今スグ使える強力な利益確定方法。これだけでも年間収支プラス。

トレードするたびに資産が確実に減っている。

じわりじわりと破産への道へ進んでいる気がする・・・

 

そんな不安を持っているあなたにピッタリの

強力なデイトレ利益確定方法を公開。

 

例)

対象通貨:ドル円、ユーロドル、ユーロ円

 

損切幅は20pips固定

 

利益確定は3分割。

・30pips

・40pips

・50pips

 

エントリー後はOCOで放置。

 

OCO注文とは一度に二つの注文を出して、

高いレートになったら売り注文、安いレートに

なったら買い注文が約定されるという注文方法

 

二つの注文のうち、どちらか一方が約定されると

もう一つの注文は自動的にキャンセルされるという

都合の良い注文方法

 

たったこれだけで、破産へ進んでいる今の状態を

瞬時に年間収支プラスへと変化させられる。

 

注意点1

 

ボラティリティが高い場合は損切幅を少し

広くする必要がある。

 

(相場が上下する幅がとても大きい時

 ブレで損切に引っかかりやすい状態の時)

 

損切幅を1.2倍~1.5倍に広げて、

利益確定も同じ割合分大きくする。

 

(リスクを一定にするために枚数を抑える

 方法を取るのもいい)

 

これで利益にならないことが多いなら、単純に

エントリーポイントがまずい可能性が高い。

 

注意点2

 

ボラティリティが低すぎる時は、利益確定

できなくなることがある。

 

最近の相場ではその点はあまり気にならない。

 

注意点3

 

1か月程度ではマイナスになる可能性もある。

1年間ではプラス収支になる可能性はかなり高い。

 

「なかなかトータルプラスにすることができない」

「損切や利益確定で迷ってしまう」

 

そんなあなたにピッタリのトレード方法だ。

 

最初にカンタンなルールでガチガチに固めて

トレードしてみる。

 

「ルール通りにすれば利益になるんだな」

「ルール通りにしていればそれほど負けないんだな」

 

ということが分かるようになる。

 

ルール通りにトレードした過去の記録を見れば

損切の位置をどこに変更したらいいのか?が

分かってくる。

 

「利益確定のポイントはどの辺りですればいいか?」

「どんな利益確定を採用したほうがいいか?」

 

これも分かってくる。

 

なるべく自由度を抑えつつ、修正していくと

ポイントポイントで利食っていけるような

トレードを目指すことができる。

 

「ここは利を伸ばす方が良いポイントだな」

という場面もだんだんと分かってくる。

 

損切幅は20pipsで固定

 

利益確定を3分割にする。

・30pips

・40pips

・50pips

 

エントリーしたら後はOCOで放置する。

 

カンタンにトレードしたい!ラクなトレードで

年間収支をプラスにしたい!

 

そう考えるあなたにピッタリのやり方だ。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

損切はできる。利確がなかなかできない

あやなさん、惚れました。^^

 

すごく有益な情報を、なんの利益もないのに

無料で教えて下さって、ありがとうございます。

 

自分は、リーマンショック直後にFXを始めました。

 

右も左も分からずに、勉強もろくにしないで

取引をしていました。

 

当時は、ショートしとけば利益が出ると

言われていましたが、上下に激しい相場で、

大きく取っていたストップを取られてばかりいました。

 

退場を何回も経験しましたが、進歩することは

ありませんでした。

 

1年ぐらい相場から離れていましたが、今年から

一からやり直そうと奮闘してるときに、あやなさんの

ブログに出会いました。

 

自分が悩んでいるところを、分かりやすく

解説して頂き、本当に助かっています。

 

一つだけ質問させて下さい。

 

損切は、なんのためらいなく出来るように

なったのですが、利確のポイントが分かって

いるのに中々できません。

 

何故? 原因は、まだまだ利益が増えるかも

知れないという気持ちがあり、タイミングを逃し、

建値撤退というのが非常に多くなってしまっています。

 

ここを克服できれば、少しはマシになるとは思うのですが・・・・

 

お忙しいとは思いますが、ヒントを頂ければ幸いに思います。

 

長々と書いてしましましたが、あやなさんも、お体に気を付けて

末永くブログを更新して下さい。ず~っと応援していきます。

 

========お返事ここから

 

利確でお悩みなのですね。
利確はとても悩むポイントだと思います。

 

利益確定のコツはタイミングを探さないことです。

 

最大限伸ばそうと思ったら反転を待つ必要が

ありますしポイントで利食おうと思ったらまだまだ

伸びていく可能性をわざわざ捨てているので

さらに伸びたときは取れません。

 

私も利確にはかなり悩まされましたが、わかった

のは両方を得ようとするとうまくいかないということです。

 

なので、「良いタイミングというのはない」

と考えるのが正解です。
 

最大限伸ばしたいなら常に最大限伸ばすトレードをして
「もうトレンドは終了したな」というサインを見るために
利益の一部を手放すことを受け入れる。

 

ポイントで利食いたいなら、さらに伸びた場合に
どうするかを考えておく。

 

・追わない場合
伸びていく利益を見ても「もう利益は得ているから」と
満足して自分を納得させる。

 

・再エントリー出来る場合
「一度降りたから」という気持ちをリセットして、これから
新たなトレードが始まるという気持ちでエントリーする。

 

再エントリーの場合は、多少経験が必要になってくる
かもしれません。

 

こういった戦略をとってもやっぱり利益確定は難しいので
漏れのない最良の方法というのはありません。

 

なので、結局「最良のタイミングはない。どんなトレードでも
常に利益確定にはミスがある」「全部は取れない」
と考えた
ほうが気が楽です。

 

損切り幅を大きくするミスは絶対にしてはいけませんが
利益確定のミスには寛容なほうがトレードしやすいと思います。

 

参考になりましたら。

 

追伸

 

このブログの情報やメールマガジンは全て無料で見れますが

それなりに見返りは頂いています。

 

たとえば、ブログ内で有料の教材を紹介していますし

(売り上げの一部が私の懐に入ります。)

 

それだけではなく、FXのことについて情報を公開することで

私の脳内の情報の整理にもなります。

 

また、色々なメールを頂くことで、自分では気づかなかった

部分に気づくこともできますし、新しい発想にもつながったりします

 

いつもありがとうございます。

タグ: 

カテゴリ:雑記  [コメント:0]

FXの利益確定と損切幅はどのように決めたらいいのだろうか

 

「利益確定はどこでしたらいいんだろう?

 損切幅は?決め方がわからない・・・」

 

トレードをはじめた頃、こんな悩みをもっていた。

 

まず、頭の中に浮かぶのはこんな考えだった。

 

「利益が減るのがイヤだから、

 少しでも利益が減りそうになったら利益確定したい」

 

「損はあまり出したくないから、

 マイナス方向に動いたらスグに損切したい

 でも、自信のあるトレードだったら多少は損切を我慢するかも」

 

これはトレーダーの感覚ではなく、ふつうの人の感覚だった。

 

つまり、利益は早く手に入れたい、損はなるべく避けたい

できれば損切せずに勝ちたいという感覚だ。

 

 

トレードについての知識が浅い場合は、

自分のやりたいようにやってしまう傾向があるから

どうしても「必ずトータルで負けてしまう」行動になりがちだ。

 

トレードで利益を出そうと思うならば、自分の感覚ではなく 

トレーダーとしての感覚でルール作りをしなければならない。

 

例えば

・利益を最大限に伸ばしたいのであれば

 一部の利益は常に相場に返すことが必要

 

・損切幅を決める時は

 損切幅を決定するに値する理由が必要

といったことだ。

 

 

利益確定の際に、利益を最大限まで伸ばしたいのであれば

レートが反転して、トレンドが崩れるのを確認してから

利益確定する必要がある。

 

トレンドが崩れるのを確認せずに利益確定してしまうと

一番大きく動くポイントを自分のモノにできなくなることが多くなる。

 

しかし、トレンドが崩れるのを確認するというのは

常に利益の一部分を相場に返すことになるから、モッタイナイ気分になる。

これは、利益を最大限に伸ばすことがやりにくいポイントでもある。

 

さらに、トレンドが崩れるのを確認してしまうと

利益どころか損切になってしまうという状態もあるから

今の相場がどんな相場なのかを把握する力が必要な部分もある。

 

 

損切幅を決める時は、抵抗線や支持線が崩れるポイント

というのが一般的な損切ポイントだ。

 

しかし、教科書的なポイントで損切幅を決めるのは

あまり賢いやり方ではない。

そこを狙って相場を動かしてくる勢力があることも考慮する必要がある。

 

教科書通りに抵抗線や支持線崩れで損切幅を決めて

それがうまくいっているのならば、問題はないだろうが

もう少し頭をひねることで、さらなる成績の向上につながるはずだ。

 

損切位置は、エントリーとの兼ね合いもあるだろうから

一概にココがいい!と明言できるものはないが

エントリーの精度がいいのか、悪いのか

という部分も考慮する必要がある。

 

 

つまり、あなたのエントリーが上手であれば

損切幅は狭いほうが有利であるし、

 

あなたのエントリーが下手なのであれば

ある程度余裕のある損切幅を設定したほうが

有利であるということだ。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

FXで利益を伸ばすには。利益確定にコツがあるのか。

「もっと利益を伸ばしたいなぁ」

「どうやったら利益を伸ばすことができるんだろう」

 

FXでトレードするときに

こんなふうに悩むことは多いだろう。

 

私も利益を伸ばすことには苦労した。

 

 

「もう、利益がなくなるんじゃないだろうか」

 

「今手に入れているこの利益がなくなって

損切になってしまったら嫌だ」

 

 

そんな不安と欲望で頭がいっぱいだったからだ。

 

 

人間は、自分が知らないことだったり

よく理解できないことに対しては

不安恐怖を感じるようにできている。

 

 

だから、もしあなたが現在

 

・なぜ利益を伸ばさなければいけないのか

・今利益を伸ばしてもいい状態なのか

・今利益を伸ばしてはダメな状態なのか

 

ということを

ハッキリと理解していない状態

であるならば

 

どんなに気合を入れて

「利益を伸ばそう!」

と頑張っても、

なかなかうまくは利益を伸ばせないだろう。

 

 

だから

「なるべく不安や恐怖を感じずに利益を伸ばしたい!」

と思うのであれば

まずは相場を知ることから始めるといい。

 

 

相場を知るというのはどういうことかというと

「エントリーすればトータルで勝てるポイントがある」

ということを心の底から理解するということだ。

 

 

難解な動きをする相場だが

相場環境を認識して

ある程度、相場の動きがわかるようになると

 

どこでエントリーすればいいのか

エントリーしてはいけない状態はどんな状態か

ということが

ハッキリとわかってくるようになる。

 

 

相場の環境認識というのは非常に重要だ。

 

 

しかし、実は

相場の環境認識よりも大切なことがある。

 

 

それは

相場の将来の動きは予測できない

ということだ。

 

なぜなら、相場というものは

予測可能であるけれど

予測不可能なもの

という性質を持っているからだ。

 

 

相場の全てを理解してやろう

と思った瞬間から

相場というものはとてつもなく難解なものになる。

 

 

だから、

相場は予測不可能なもの

ということを常に頭に入れておいて

相場の迷路にはまらないようにしておく必要がある。

 

その上で、相場というものは

「ある一定のルールの下に動いている」

ということを理解すれば

相場に対するばくぜんとした

不安や恐怖がなくなっていく。

 

そうすると

 

「もう、利益がなくなるんじゃないだろうか」

 

「今手に入れているこの利益がなくなって

損切になってしまったら嫌だ」

 

そんな考えから

 

「このポジションはここまで保有しておいた方がいい」

 

「さらに伸びるポイントだからまだ保有しておこう」

 

「ここまで来たら、一度利益確定しておいた方がいいな」

 

こんな風に

冷静に自分のポジションを見ることができるようになる。

 

 

***** ↓スルーせずに応援スルー!!↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2020年7月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ