットするということだ。

 

利益方向に伸びた場合は、

ロスカットする幅と同じ幅でいいだろう。

 

5ピプスとか10ピプスとか

あなたが決めたプラスに到達した瞬間にエグジットする。

つまり、利益確定するということ。

 

ここで、「利益を出そう」などと考えてはいけない。

 

もう一度言う。

「利益を出してやる!」などと考えるな。

 

これは

雑魚ロスカットを倒すための練習なのだ。

 

雑魚ロスカットを確実に仕留めるために練習する。

 

 

いつもいつも「利益確定」だけに気がいっているから

ロスカットが怖くなってしまう。

 

「ロスカット」だけに集中して

ロスカットに慣れる練習をする

 

これもトレードで稼いでいくために必要な

工夫の一つとなる。

 

さあ、あなたも今スグ、

「雑魚ロスカットを倒す旅」に出てみないか?

 

 

 

↓何か感じるものがありましたらポチッと応援お願いします。↓


    人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

損切り貧乏を克服したいか?続き

損切り貧乏を克服したいか?対策を詳しく解説の続き

 

●少しでも利益が出ると利益が減少するのが嫌で

 さっさと決済している

 

損切ではなくて利益を確定するときの話だけど

損切貧乏になることとつながってくる部分でもある。

 

ポジションを持って、少しでも利益が出ると

 

「この利益を今スグ自分のものにしたい」

 

「せっかく乗った利益が少なくなって

 もし損切りにでもなったら嫌だから

 早めに決済しておきたい」

 

って、つい思ってしまうことってない?

それは本能で感じちゃっているんだよね。

 

「利益が大きくなるのをじっと待つよりも

 損失を回避する方が重要だ!」って

本能で感じちゃってるの。

 

だからトレード中にこんな感情の理由で

早めの決済をしても自分を責める必要はない。

 

「自分の判断は人間として正常な判断をしている」

って気づけばOK。

 

「早く決済したいと感じてるなぁ」っていう自分の感情を

確認したうえで、利益が乗った場合にどういう行動をとればよいか?

自分なりに考えてみればいい。

 

『いつもはこの辺りでおじけづいて決済してしまうから、

 もう少し先のこの辺りまでは我慢してみよう』

 

『いつもは利益が乗った後に少しでも反転すれば、

 損切りに引っかからないか恐くなって決済してしまうけど

 今回は少し押しが入っても最終的に損切りにかかるまでは我慢してみよう』

 

とか、考えてみる。

普段よりもちょっと上の目標を意識してみる。

 

そうすれば

・自分が思っていた場所まで順行してレートがたどり着く

・予想外の動きになっても損切りに引っかからず

 更に反転し利益の方向へレートが動く

 こんな状況をポジションを持った状態で体験することができる。

 

この状況を少しづつ、そして何度も経験することが重要だ。

そうすれば「なんで今までの自分はあんなにおじけづいて

早い損切りや早い利食いをしていたのだろう」と

不思議に思えるようになってくる。

 

別のやり方もある。

 

ポジションを取ったら逆指値をして放っておく 。

これを常に続けてみると早いスピードで成長できる。

 

やりたいほうをやってみると良い。

 

あとは、練習のときと実践のときとで

自分の行動にどんな違いがあるかな?ってのを

きちんとチェックしてみるのもいい。

 

●損切り幅が極端に小さすぎる

 

損切幅が極端に小さすぎるっていうのは

そもそもの練習量が足りていない可能性がある。

 

だから値動きにおじけづいて反射的に

雰囲気で思わず損切をしてしまったりするんだよね。

 

だからまずは練習量は十分か?ってのをチェックしてみる。

 

あとは、チャートを大きな目で見てるかな?

ってのを意識してみる。

 

価格は一方向にまっすぐ進まずに上下動しながら進んでいくから

小さな値動きに集中しすぎると大きな流れを見落としがちになる。

 

大きな流れを見落としてないかな?

って注意しながらチャートを見るようにするといい。

 

大きな流れを見てみると

「ここにきたらもう損切する必要があるよな」

というポイントが見えたりするから

 

そのポイントを抜けない限りは

保有してる方が有利だなっていうのもわかってくるはずだ。

 

 

最速で専業レベルを目指す!

相場の流れを読み取る方法がここにある。

⇒損切貧乏を克服するための特別プロジェクト

↑↑クリックで今スグ確認できる↑↑

 

損切り貧乏を克服したいか?対策を詳しく解説

「損切貧乏」。

目を背けたくなるような名称だ。

 

「まだ切らなくてもいい」と思ってはいるものの

なんとなく損失が大きくなりそうな気がして

切らなくていいところで切って小さな損失を出してしまう。

 

「とりあえず小さく損を抑えてれば利益になるんでしょ?」

と自分勝手に解釈してしまいいつの間にか

損切貧乏という不可解な現象が起きてしまう。

 

損切り貧乏とは

小さな損切りを何度も繰り返し

せっかく得ていた利益を食いつぶし

最終的にトータルで損失になること。

 

以前の私と同じように

あなたも損切り貧乏に悩んでいるだろうか?

 

損切貧乏の克服と対策についてお話しよう。

 

まずは「なぜ損切り貧乏になってしまうのか?」

その理由にズームイン!してみる

 

損切り貧乏になってしまう理由

●エントリー後すぐ反転し損切りになってしまう

 ●少しの含み損でおじけづいて、決済してはいけない場所で決済している

 ●少しでも利益が出ると利益が減少するのが嫌でさっさと決済している

 ●損切り幅が極端に小さすぎて単なるブレなのに損切になっている

 

(もし、これ以外の理由に心当たりがあるときは

 コメント欄から教えて欲しい。)

 

一つ一つ見ていこう。

 

●エントリー後すぐ反転し損切りになってしまう

 

エントリー後すぐ反転し、損切りになることはよくある。

タイミングをとるには、それなりに技術が必要だからだ。

エントリータイミングの技術を見につける練習が必要だろう。

 

過去のトレードを振り返って

「もう少し早くエントリーしたらどうなるかな?」

「遅くエントリーしたらどうなるかな?」

丁寧にチェックしてみる。

 

自分のクセを見抜ければ、いいエントリータイミングの

ポイントが以前よりもハッキリ見えるようになるはずだ。

 

●少しの含み損でおじけづいて、

 決済してはいけない場所で決済している

 

私は、前もって決めていた損切りがあるのに

ちょっとマイナスに触れるとおじけづいて

決済してしまったりしていた。

 

「小さな損で撤退」を手法で採用してるならいいけど

「怖気づいて」損切りしてしまうのは問題だよね。

 

おじけづいたら、その後にまたエントリーチャンスがきても

エントリーをためらうことにもつながりやすいしね。

 

「損切りの位置を決めたら絶対に動かさない」のは

トレードの必須条件だよね

 

この条件を徹底的に守らなきゃ

次のステップへは進めないんだよね。

 

ん?そんなことはわかっている?

それをどうすれば守れるかってことを聞きたい?

 

それはだな、まず

「損切りに引っかかるまでなにがなんでも保持する」

これしかない。

 

だ・か・ら!それができないから困っているんだ!って?

う~ん しかし、まずはなにがなんでも保持してみなければ

見えてこないものがあるからなにがなんでも保持するのがいいのだが。

 

なにがなんでも保持することでこういうことが見えてくる。

 

・あと1pipsで損切り!というところで急反転して利益になった

 

・「もう、この勢いの値動きは絶対損切りだ!!」

 というチャートの動きでも損切りとはならず利益になった

 

この値動きを実際にポジションを持っている時に体験することで

 

「あれ?値動きって予想なんかできないじゃん 

 絶対上がるとか下がるとか 判断できないじゃん」

ということが本当の意味でわかってくる。

 

これがわかると、少しの値動きにビビッてもしょうがない、

という感情になってくる。

 

と同時に変な損切りがなくなっていく。

 

変な損切りがなくなればトレードしやすいし、チェックもしやすい。

 

自分のトレードのクセがはっきりとわかってくる。

さらには、値動きなんてわからないんだから、

利益確定の時だって自分の感情で決めていたら

もったいないことが起こる、という気持ちになってくる。

 

そうすれば、あなたのトレードはもっと楽になってくる。

 

しかし、最初の「何が何でも保持する」という部分はすごく大変だ。

難しすぎて難しすぎて発狂するくらい難しい。

私は何度も発狂した。だから、こう言おう。

 

値動きなんてわからないんだと言うことが

本当の意味で分かる為に

何が何でも損切りにかかるまで保持せよ!

 

値動きなんてわからないんだということを

念頭に置いてトレードしてみれば何かが変わる。

 

あ、あと大切なのは過去のチャートでよく練習することね。

 

残りの二つは次の記事で。

 

●少しでも利益が出ると利益が減少するのが嫌でさっさと決済している

●損切り幅が極端に小さすぎる

 

続きの記事はコチラ↓

損切貧乏を克服したいか?続き

 

損切貧乏にならないために

相場の環境認識力をつけよう!

⇒損切貧乏を克服するための特別プロジェクト

↑↑クリックで今スグ確認できる↑↑

 

 

ポジポジ病を克服せよ!

なぜすぐにポジションを持ちたがるのか?

⇒にほんブログ村
⇒ブログランキング

 

とにかくエントリーしていないと稼げない

ポジションを持たないことには始まらない

ポジションを持っていなければ損している

と思っているから

 

チャンスを逃していると思い込んでいるから

 

ポジポジ病が始まっても

それが即悪いとは言い切れないと思っているから

 

トレードさえやっていればいつか勝てるようになるのでは?

という淡い期待を

知らず知らずのうちに持っているから

 

 

 

いったいいつからポジポジ病になったのだろうか?

 

 

トレードを学ぶ正しい方法を知らずに

なんとなくFXをすれば勝てるかもと思って始めているから

 

あるいはFXについて勉強しているのに

正しく行えていないから

 

 

ルールに沿った以外のトレードはパチンコ中毒と同じである。

 

 

ランダムなトレードをやったとしても時々勝つことがある。

ランダムトレードの怖さを知らずに。

 

すぐにポジションを持つ、という行為をしなくなったら

何か悪いことが起こると思っているのか?

 

 

悪いことは何も起きない!

 

 

お金が減り続ける機会がなくなる!

マイナスになったであろう失ったお金を取り戻していることになる!

生活まで楽しくなる!

「ポジションを持っていない」という不安から解放される!

「また、ポジポジ病をやってしまった・・・」という苦痛から解放される!

ポジションを持っていなくても大丈夫なんだ!という

自分に対する自信がつき、

自分を信じられるという素晴らしさを経験することができる!

 

 

すぐにポジションを持つ、という行為に

良いところなど一つもなーーい!

 

 

 


 

 

 

 


応援して貰えると嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ