1日20ピップスを目標にした話

「1日20ピップス取ろう!」

 

そんな目標を立てたりしていた。

 

「20ピップス取れたら

 1万通貨で2000円、 10万通貨で2万円

 100万通貨なら20万円! ウヒヒヒヒ」

 

なんて思っていた。

 

でもこのやり方は非常にまずかった。

 

「20ピップス取るのも一苦労!」

 

ってことがあったからだ。

 

「相場は全然動いてませ~ん

 でも20ピップス取りたいです~」

 

どんだけワガママ娘・・・

どんだけワガママババアなんだ!

 

だから私は注意することにした。

 

「私の目線で考えるような

 アホなことはもうしません。」

 

「毎日利益が出せて当たり前!

 私には負ける日なんてないんです!」

 

そんな傲慢なことを考えるのはもうやめます。

 

今日からは行動に注目します。

 

・ルール通りに損切します

・ルール通りに利益確定します

・ルール通りにエントリーします

・ルール通りに見過ごします

 

これらを一つ一つクリアしていくことが

私にとって最も重要な仕事になったのだ!

相場で稼いで億万長者になるには?

大坂なおみ選手が世界ランキング1位に

なってすごいなぁと思うんだけど

 

あんな試合を見ると

「私もあんなスゴイ人になりたい!」

って考えたりするよね。

 

「私も相場で稼いで億万長者になる!」

夢見るかもしれない。

 

夢を見るのは自由だけれど

忘れてはいけないことがある。

 

『突然相場で勝てるようになるわけではない』

 

大坂なおみ選手は今では素晴らしい選手だけど、

ジュニア時代はそれほど目立つ存在ではなかったようだ。

 

それでも地味な練習をずーっと続けたからこそ

世界ランキング1位を獲れるまでに成長したわけだ。

 

冷静に考えれば当たり前の話なんだけど

相場となると当たり前に考えられなくなったりする。

 

「数時間のセミナーに出れば勝てるようになるかも」

 

「2~3時間マンツーマンで教われば

 勝てるようになるかも」

 

「トレード手法を手に入れたら

 スグ勝てるようになるかも」

 

ちょっと考えればおかしいよね?ってことが

おかしく思えなくなっちゃうんだよね。

 

ちょっとやって結果が出ないからって

すぐ違うことをやったりとか。

 

そういう道に知らない間に進んだりしてしまう。

 

だから自分がどういう方向に進んでいるのか?

かなり注意深く意識しておく必要がある。

FXで天井と底をピンポイントで当てる方法

「天井と底をピンポイントで当てたいなぁ」

って思うことがあった。

 

当てられると信じていた。

 

ある日、「天井だ」「底だ」と判断できるのは

いつなのか?って考えたことがあった。

 

調べてみると

「高値を越えず安値を抜けたらその前の高値が天井」

だと判断できることがわかった。(底はこれの逆)

 

ん?どゆこと?と思った。

 

「天井ができた時点ではそれが天井かどうかは

 不明でもっと後にならないと確認できない」

 

となると、だ。

 

「天井ができた時にピンポイントでそこが

 天井だと判断するのは不可能!」ってこと!?

 

不可能なのに「天井と底をどうすれば当てられる!?」

って一生懸命がんばって悩んでいたってこと!?

 

こんな単純なことに気づかず悩んでいたなんて・・・

なんてこったい・・・

 

それに気づいた途端にトレードがうまく

回るようになった。

 

「天井と底は当てられないんだ」と理解して

勝てるようになったんだ。

 

相場の動きはわからないし

当てることもできない。

 

単純なことがわかってしまえば

相場はそれほど難しいものではなくなる。

損失パターンをキッチリ回避するには?

「またおかしなトレードやっちまった。

 連続損切だ、これで〇万円失った・・・」

 

無理なトレードやおかしなことをやってしまい

損失が重なってめちゃ落ち込むことがあった。

 

こうなった後に何をするかって言うと

何とか利益を出したい一心で

多くの本を読み情報を漁っていた。

 

でも実は必死に探さなくても

チャンスは目の前に存在していたんだ。

 

『自分が出した損失の明細』

 

どんな時に損しやすいか?には

自分なりのパターンがある。

 

このことに早く気づけばよかったんだ!

 

損失パターンが見つかったらしめたもの。

損失パターンにハマらなければ損を

回避したり小さくすることができるから。

 

コツは「損失パターン」そのものではなく

「予兆」を発見すること。

 

会社でイヤなことがあったら

無理なトレードをしがちになるとか

 

家族とケンカした時に一気に賭けてしまい

一気に大きな損失を出しやすいとか

 

そういうパターンが出てしまう予兆を発見して

その時はトレードをやらないとやっていく。

 

何を考えているときに、どんな体調の時に

おかしなトレードをやっちゃうのか?

 

損しやすい状況を少なくしていくって事。

 

損失を完全にゼロにすることはできないけど

損しやすい状況での損なら限りなく

ゼロに近づけることができるはずだ。

 

その結果、うまく利益が残っていくようになる

FXのテクニカルは信用できない?

「あーなんで負け続けるのかな?

 何かうまくいくやり方はないかなぁ?

 別のテクニカルを使ってみようかな?」

 

FXで負け始めると「テクニカル」に
興味を持ち始めることが多い。

 

移動平均線とかボリンジャーバンドとか
一目均衡表とかフィボナッチとか

 

これ以外にもたくさんある。

 

「テクニカルをどうにか自分のものにすれば
 勝てるようになるかも!?」

 

って思っちゃうんだよね。

 

私もテクニカルは必死で勉強したから
その知識は半端ない。

 

でも死ぬ気で勉強した結果どうだったか?

 

あまり意味はなかったように思う。

 

ムズカシイ計算式を知ったから、使えるように
なったからといってトレードがそれほどうまく
なったようには思わない。

 

「テクニカルをメチャ学べば勝てるかも!?」

 

私の思い込みでしかなかった。

 

「テクニカルを学べば天井がわかるし
 底を掴むことができるかも!?」

 

いやいや、わからないし掴めないから。

 

「利益が一番乗った一番うまいところで
 決済できるかも!?」

 

できないし、爆上げを指を加えて見てるだけ
ってことはやっぱり起きる。

 

売られすぎ、買われすぎのテクニカルを
使ったところで未来を知ることは絶対に
できないんだ!

 

逆にテクニカルにしがみついたばっかりに
大きな損失につながることもある。

 

流れを無視して

 

「テクニカルでサインが出たから!」

 

単純に逆張りしてうまくいくハズがなかったんだ。

 

テクニカルでサインが出たことに執着して
相場が反転してもそれを認めようとせずに

 

「もう少し粘ったら思った方向に動くだろう」

 

「いや、これはまだ損切りするタイミングではない」

 

自分にとって都合の良いイイワケだけを
探し続ける。

 

その結果持っていたポジションは大きな損失に・・・

 

「こんな結果になるなんて!テクニカルなんて
 全ッ然信用できないじゃないか!!!」

 

「もっと使えるテクニカルはないのか??」

 

血眼になって聖杯を探そうとする。

 

こんなバカげた行動にならないためには

どうしたらいいのか?

 

「テクニカルは利用はするけど信用しない」

 

あなただけは正しくテクニカルを使って欲しい。
 

FXで疑心暗鬼になるとき

始めてトレードに出会ったときのイメージは

 

「カンタンに勝てそう。私にもできそう」

 

ただクリックするだけで資金がどんどん
増えているように見えるんだよね。

 

これが初心者のはまる落とし穴でもある。

 

「セミナーに出席すれば」

「情報商材DVDを手に入れれば」

「トレード手法があれば」

 

私にだってスグに勝てるようになるハズ!!

と思い込んでしまうんだ。

 

数時間のセミナーを受けて次の日から
ガンガン勝てるようになるとか

 

傍から見ればかなりおかしい奴なのに
自分自身ではおかしいとは全ッ然思わない。

 

実際には同じまちがいを何度も繰り返す。

 

自分が「まちがったことをしている」と
気づかない限り永遠に同じまちがいをする。

 

大体は資金の大半か全部を失った頃に気づく。

 

だからトレードで成功したいと思うなら
そういったことが必ず起きると思っておいたほうがいい。

 

「自分は違う!」

 

と思いたいだろうけど起きると思って
ちゃんと考えておいたほうがいい。

 

トレードで生計を立ててる人に出会う機会は
なかなかないかもしれないから

 

「本当に勝ってる人がいるのかな?」

 

疑心暗鬼になることもあるかもしれない。

 

でも、あきらめずにやるべき事を続けていれば
必ず道は開けるようになっている。

 

やるべき事っていうのは勝てないのに
リアルトレードすることではない。

 

きちんと論理的に筋道が立っている
「勝てるようになる方法」を知って
それを続けていく。

 

FXを始めたばかりなら「トレード手法」に
関心が向くことが多いだろう。

 

確かに勝てるトレード手法は大切だ。

 

しかし、それよりももっと大切なことがある。

 

『トレード手法を上手に扱える状態』になる。

これはメンタルの問題だ。

 

メンタルがしっかりしていないと
いくらトレード手法が手元にあっても
勝てるようにはならないからだ。

 

メンタルをどうコントロールしていけばいいか?
についてはメールマガジンで大切なお話を
包み隠さず公開している。

トレードテクニック・手法より重要なこと

人々は「私はまちがいなんかしでかさないだろう

という認識を持っている」 byジョージ・ソロス

 

取引を上手にやってるつもりなのに

コツコツドカン!で大きく負けたり・・・

 

うまく利益が乗っても最終的に

小さな利益で確定するハメになったり・・・

 

「なんでうまくいかないのかなぁ?」

って悩んだことがある。

 

で、色々調べた結果

『検証』というものが大切なのがわかった。

 

だけど検証はめんどくさいから

なかなか手をつけられない。

 

なんで検証をやりたがらないのか?

 

「私はまちがいなんかしでかさない!」

っていう変な自信があったから。

 

「たくさん勉強したし知識もある。

 私はいつも正しいことを行っているから

 まちがいをしでかすハズがない!」

 

「例えまちがいをしでかしたとしても

 次は絶対やらない!大丈夫!!」

 

とか思っちゃってたから。

 

自分の悪いところをきちんと

見れてないってこと。

 

もう少し謙虚なら

「利益が出ないのは何かが

 おかしいんだろうな」と気づいて

 

「そういえば検証をしっかり

 やっていなかったな」と

反省できるはず。

 

でもそれをやれない、やらないのは

まちがったことをやっているという

謙虚さとその認識がないから。

 

つまり、検証をマジメにやるには

まず謙虚さが必要だってこと。

 

どの通貨がいいのか?とか

どんなテクニカルを使ったらいいのか?とか

トレード手法はどれがいいのか?とか

 

そういうことをやる前にもっと重要なのが

謙虚さのある人間になるってこと

 

勘とか感覚でトレードしても

絶対にうまくはいかない。

 

自分がどういう人間なのか?に

注目すれば誰よりも先へ進める

 

テクニカル指標の知識、半端ないって!といわれた話。

悩んでいた頃の話なんだけど、

 

色々なトレード手法を試してるのに

うまくいかない!!という時期があった。

 

逆に言えばうまくいかないから

色々な手法を試してしまうんだけど、

 

自慢ではないが私はいくつもの

テクニカル指標の使い方を知っていた。

 

「あやなさん、テクニカル指標の知識

 半端ないって!」

と某O氏に言われたほどだ。

 

しかし、私の脳内にたんまりためこまれた

大量のテクニカル指標の知識を

駆使したところで

まったくもって利益は出なかった。

 

その頃私はこういうふうに思っていた。

 

「一目均衡表を使えば値動きがわかるはず!?」

 

「ADXを使えばトレンド発生が当てられるはず!?」

 

「ローソク足のパターンを覚えれば

 転換ポイントが見つかるはずぅぅぅ!?」

 

この考えが悪かったんだ・・・

 

私は、トレードの値動きを当てようとしたり

未来を知ろうと考えていた・・・

 

他人よりもすこし容量の少ない頭で

よくよく考えてみたらきづいたことがあった。

 

「値動きって当てられるんだっけ?

 値動きを当てようとするのは

 未来を予想するのと同じことだっけ?」

 

「あれ?わたし、未来を当てようとがんばってたの??」

 

そこに気づいたときに

 

「色々な手法とかテクニカル指標を

 学んでも一緒じゃない?

 うまくいかなくない?」

 

初めて納得できた。

 

それから色々試すのをやめてみた。

必要なことだけに専念することにした。

 

浮気をやめて彼女一筋になったんだ!

 

そうすると、不思議なことに

彼女の細かい部分に気づき始めた

 

彼女がいつご機嫌で、いつ不機嫌なのか

よく見えるようになったんだ。

 

ここまでわかれば

私の思うがままに、

彼女を扱うことができる。

 

不機嫌なときはなるべくそっとしておくから

とばっちりもうけない。

私もいつもご機嫌でいられる。

 

だから、もしあなたが彼女の目を盗んで

別の女性の部屋に遊びに行っているなら

そういうこととはきっぱり決別して

 

彼女一筋になってみるといいよ。

 

そうすれば幸せな家庭を築いて

幸せな人生を歩める。

 

あれ?私何の話してたんだっけ?

色々やって勝てないのは巨乳だけ狙ってないから

色々やってるのに全然勝てないッ!

って時があった。

 

トレンドに乗ろうとしても

逆張りで責めようとしても

市場変わりを狙っても

窓明けを狙っても

00ポイントを狙っても

ブレイクに飛び乗っても

 

何やってもダメ!!

 

なんでこんなに勝てないんだ!?

腹が立つやら情けないやら。

 

最後にはうらめしい目をして

チャートをにらみつける始末・・・

 

発狂ってこういう時のことを

言うんだねと変に納得したり。

 

なんで勝てないんだろ?と

よくよく考えてみると

 

「色んな事を一度にヤリ過ぎてる」

と気づいた。

 

二兎を追うものなんとかって

誰か言ってたけど

 

私の場合二兎どころか十兎以上

追っかけてたんじゃないだろうか?

 

そりゃぁうまくいくハズないよね。

 

合コンした時に右隣にいる

おっぱいの小さな女性に

「俺は巨乳ってあんまり好みじゃないんだ」

と言った後に

 

左隣にいるおっぱいの大きな女性に

「やっぱり大きいほうがセクシーだよね」

と言って誘う。

 

そうなるとどうなるかって言うと

裏で女性同士が話をして

「あいつダブスタ野郎だね」

と言われて嫌われる。

 

※ダブスタ(ダブルスタンダードの略。)

 矛盾していること、二重基準。

 

それと同じようなことを

してたわけだ。

 

そりゃぁうまくいくわけない。

 

 

じゃぁ、どうしたらいいか?っていうと

狙いを一つに絞る。

たったこれだけ。

 

巨乳好きなら

巨乳の女性だけにアプローチする!

これしかない!

 

「この子はおっぱいがちっさいけど

 まぁ顔はタイプだから

 誘っちゃおっかな?」

 

という誘惑に負けてはならないのだ!!

わかったか!?

 

損切りでイライラする

自分で損切位置を決めるんだけど

損切に引っかかるとイライラする。

 

このイライラの気持ちを

一体どこにぶつけたらいいのだろうか?

 

っていうかなんでそもそも

イライラしてしまうんだ??

 

「ここで損切する!

 これ以上反対方向に動いたら

 まずいから損切する!」

 

って自分で決めたことなのに

なんでイライラしてしまうんだろう?

 

理由は色々ありそうだけど

 

本当の意味で損切を受け入れられていない

ってのは大きそうだ。

 

例えば仕事でミスして取引先に迷惑をかけたときに

上司から仕事のミスを指摘されて

表面的には「はい、スミマセン、自分が悪かったッス」

って謝るんだけど

 

心の中では

「ちぇっ、最終的なチェックはあんた(上司)も

 したじゃないか!俺だけの責任じゃないッ」

と思ってる、みたいな。

 

じゃぁ、

本当の意味で損切を受け入れるには

どうすればいいか?

 

仕事のミスの例だったら

上司に責任を割り振ろうと考えないようにする。

 

『今回の件は100%自分に責任があったと

 思えるようになること』

 

「確かに上司もチェックはしてくれるんだけど

 それを当てにせずに最終的な責任は自分に

 あるんだと考えてチェックしないといけないな」

と考えて仕事に取り組むようにする。

 

日常からそういう行動を取っていけば

自分に100%責任があると自分で認められるように

なるから損切になってもイライラすることもなくなる。

 

イライラするのは「なんで?自分は悪くないのに

損をしなきゃいけないの?」という思考が出てきて

しまってることだと考えるようにするといい。

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ