損切り貧乏を克服したいか?続き

損切り貧乏を克服するための方法。

 

では前回の続き

 

●少しでも利益が出ると利益が減少するのが嫌でさっさと決済している

ポジションを持ち、少しでも、あるいはある程度利益が出れば

「もう、この利益を自分のものにしたい」

「せっかく乗った利益が少なくなり、損切りにでもなったら嫌だ」と思うのが普通である。

 

もう一度言う。

利益が少なくなるのを我慢できない、

早く決済したいと思うのは普通の感情である。

 

だからトレード中にこんな感情の理由で早めの決済をしてしまっても

自分を責めてはいけない。

 

まずは自分の判断は人間として正常な判断をしている

ということに気づく必要がある。

 

それを確認したうえで、

利益が乗った場合にどういう行動をとればよいか

ということを自分なりに考えてみる。

 

・『いつもはこの辺りでビビッて決済してしまうから、

 このもう少し先のこの辺りまでは我慢してみよう』

 

・『いつもは利益が乗った後に少しでも反転すれば、

 損切りに引っかからないか恐くなって決済してしまうけど

 今回は少し押しが入っても最終的に損切りにかかるまでは我慢してみよう』

 

つまり、普段よりもちょっと上の目標を意識する。

 

そうすれば

・自分が思っていた場所まで順行してレートがたどり着く

・自分が思わなかった動きをして反転しても損切りに引っかからず

 更に反転し利益の方向へレートが動く

 こんな状況をポジションを持った状態で体験することができる。

 

この状況を少しづつ、そして何度も経験することが重要だ。

そうすれば「なんで今までの自分はあんなにビビッて

早い損切りや早い利食いをしていたのだろう」と

不思議に思えるようになってくる。

 

しかし、これはあなたが気づかないくらい少しづつ変化していくので

この行動をとることがイライラしてくることもある。

 

そしてあなたがこの行動を取ったとしてもまだ稼ぐことはできない。

まだトータル収支がマイナス、ということが続くであろう。

 

しかし、この行動を諦めずに続けることができなければ

トレードで稼ぐ、というところまでたどり着くことはできない。

 

もちろん、これとは別に、

ポジションを取ったら逆指値をして放っておく という行動を

常に続けていれば、

少しづつ先の目標まで保持しておくという練習よりも

早いスピードで成長できる。

 

これはあなたの性格にもよるものだから、

自分がやりたいほうをやっていけば良い。

 

小心者なあなたならば少しづつ目標を上げていく。

この場合、成績の推移は、少しづつ右下がり、

うまくいけば平坦か少~しの右上がり状態になるだろう

 

全体的な大きな目標としては、

成績の推移が少し下げてもそれを少し上回る利益を確保し、

徐々に右上がりの角度を上げていくことだ。

 

そんなみみっちいことできるか!というあなたならば、

一気に利益を上げる方法、

つまり常に逆指値のみの完全放置でトレードするというやり方だ。

 

この場合、成績の推移は、上下変動が激しくなる。

連敗すれば一気に下がるが

連勝すれば今までの負けを遥かにしのぐ右肩上がりとなる。

 

まぁざっくりな説明だが、イメージとしてはこういう感じだ。

 

では、最後。

●損切り幅が極端に小さすぎる

損切り幅が小さいのは構わないと思うが、

損切りが続くと熱くなってトレードが壊れる場合は、

損切り幅を少し大きくする方法も考える必要がある。

 

小さな損切りが増えたとしても、

同じ方向に何度もトレードできるようであれば

損切りの幅にこだわらずに、

一度の利益で大きく取れるようなトレードを目指せばいい。

 

しかし、小さな損切りだとしても

数が増えれば当然その分負担も増えるわけだから

エントリーの根拠自体を見直す必要がある場合も当然ある。

 

小さな損だからといってどこでもエントリーして良いわけではない。

 

基本、小さな損切りの場合はエントリーのタイミングとして、

逆張り戦法を取る場合が多いかもしれないが

逆張り戦法だとしてもある程度のタイミングを図る必要はある。

 

小さな損切りだからといって

エントリーを軽率に考えてはいけない。

 

いつも言っているが、トレードで稼ぐためには

全てのレベルが一定以上のレベルに達する必要がある。

 

わずかでもレベルが低ければそれが全てを吹っ飛ばす。

 

その差というものは薄皮一枚の差かもしれない。

しかし、それがトレードにおける技術ということになる。

トレードで稼ぐ為には薄皮一枚の技術を習得する必要がある。

 

 

最速で専業レベルを目指す!

⇒損切貧乏を克服するための特別プロジェクト

↑↑クリックで今スグ確認できる↑↑

 



にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村  ブログランキング

 

 

 

損切り貧乏を克服したいか?

なぜ損切り貧乏に陥ってしまうのか?

 

その理由を考えてみた。

 

「損切り貧乏」というくらいだから、一度の損切りで大きな損をしてしまい

利益を飛ばしてしまうというわけではなく

 

小さな損切りを何度も何度も繰り返すことによって

小さな損が増えていき、

結果として利益を食いつぶし損が大きくなるということだろう。

 

ここでチェックしておかなければならないのは何だろうか?

なぜ損切り貧乏になってしまうのか。

 

損切り貧乏になってしまう理由として

 

こんなものが思い浮かんだ。

 

●エントリー後すぐに損切りになってしまう

 ●少しの含み損でビビッてしまい、決済してはいけない場所で決済している

 ●少しでも利益が出ると利益が減少するのが嫌でさっさと決済している

 ●損切り幅が極端に小さすぎる

 

もしかすると、あなたが思い浮かべた理由は、

これ以外にもあるかもしれないが

大体こんな感じのところに落ち着くだろう。

 

一つ一つ見ていこう。

 

●エントリー後すぐに損切りになってしまう

エントリー後にすぐ反転し、損切りとなってしまうことはよくあることだ。

特にタイミングをとるということは、

ある程度の技術が必要になってくる。

 

エントリータイミングの技術を上げることも重要だが、

それと並行して利益の幅を大きくさせることも

同時に行っていかなければ

エントリータイミングだけでつまづいてしまい、

無限迷路に陥ってしまう可能性が高い。

 

エントリー後に即損切りとなっても、

再度同じ方向へエントリーすることにチャレンジし、

うまく利が乗った時にその利益にしがみつく、

という流れが重要だ。

 

これを何度も練習していると、どのタイミングで

エントリーした場合に利益につながりやすいか、

ということがだんだんとわかってくる。

 

冷静にトレードすることも重要だが、頭に血が上って

普段はエントリーしないような場所でエントリーしたら

それがうまくエントリーできるタイミングであった、と気づく時もある。

 

恐怖でエントリーが遅くなるならば、「興奮」を

一つの手段として有効活用すればいい。

 

しかし、この興奮を使用するのは、

冷静な自分では入れないような場所で入る為の練習であり

使いすぎると毒となる。

 

つぎいきます。

●少しの含み損でビビッてしまい、決済してはいけない場所で決済している

 

前もって決めていた損切りがあるにも関わらず、

ちょっとマイナスに触れたからといって

ビビッて決済してしまうことはよくあるかもしれない。

 

私はよく経験した。

 

少しの損で撤退することを手法として取り入れるなら

その回数が多くなったとしても構わないと思うが

「ビビッて」損切りしてしまうのは問題だ。

 

ビビッてしまえば、その後にまたエントリーチャンスがきても

エントリーすることができないという状態にも陥る。

 

損切りの幅を一度決めたら、その幅から

絶対に動かさないというのは第一条件である。

 

まずはその条件を徹底的に守ることから始めれば

次のステップへ進めることができる。

 

ん?そんなことはわかっている?

それをどうすれば守れるかってことを聞きたい?

 

それはだな、まず

「損切りに引っかかるまでなにがなんでも保持する」

これしかない。

 

だ・か・ら!それができないから困っているんだ!って?

う~ん しかし、まずはなにがなんでも保持してみなければ

見えてこないものがあるからなにがなんでも保持するのがいいのだが。

 

なにがなんでも保持することで見えてくることとは、

 

・あと1pipsで損切り!というところで急反転して利益になった

 

・「もう、この勢いの値動きは絶対損切りだ!!」というチャートの動きでも

 損切りとはならず利益になった

 

こういう値動きだ。

この値動きを実際にポジションを持っている時に体験することで

「あれ?値動きって予想なんかできないじゃん 

 絶対上がるとか下がるとか 判断できないじゃん」

ということが本当の意味でわかってくる。

 

これがわかると、少しの値動きにビビッてもしょうがない、

という感情になってくる。

 

つまり、変な損切りがなくなってくるということだ。

 

変な損切りがなくなってくれば

トレードがしやすくなるし、チェックもしやすい。

 

自分のトレードのクセがはっきりとわかってくる。

さらには、値動きなんてわからないんだから、

利益確定の時だって自分の感情で決めていたら

もったいないことが起こる、という気持ちになってくる。

 

そうすれば、あなたのトレードはもっと楽になってくる。

 

しかし、最初の「何が何でも保持する」という部分はすごく大変だ。

難しすぎて難しすぎて発狂するくらい難しい。

私は何度も発狂した。だから、こう言おう。

 

値動きなんてわからないんだと言うことが

本当の意味で分かる為に

何が何でも損切りにかかるまで保持せよ!

 

値動きなんてわからないんだということを

念頭に置いてトレードしてみれば何かが変わる。

 

残りの二つはまた次回。また見に来てねnyanko2

●少しでも利益が出ると利益が減少するのが嫌でさっさと決済している

●損切り幅が極端に小さすぎる

 

続きの記事はコチラ↓

損切貧乏を克服したいか?続き

 

損切貧乏にならないために

相場の環境認識力をつけよう!

⇒損切貧乏を克服するための特別プロジェクト

↑↑クリックで今スグ確認できる↑↑

 

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村  ブログランキング

 

 

 

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ