FX、天井や底の判断が難しい。利益を出すには?

「上手なトレード」がしたい?

 

チャートをしっかり分析して
天井や底をピンポイントで狙って
エントリーする。

 

エントリーした瞬間に
思った方向に価格が
スーッと動き始めて

 

逆行することなく目標地点まで
スムーズに価格が到達し

 

「よしよし、うまいこと利が乗った」

 

ほくそ笑みながら利益確定する。

 

そんなトレードが理想だな、
そんな風にできたらなって
考えることがある?

 

某女優の真似をしながら

 

「私、損切しないので。」

 

ってセリフを言ってみたい?

 

そんなトレーダーにあこがれる人は
結構多いと思うんだよね。

 

私もそんなトレーダーを目指して
いた時がある。

 

天井や底をピンポイントで狙って
エントリーできるなら最高だけど
実際にはそううまくはいかない。

 

『天井や底を当てられる必勝法』

 

は、ないってこと。

 

底だと思って買ったら下がったから
これは違うなって損切りした瞬間に
反転上昇し始めて

 

結局

 

「損切したポイントが底だった」

 

なんてことは良くある。

 

でも、利益が出せる時にしっかり
利益を出して

 

違った時は小さく損切するとやっていると
最終的に利益が残っている。

 

「何でもっと上手にトレードできないのかな」

 

と感じるけど、利益は出ている。

 

そういうトレーダーを目指すほうがいいと思う。

でも、気持ち的についていかないことが多い。

 

「こんなの、本当のトレーダーじゃない
 自分はもっとやれるんだ!」

 

「もっと上手にできるハズだ」

 

とか思っちゃったり

 

「こんな下手なトレードで
 利益が出てもダメだ、
 きっとなにか違っているはずだ」

 

と思い込んじゃったりして
あれやこれや手を出してしまうハメになる。

 

ルールだからエントリーした後に
即損切になってしまって

 

『かっこ悪いな』

 

と感じるトレードをしたとしても
それをカッコよくすることはできない。

 

無理にカッコつけようとして
こねくりまわすから余計な事をして
墓穴を掘ってしまう。

 

そういうムダなことをやらなければいい
と理解することが大切なんだ。

 

ブログでは公開できない
秘匿性の高い情報を得るにはこちらをクリック

FXで天井と底をピンポイントで当てる方法

「天井と底をピンポイントで当てたいなぁ」

って思うことがあった。

 

当てられると信じていた。

 

ある日、「天井だ」「底だ」と判断できるのは

いつなのか?って考えたことがあった。

 

調べてみると

「高値を越えず安値を抜けたらその前の高値が天井」

だと判断できることがわかった。(底はこれの逆)

 

ん?どゆこと?と思った。

 

「天井ができた時点ではそれが天井かどうかは

 不明でもっと後にならないと確認できない」

 

となると、だ。

 

「天井ができた時にピンポイントでそこが

 天井だと判断するのは不可能!」ってこと!?

 

不可能なのに「天井と底をどうすれば当てられる!?」

って一生懸命がんばって悩んでいたってこと!?

 

こんな単純なことに気づかず悩んでいたなんて・・・

なんてこったい・・・

 

それに気づいた途端にトレードがうまく

回るようになった。

 

「天井と底は当てられないんだ」と理解して

勝てるようになったんだ。

 

相場の動きはわからないし

当てることもできない。

 

単純なことがわかってしまえば

相場はそれほど難しいものではなくなる。

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ