売買ルール、売買手法を超カンタンに考える方法

前回までの記事でFX売買について

カンタンに説明してきたが

いよいよ具体的な方法について説明する。

 

いわゆる『売買ルール』と呼ばれるものだが

すでにあなたは知ってるだろう。

 

『売買手法』で検索すればやり方なんて

たくさん出てくるし、わざわざここで説明

する必要もないくらいだ。

 

あなたの目の前に勝てる売買ルールは

存在しているのに、あなたはそれを見てないってこと。

 

見てないというか、見たくないと思っちゃってるわけ。

 

「ダイエットをしよう!」って決断したとき

ダイエットをする方法はあなたを含めて

ほとんどの人が知ってるよね?

 

食べる量 < 運動する量

これを意識して実行するだけってわかってるよね?

 

なのにほとんどの人がダイエットに失敗する。

 

「食べる量を減らす・運動を増やすより

 もっとラクでカンタンな方法がないかな~?」

って思ったり

 

「やるのがめんどくさいからやらないー」

ってなって失敗するわけだ。

 

方法は知ってるけど

実際にやるひとが少ないってこと。

 

FXトレードもコレと同じで

やり方は調べればすぐにわかるし

時間をとって練習してスキルを身につければ

利益を出す方法はこうすればいいってわかるはずなんだ。

 

でも、実際にはそれをやってないってこと。

「たしかにそうだなー」って思う?

 

単に『やればいいだけの話』なのに

それをやってる人があまりいないっていうのが

利益が出せない理由の一つ。

 

ここまでは納得してもらえたかな?

 

利益を出す売買ルールはすでに

あなたの目の前にあるんだけど

それに気づいてないから

気づいてないことに気づく必要があるってこと。

 

例えば、具体的な売買ルール、取引の仕方は

チャートを使ってする。

 

チャートにローソク足だけを表示させて

好きな時間足を選ぶ。

 

それを見ながら高値安値にラインを真横に引いていく。

 

山になっているように見えるところに

ラインを引いていく。

 

そうすると、「ラインを引いた同じところで

なんとなく反発しているなぁー」って見える。

 

「なんとなくそう見える」っていうのでOK。

 

で、そのラインと次のラインまでいくときに

価格が波を打ちながら動いているのも

見て取れるはずだ。

 

こういうのをずーっとやっていくと

「このラインを超えたら次は

 このラインまでたどり着きそうだな」

 

「こういう波を打ちながらたどり着きそうだな」

ってのが見えてくる。

 

そうしたら、真横のラインに加えて

斜めのラインを引く感覚が身につくはずだ。

 

ラインを引くことで

次の価格がどういう風に動きやすいか?

ってことまで見て取れるから

 

そのラインで反発したときに売買すればいい

ってこともわかってくるはずだ。

 

これがトレード、売買の基本。

 

「ここで反発するだろうな」

と思ったところで反発せずに突き進む場合もある。

 

その時は損切をすればいい。

 

確率で考えて、それに対応した幅で損切して

それに対応した幅で利益を確定させればいい。

 

一日の中でここからここまで動くだろうな

ってのを見て、その動きの中で

わかりやすいところだけ取引する。

 

価格は上がったり下がったりしてるから

その流れの一部分だけ利益化すれば

常に取引しなきゃならないわけでもない。

 

毎日小さな幅を得るとか

月に数回大きな流れを得るとか

戦略は人によって違ってくるけど

基本的な考えは同じになるんだよね。

 

で、ここまでを聞くと

「そうなのか。このくらいカンタンに考えれば

 いいのか」って感じたかもしれない。

 

と同時に

「それは確かにそうなんだけど、でも

 実際にやるとうまくプラスにならないんだよね」

と思うかもしれない。

 

それには理由がある。

『感情』がポイントだ。

 

感情については次回の記事で詳しく説明していく。

お楽しみに!

トレードルール(売買手法)があっても勝てない理由

前回の記事の続き

 

もっとラクに考えるというのが

どういうことかって言うと

 

トレード、デイトレで利益を出すには

まずトレードルールが必要。

(トレードルールとは売買するときのルールのこと)

 

多くの人は「トレードルールさえあれば誰でも

利益を出せる」と考えがちだけど

ルールがあっても稼げていないことはよくある。

 

しかも、かなり勉強してる人ほど稼げない、

知識があるほど稼げてないっていう事実があって

 

だから「トレードルールさえあれば稼げる」

は、考え方としておかしいわけだ。

 

しかも、「相場が上がっていれば買えばいい

下がっていれば売ればいい」ってだけのことなのに

それがことごとく外れることがあって

 

「買うか売るか」の2択なのに確率的に

ありえないくらい連続して負けたりするわけ。

 

これはもう根本的に考え方そのものがおかしい

としか思えないよね?

 

負けるほう負けるほうに判断が偏っていて

「なんであんな判断をしたのかな?相場はハッキリと

 上昇していたのになんで売りばかりしたのかな?」

ってなっちゃってる。

 

チャートを見れば一目瞭然なのに

トレードの最中はそれが全く見えなくなってる

ってのが頻発するんだ。

 

そういう時に考えているのは

「どこがチャンスかな?大きく取れるのは

 どのポイントかな?確実に利益になるのは

 どこでエントリーすればいいのかな?」

 

利益を取ることばかりに注目してたりする。

 

だから、これをもっとラクに考えるように

するといいわけだ。

 

「トレードしちゃダメなポイントはどこかな?」

ってことだけに集中する。

 

買うか売るかの50%の確率だとして

不正解の可能性が高い部分を見つけて

それを避ければ、自動的に正解の高い部分を

選びやすくなるはずだよね?

 

正解を、自動的に50%以上の確率で

当てやすくなるよね?

 

それを繰り返していけば、最終的には

自動的に利益が出るトレードができるはずだよね?

 

まぁ、実際にはやっぱり損はしたくないし

損することでお金が減っていくのを見ると

不安になるし怖いと感じると思う。

 

それで、なんとか勝ち続けたい、

負けを避けて勝ちばっかりでいきたい

って思うかもしれないけど

それだとうまくいかないんだよね。

 

だから、根本的な考え方を変えたほうが

スムーズに利益を出しやすいわけだ。

 

これは精神を鍛えるとかそういうことじゃなくて

考え方そのものを変えるということ。

 

考え方を変えるにはどうすればいいかっていうと

身の回りの環境を変えていけば自然と変わって行く。

 

ルールを紙に書き出しておくっていうのも

一つの有効な方法だ。

 

「なるほど、環境を変えて自然と考え方を

 変えて行けばいいわけですね。

 それはそうと、具体的なトレードの手法について

 そろそろ教えて欲しいんですけど・・・」

 

では、次回、具体的な手法について説明していこう。

お楽しみに!

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2020年3月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ