トレード回数を減らす方法はどんなことがあるだろうか

「トレード回数を減らせ!」

そんな助言をよく聞く。

 

 

トレード回数を減らすことはいいことだ。

 

 

私も以前は極端にトレード回数が多かった。LOWCOST

一日に20回、30回トレードしていたこともあった。

 

たくさんトレードしているのに

全然利益にならない・・・

そんな状態だった。

 

 

ところで

トレード回数を減らすということは

実は、手数料を減らすということにもなる。

 

最近ではスプレッドも狭くなっているから

そんなに手数料を払っている気はしないかもしれないが

やはり手数料は存在している。

 

※スプレッドとは買値と売値の差のことをいう。

 例えば、ドル円の買値が93.55で売値が93.50とする。

 差引0.05の手数料をトレードするたびに

 FX会社に支払っているということ。

 

 

取引回数が多いということは

それだけ手数料も多く支払っているということになり

その手数料分も含めて利益を取る必要がある。

 

だから、トレード回数を減らすということは

まずは手数料が減るということにもなる。

 

 

1回のトレードで1pipのスプレッド(手数料)がかかる時は

20回トレードすれば20pips分になる。

 

20pipsは大きい。

 

1回のトレードで2pipsのスプレッド(手数料)がかかるならば

20回のトレードで40pips分にもなる。

 

 

手数料だと言ってバカにはできない。

 

 

この話を聞くだけでも

トレード回数を減らしたくなる・・・はず。

 

 

ところで、トレード回数を減らす方法には

ほかにどんなことが考えられるだろう。

 

まぁ、いわゆるポジポジ病を治す方法

ということにもなるのだが。

 

 

トレード回数を減らす一つ目の方法として

売買記録を見直すという方法がある。

 

「え、俺ってこんなに取引してたのか!?」

と、改めて自分の取引結果を見ることで

あまりの取引数の多さにびっくりして

トレード回数を減らせるという方法。

 

『自分の取引結果を見直していない』

という時点で、どうなんだろう?という気はするが・・・

 

それはさておき、まずは

自分の取引結果を見直すことから全ては始まる

と思えばいい。

 

 

それから、トレード回数を減らす方法の二つ目として

『テクニカル分析をきちんと学ぶ』

ということが挙げられる。

 

「なぜここでエントリーするのか」ということを

チャートから読み取っていけば

「トレードするポイントはそれほど多くないんだな」

ということがわかる。

 

 

ここは抵抗線が強そうだから入れない

ここはもみ合いそうだから入れない

ここは抜けたら動きそうだから入れる

 

 

そんなふうに、一つ一つ丁寧にチャートを見ていけば

エントリーできないポイントと

エントリーできるポイントの区別が必ずわかるようになる。

 

なんとなく~

日足は上昇しているし~

多分このへんでエントリー・・・?

 

そんなあやふやな状態でトレードしていると

極端にトレード回数が多くなるということだ。

 

 

もし、あなたがトレード回数が多いのに

毎月利益にならないのであれば

オーバートレード状態だということになる。

 

私の感覚では一日中トレードするとしても

1日に5~10が限度だろう。

 

それよりも多い回数でトレードしていて

毎月利益にならないのであれば

トレード回数を半分に減らしてみるといい。

 

 

日に何十回もトレードして、毎月利益になる!

というのであれば、それを続ければいいと思う。

 

しかし、その場合でも

トレードし過ぎて疲れる・・・とか

利益にはなるけどほんのちょっぴりだけ・・・

という場合はトレードのやり方を考え直す必要があるだろう。

 

 

あなたは、トレード回数を減らす必要が

ありそうだろうか?なさそうだろうか?

 

あなた自身のトレード結果を振り返ってみて

ぜひ一度考えてみるといい。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

トレードで利益を伸ばすための効果的な練習方法とその裏に隠された問題

トレードで利益を伸ばすためにカンタンにできる練習方法と、

利益が伸ばせないと悩んでしまう裏に隠されたモノ。

 

 

まずは、利益を伸ばすためのカンタンな練習方法。

 

この方法は、あなたの「利益を確定させたい!」という欲求と

「利益をなるべく伸ばしたい!」という欲求

このどちらも叶えながら

トレードの練習ができる効果的な方法だ。

 

その方法とはコレだ。

 

 

少しづつ利食っていく。

 

 

少しでも利益方向に動いたら

保有ポジションの何分の一かを利食う。

 

次に少し大きめの目標に届いたら

また保有ポジションの何分の一かを利食う。

 

そうやって徐々に利食っていき

最終目標までポジションを保有できるように訓練する。

 

一度に全て決済せずに

少しづつ利益を確保していくということ。

 

 

そうすれば、あなたの

「利益確定したい欲求」を満たしながら

 

同時に

 

「利益を最大限に伸ばしたい欲求」も

満たすことができる。

 

 

毎回うまくいくとは限らないが、

良い訓練方法の一つである。

 

当然のことだが、

何度も何度も

この方法を繰り返し続けて

あなたの心を和らげていかなければならない。

 

「ポジションを長く保有することは怖いことではない」

ということを、あなたが心の底から理解するまで

 

 

利益が伸ばせないと悩んでしまう裏に隠されたモノ

 

損切り位置をスグにずらしてはいけない

 

利益を伸ばすことができないという悩みの裏には

「早い損切り」

「損切り位置をずらす」

ということも深く関係している。

 

相場は一直線に動かない。

つまり、上にいったり、下に行ったりを繰り返し

「振り落とし」ながら動いていく。

 

だから、利益を伸ばす場合には

この「振り落とし」に耐えなければならない。

 

これを無視して

「ブレが怖いから」と早く損切りをしてしまったり

浅い損切りで追いかけていってしまうと

「いいカモが来た」とばかりに食われてしまう。

 

だから、最初に決めた損切り位置をずらす場合は

慎重に動かさなければならない。

 

損切り位置をずらすタイミングとしては

ある程度の押しや戻りを超えてからというのが

一つの目安になるが

あなたの手法によっても変わってくるはずだ

 

「利益が伸ばせない」という悩みの裏には

「損切りが早すぎる」という原因も考えられるので

 

利益確定するまでは

損切り位置を動かさないでトレードしてみる

 

このやり方も、

利益を伸ばすための訓練として

効果的な方法の一つである。

トレーダーの考え方~私がたどりついた方法

今日も負けてしまった・・・今週も負けだ・・・今月もマイナス収支・・・

 

もう、こんなに頑張っているのに

一体どうやったらトレードで勝てるようになるんだ!?

やってもやっても負け越すばかり!

もう何もかもがいやになる!

 

こんな状態を続けていないか?

 

当たり前だが、私ももちろん、

こんな経験をしてきている。

 

 

一体トレードで勝てるようになるために

何が必要なのか

自分がやってきていることが

正しいのか正しくないのかさっぱりわからない・・・・

 

こんな状態からは

早く抜け出さなければならない。

 

 

トレードで勝てるようになるには

トレーダーの考え方を学ぶ必要がある

 

トレーダーの考え方とは

どんな考え方なのか

想像がつくだろうか

 

今まで普通に暮らしてきているのならば

想像すらつかないのは当然だ。

 

 

 

トレーダーで勝てるようになるための考えとは

 

高くなったら更に高くなったときに 買う

安くなったら更に安くなったときに 売る

 

高くなったら少し安くなった時に 買う

安くなったら少し高くなった時に 売る

 

でも時々

高くなったら少し安くなった時に 売る

安くなったら少し高くなった時に 買う

 

この考えを自在に操ることができる、ということだ

 

 

あなたが「こんな高値じゃ、買えない」と思うときに

買うことができるようになったとする

「こんな安値じゃ、売れない」と思うときに

売ることができるようになったとする

 

しかし、この行動ができ始めた瞬間に

もうそれが通用しなくなってくる

 

そして

「もう、売っても買っても全然勝てない~~」

というパニック状態に陥ってしまう。

 

でもここで諦めてはいけない。

そんな状態になったとしても

「こんな値段で買うなんて(売るなんて)できない」

と思っていた場面で売買できるようになっているのだから

それが勝てるトレーダーの考え方へと近づいているのだ

 

 

 

恐怖はすぐにはなくならない

 

少しづつ 少しづつ 相場と自分の流れを

合わせていくことが大事だ。

 

そして、その流れを感じることができるようになれば

 

「今はトレードしてはいけない場面だな」

「今はトレードしなければならない場面だな」ということが

 

はっきりとわかってくる。

 

 

この判断がつくようになればまた道が開ける

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2020年5月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ