損切位置(ストップロス)設定方法をズバリ解決!

FXでは損切を設定しなきゃならない。

なぜなら、損失100%回避はムリだから。

 

損失は小さく抑えればいいんだけど

その位置に迷うことがある。

 

※『損切位置をズバッと決める方法』の
PDFをこちらで無料配布している
必要な場合は覗いてみて欲しい

 

損切位置について教科書では大体

『前回高値安値を越えたとこ』って書いてある。

 

だからその通りに設定するんだけど

この匙加減がなかなか難しい。

 

教科書どおりに「ここだよね」って思うところに

損切を設定すると、損切になった後に

急反転して思惑通りの方向に動くことが多いからだ。

 

だからそれを見越して損切り幅を広めに取ると

今度は損切の幅が広すぎてどうにもならない

ってことになったりする。

 

やることなすこと空回りしてしまうわけだ。

 

何でこういうことが起きてしまうのか?

 

プロのトレーダーは

素人がやりそうな行動を見透かして行動しているから

素人の損切を食おうとする。

 

だからその点を見越して考えて

損切り位置を設定する必要がある。

 

「教科書どおりならこのポイントに損切を置く。

 それを見越してトレードする人がいる。

 だからさらにそれを考慮した位置に損切を置く」

 

って考えるってこと。

 

それでどうやってその位置を見つければいいのか?

ってことだが

 

過去のチャートを見て自分なりに考えて

損切り位置を変えて検証してみる

ってことをやってみればいい。

 

ただそれだけなんだけど

ちょっと、というか

かなり面倒な作業になるから

根気が必要でもある。

 

※『損切位置をズバッと決める方法』の
PDFをこちらで無料配布している
必要な場合は覗いてみて欲しい

損切が遅くコツコツドカンを繰り返すへの対処法

「損切が遅くコツコツドカンを繰り返してしまう」

という場合があるんだが

 

こういう時、トレード中に何を考えてるかというと

大体こういうことを考えていたりする。

 

「あー逆行してるー、ちょっと損になっちゃったなぁ

 でも少しガマンしたら反転してくるかも。

 プラマイゼロまで戻ってきたらそこで損切をしよっかなぁ

 

 あっ、ちょっと戻ってきた!

 いい感じに損が小さくなってきたからもう少し待とう。

 うん、もう少しでプラマイゼロだ。

 あー、損を回避できそうで一安心。

 

 うーん、プラマイゼロにはなったんだけど

 ここで損切するのはなんだかもったいない気がする。

 

 もしかするともう少し待ってたら利益に

 なるかもしれないからもうちょっと保有しとこう。

 

 あれっ?また反転して損が出始めたな。

 うーん、どうしようかな・・・

 

 あちゃー、このトレードは失敗かな。

 しょうがない、今度こそ戻ってきたところで

 プラマイゼロできちんと損切をしよう。

 

 ああーだんだん損が大きくなっていく

 早く戻ってプラマイゼロくらいにならないかな?

 

 あれれー?全然価格が戻ってこない!

 こりゃぁ結構な損切をしなきゃならないぞ?

 うーん、もうこれ以上の損は見ていられない!

 ガマンできないから損切をしよう。

 

 あーあ、結構大きな損を確定しちゃったな・・・

 よし、次はこんな風にならないようにがんばろう!」

 

こういうのをわずか数分のうちに考えていたり

数日かけて考えていたりする。

 

で、こういう風に考えた結果

コツコツドカンのトレードが出来上がって

トレードすればするほど利益が出ないってことになる。

 

つまり、トレード中にこういう風に考えていたら

利益が出ないってこと。

 

だから、こういう風に考えないようにすれば

利益が出せるということでもある

 

じゃぁどう考えればいいか?っていうと

「トレーダーとして正しい行動は何だったかな?」

って考えるようにすればいい。

 

これを意識するだけで成績はまちがいなく

良い方向に修正されていくはずだ。

損切するのは逆に損

デイトレードで勝つためには
『損切』が絶対必要。

 

損切っていうのは買った後に下がる、
売った後に上がってしまうって時に
損が大きくならないうちに決済する
ことなんだけど

 

このことをFX初心者時代に
うるさいほど目にしてきた。

 

だから「損切はちゃんとやらなきゃ
ならないんだね」って思ってた。

 

で、実際に損切しながらトレード
していたわけだけど・・・

 

私の場合「やってるつもり損切」
を永遠と繰り返してたんだよね。

 

「本当はココが損切ポイントだけど
 実際に損切にかかったらイヤだから
 もう少し幅を広げちゃおうかな」

 

「ああっ、損切に引っかかっちゃう。
 ちょっとだけガマンしてみようかな。
 反転して損切回避できるかも」

 

ってな感じ。

 

最終的に損切は実行するんだけど
そのポイントはテキトー。

 

だから無理にガマンして持って
損を無限大に膨らませたり

 

いつも「ちょっと大きな損」に
なって、なかなか利益を出せな
かったり。

 

「計画的な勝てる損切ポイント」では
絶対に損切しなかったわけだ。

 

で、不思議で不思議でたまらなく
感じていた。

 

「きちんと損切できているのに
 なんで勝てないのぉぉぉ!?」

 

今なら『感情』で損切位置を
決めていたからダメだったんだ
ってスグ理解できるけど

 

当時は本当に理解できなかった。

 

まぁ、それから理解できるようになっても
実行するのはさらに難しかったんだけど。

 

だって、ちょっとガマンすれば

反転して利益になることが多いん
だから「損切するのは逆に損だ」って
考えちゃうんだよね。

 

そう考える時ってない?

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ